私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

突然ガバチョ! (1982)

該当番組画像募集
関東人が笑福亭鶴瓶を最初に知った番組、と言えばこれになるでしょう。
そのころはまだ、アフロヘアの爆弾頭。
眼鏡に細目の笑っていない、一見しただけなら愛嬌ある笑顔。
話術は最低。しかし話の内容はついつい笑ってしまう。
明石家さんまと並ぶテレビの申し子芸人の実質関東初上陸番組は、
関東ではTBS深夜にひっそりといつの間にか始まっており、
ひそかに注目を集め、そしてひっそりといつの間にか終わりました。
しかし、これをきっかけに鶴瓶が全国区への第一歩を踏み出すのです。

OPは鶴瓶とレギュラーの一人、長江健次とのトーク。
あのフツ夫が他の番組やってる!という驚きを、関東人として感じたものでした。
一方の鶴瓶は、とにかく変な声、変な顔、変なキャラだなと(笑)。
関東じゃ絶対にこんな番組持てないなと思いましたね。
CMあけて鶴瓶タクシー。
毎週のゲストが、鶴瓶扮するタクシーの運ちゃんとタクシーのセットで会話。
ゲストは芸能人本人として接するのですが、鶴瓶の方はあくまでも運ちゃん、
ごくごく普通のタクシー運転手という了解でトークを進めるものでした。
もっとも、そんな設定をいじるゲストも多かったですがね。
客の名前を聞いて、「えっ!あの○○!!」とわざとらしく驚く鶴瓶。

真ん中は『突然親子』。父役の長江と母役の鶴瓶に、会場素人数人が絡むコント。
それから、『MAKOTOのクイズタイムチョップ』。
北野誠が人間針となり回転する時計が1分で一周する間に、
ゲストのアイドル歌手が12問のクイズに挑戦するコーナー。
『恨みます』。フラれた素人女性が、愚痴をたれながら桝竹君にビンタを献上。
などなど、細かいコーナーが幾つも有ったのですが、これらは皆、食前酒。
取って置きのディナーは、なんと言っても『テレビにらめっこ』でした。
特に男はね(笑)。

これは、視聴者から寄せられた一言コントを、いかに笑わずに過ごすかというもの。
「テレビにらめっこ!!」と鶴瓶が叫ぶと会場がしんと静まりかえってゲームスタート。
続けて鶴瓶が葉書を読むと、大して面白くもないネタが静まりかえったスタジオに木霊する。
しかしその雰囲気に耐えかね、ついつい吹き出してしまうと、
全身ムキムキの屈強な男二人、退場マンに抱え上げられてスタジオ外に出される罰。
この時、スカート姿の女性なんかだと、持ち上げる際におパンツ様がお目見えするという、
ワタクシ以外の下衆野郎どもの目を楽しませるという、隠された主目的が有りました。
ハッキリと言いましょう。構成作家の寺崎要と鶴瓶の趣味嗜好のはずです(笑)。

ま、それでも男の視聴者は一緒になって楽しんでいたからいいんでしょうけど、
ワタクシは、素人女性におパンツ様を全国にさらけ出させてしまうなんて、
なんといかがわしい電脳映像なのだ!と、悲憤慷慨しておりましたけど。ええ(笑)。
関東では先にも書いたように、いつの間にやら見られなくなってしまい、
あれ?どうしたんだろう? 人気ないのかな? などと訝しがり、
そのうちゴールデンで全国放送になるんだろうとタカをくくっていたら、
結局そのまんま放送が無かったですね。
ワタクシが悲憤慷慨できた番組をどこへやった!と、些か納得できなかったものです(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
yig
いやあ~、この「突然ガバチョ」よく見てましたね~

とりわけ、私も「テレビにらめっこ」のコーナーは面白かったですね。

とは言いつつも面白かったのは、
「笑った人を指摘するキャラクター」(もちろん鶴瓶さんとは別、着ぐるみのキャラが多い)でしたね。
特に「わしもそう思う博士」の時など登場時点で笑い声が聞こえて、笑った人が早速退場、ということもありましたね。

