私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



産経新聞社 夕刊フジ

該当番組画像募集
「オレンジ色の憎い奴。 夕刊フジ」

わけわかんないBGMとか、とりとめないキャッチコピーの後に、
一言で決める名文句がこれでした。
夕刊フジのタイトル部分は、オレンジ色で印刷されてるんですね。
通常、新聞は黒一色の当時ですから、これはたしかにキャッチーでした。
でも、今はもうオレンジ使ってないみたいですね。
色付き印刷の経費削減か?(苦笑)



「東京新聞は1ヶ月1200円です」

金額はもしかしたら記憶違いかもしれませんが、要するに安かったんですよね。
その頃、いわゆる三大紙は1500円とかしてたんじゃないでしょうか。
その位、子供だったワタクシが見ても、うっわー、こりゃ安いや。
こっち取った方が特なのになあ。なんでこっちにしないんだろう。
と思ったくらいですからね。しかしあにはからんや。
間も無く我が家は東京新聞を購読する事となりました(笑)。
当時の東京新聞は、ロッキード事件での田中角栄追求をこれでもかとやっていて、
紙面もなかなか気合い入っていたし、4コマ漫画に佃公彦のほのぼの君が有ったり、
最もノッていた時期だと思います。
件のCMも功を奏したんでしょう。部数は激増したはずです。
釣られたのは我が家だけではなかったはず(笑)。



♪ あ~さひがサンサン おはようさん
  あ~さひがサンサン おはようーさん~~

これも昭和だったですよね?
朝日新聞のCMですけど、330843が電話番号だったんでしたっけ?
歌っていたのは斉藤晴彦だったかなあ。丁度あの頃にブレイクしたような。



読売や毎日って、昭和のCMで覚えてるの無いですね。
よむはまるいちにちって平成になってからですよね。
しかし三大紙もかなり大変そうな昨今、夕刊紙は青息吐息だろうなあ。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
名文句、もうちょっと長くなかったですか
「今日は時間も無くなっちゃって」と都民ニュースの記事に書いてらしたから、ごいんきょさん端折ったのかな。
「現代に燃える あの オレンジ色の憎いヤツ。夕刊フジ」
 わけわかんないBGMやトリトメのないキャッチコピーは覚えていませんが、メラメラ火が燃えてる所へ新聞がドンと登場するような(本物の新聞じゃなくてロゴだけ?)記憶があります。短い CM だった気もしますが、5秒ぐらいの CM ってこの頃はもうありませんでしたよね。
 この TVCM がいつごろから流れていたのか知りませんが、当時、CM のセリフの中に「ゲンダイ」が入ってちゃインパクトが弱まるな、と思っていた覚えがあります。
2009/12/18(金) 01:38:38 | URL | あぶもんもん
彫刻の森美術館
ありましたね~!「オレンジ色の憎い奴」。思い出すのは、箱根彫刻の森美術館にある、無数の小さな裸像(赤と黒に塗り分けられている)が上下左右につながっているような野外彫刻が登場していたこと。作品名はまったく知りませんが、インパクトありました。

あと、こんなのありませんでしたか?

「こんな豪華な市役所が必要でしょうか。借金・増税はごめんだ。行政改革を○○する(うろ覚えです)、夕刊フジ」

上記のバックには、たしか倉敷市役所が写っていました。特定の自治体の市政を敵に回す、ある意味ですごい広告ですね。

フジサンケイグループといえば、やはり「アモーレの鐘が鳴りわたる、美ヶ原高原美術館」が忘れられません。これが見られるのは夜更かしの証しっていうことで(笑)
2009/12/18(金) 19:59:03 | URL | nardo
トラックバックしました
実は夕刊フジの創刊は今日2月25日だったのですね。
最近、夕刊紙を巡ってはあまり景気のよくない話も耳にしますが、その辺について私も記事にしています。
2010/02/25(木) 14:16:40 | URL | うみがめ
深夜の証
いわゆるタブロイド紙ってやつですね
赤と黒の手を繋いだ裸像は私もおぼえてます。

彫刻の森美術館は夜更かしの証ですが
深夜の証は「ホテル21世紀」と「ステーキホリタン」でしょうか(笑)
しかもしつこいくらい何度も流す12チャンw
2010/02/26(金) 01:30:49 | URL | じん
1973年のCMに
最近、YouTubeにUPされた、「1973年のCMその?」という動画に、夕刊フジのCMがあります。

女性が寝る前に、ベッドルームで夕刊フジを読むというCMは、当時見た記憶があります。

ちなみに、ライバル紙日刊ゲンダイの創刊は2年後の1975年(昭和50年)。「現代に燃えるオレンジ色のにくいヤツ」という有名なコピーは、日刊ゲンダイの創刊前からあります。
2011/01/16(日) 17:40:14 | URL | 10000k
● あぶさん
あー、そうか。そんなセリフでしたね。
たしかに日刊ゲンダイを間違えて買う人もいるかも(