そういえばこの指摘役を若松市政氏(マネージャーのワカマツと言ったほうが聞こえがいいかな?)がやったこともありましたっけ。

最後に、静岡では日曜の夕方(3時か4時頃?)やっていた記憶があります。(少なくとも夜ではない)
もちろんSBS静岡放送(TBS系)でですよ。
2009/12/15(火) 22:51:46 | URL | テレビにらめっこ
関西人なもので
よく見ていました。
松鶴の部屋が好きでした。当時のアイドルに微妙に鼻の下をのばしておこたに入っている師匠が可愛かったです。
あと、今でも思い出すのは笑瓶さんが犬役で北野誠が飼い主の着ぐるみコントみたいな奴。近鉄の鶴橋駅で駅弁を買いに行かされた犬(笑瓶さん)が電車に置いてきぼりにされてホームにたたずむ…。笑えました。
出来るかぎりのあほらしいことを低予算でやる。関西のバラエティのお見本のような番組でしたね。
TVにらめっこ、ムキムキマンやとさか3兄弟などのこわもての退場マンがなつかしいなぁ。「TVにらめっこっ…想像して下さい。松鶴のお下げ髪」…あなた退場
2009/12/17(木) 20:52:37 | URL | 南 うなみ
TBSでの放送
資料によれば「突然ガバチョ!」の関東放送は、'84年6月7日(木)深夜~9月27日(木)深夜となっています。放送してはみたものの、やはり関東では受けなかったんでしょうね。ボクは毎週観てたけど。

「テレビにらめっこ」のネタでよく覚えているのは、「ケンタッキーフライドチキン。略して『ケン太のフラチン』」とか「♪小っちゃな頃から足臭い 大人になってもまだ臭い」などですね。
2009/12/19(土) 10:24:10 | URL | 石毛零号
初期の「テレビにらめっこ」
幸か不幸(?)か、『突ガバ』は大阪で「リアルタイム」で見てました。

初期の「テレビにらめっこ」のネタです。

「鼻くそ取ったら、鼻取れた」
「フリオ・イグレシアスが歌う『黒い瞳のたたり』」「タタリイ~」
「銭形平次のテーマ『お~とこだった~ら~ チ○チ○見せる~』」
ちなみに、この「銭形平次のテーマ」では、鶴瓶さんが吹きだしてしまい、自ら「退場」となってしまいました。
2010/01/29(金) 07:03:02 | URL | 甚六
● yigさん
指摘マンもいましたね。
しかし、若松さんが出てましたか。何者なんだろう?(苦笑)


● うなみはん
鶴瓶の部屋、関東でやってた頃には無かったコーナーかも。
そう言えば物凄い低予算感だなあ(笑)。


● 石毛さん
いやあ、あれは関東人も面白く見られたと思うんですけど、
まったくなんの告知も無しにいきなりド深夜に、週一ではじまったわけですから、
圧倒的に認知度が少なかったんでしょう。
地道に放送を続けてればだんだん人気出てただろうと思いますよ。


● 甚六さん
いや、そりゃ幸でしょう。幸…ですよ(笑)。
それにしても皆さん、よくにらめっこネタを覚えてますねえ。
そして、素で振り返ると本当に面白くないネタなんですよね(笑)。
2010/02/05(金) 06:36:38 | URL | ごいんきょ
マネージャーのワカマツ
といっても
「鶴瓶又は長江健次のマネージャー」
という訳ではありません。

「マネージャーのワカマツ」こと若松市政氏は80年代中期の新日本プロレスを代表する悪役マネージャーでしたね。

「ツバつきの黒い帽子(帽子の下は丸坊主)」
「サングラス」
「ヒゲ面」
「白のつなぎの服」
「赤い拡声器」
「皮鞭」
これだけあればごいんきょさんならばピン!とくるのではないかと思います。
「ストロングマシン」という覆面レスラーを率いていましたね。

彼がゲストとして「TVにらめっこの指摘マン」で出てきた回は確かに他の回とは違った緊張感がありましたね。

話は変わって

この番組のOPは確かビートルズの
「A hard days night」をアレンジした物でしたっけね。
2010/02/05(金) 14:17:39 | URL | yig
ワールドプロレスリングはまだ記事にしていませんが、
それはかなり力を入れてしまうからというワタクシです。
勿論、若松市政がストロングマシンを操っていたのは知ってますよ。
そんな彼がこの番組にも出ていたなんて、「何者なんだろう」という事です(笑)。
2010/02/11(木) 14:13:35 | URL | ごいんきょ
ワカマツ先生
くだんのワカマツ氏。
現在、北海道芦別市で市議会議員として活躍中です。
2010/02/12(金) 01:28:24 | URL | すけきよ
うーむ。
ますます何者なんだろう(苦笑)。
2010/02/23(火) 00:18:35 | URL | ごいんきょ
突然ですが…、
「テレビにらめっこ」のネタを思い出しました。

「俺はコークだ」松山千春
「俺はラーマだ」押坂忍
「俺はソースだ」原哲男

近畿エリアの皆様なら、“ソースといえば原哲男”ですよね。
おじゃましました。
2011/10/16(日) 10:13:32 | URL | 甚六
テレビにらめっこ
とつぜんガバチョ! 見てました…夜遅いので、テレビにらめっこのコーナーまでって親に決められてましたが。

テレビにらめっこで忘れられないシーンが二回ばかり。

① 鶴瓶がはがきの住所を「揖保郡…」読み上げると(いぼぐんと読みます)そこだけで何回も大爆笑。 何人も退場を出し「この人笑わそ思てここに住んではんのとちゃうわ!」鶴瓶キレる。
だが肝心のネタでは誰も笑わなかったので、鶴瓶ハガキ投げ捨てて帰ってしまう。
②鶴瓶がハガキを読もうとして吹き出し、そのまま退場マンに担がれる。
「ちょっとだけ弁解さして。こんなん見せられたら絶対笑うやろ!」
担がれたまま読み上げたのが
「お~と~こだったぁら~、ちんちんみ~せ~る~~(銭形平治の歌で)」
結果、誰もわらわず、鶴瓶は担がれて行き、スタジオも真っ暗に…。これ、最終回でした。
2013/05/31(金) 14:45:02 | URL | ATOM
つるべ師匠の上方バラ
『tvにらめっこ』
首都圏だから”MBS”じゃなく
”TBS”鶴瓶師匠がTBSじゃなく
日本テレ(汐留局)の野球拳で
豪快にぬいだり
やSMAP中居くんとTD4chで
よく逢うがあまり知らない
小島よしおと江頭2:50さんみたいな人なんですね
2014/05/03(土) 00:22:03 | URL | 唐突ガバチョ
● 甚六さん
あー。関東人にはわからない(笑)。


● ATOMさん
揖保乃糸の揖保ですよね。
揖保乃糸が有名だからまったく可笑しくないけど、
知らない人にしたら可笑しい語感かな。
最終回は関東では放送されていないと思いますが、
そんなしょーもないものでしたか(苦笑)。


● 唐突ガバチョさん
たしかに何度も脱いでますけど、かなり違うと思います(笑)。
2014/05/07(水) 02:23:37 | URL | ごいんきょ
会津では日曜日の夕方に放送されていて、遊びに出かけた後速攻で家に帰ってテレビつけたらやってたので観た覚えがあります。
2016/08/02(火) 10:22:42 | URL | すーぱーぺるる
へー。
東北でもやっていたとは意外ですね。
2016/08/03(水) 23:57:07 | URL | ごいんきょ
突ガバ
北海道でもHBCで日曜夕方4時半から放送しておりました。「三波伸介の凸凹大学校」の後釜でした。

笑福亭笑瓶さんの一人芝居「ショーヘイショータイム」のコーナーもありましたね。

テレビにらめっこのネタ、中森明菜の「♪かーざりーじゃないのよなーみだは、ハッハー」の替え歌で「♪眼医者じゃないのよ歯医者は、ハッハー」や、「しいちがし、しにがはち、しさんじゅうに、ししとじょう(宍戸錠)」ってのを覚えています。

「乳母車の刑」や「ムキムキマシーンの刑」もありましたね。
2016/11/05(土) 00:17:43 | URL | TSUSHIMA
凸凹大学校はともかく、この番組は夕方に合わないなあ。

字で読むと、本当にくだらない事なんですよね。
でも、ああいう雰囲気でワザワザ笑いを堪えさせられた状況だと、却ってそれが利いてくると言う(笑)。
2016/11/13(日) 21:02:32 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。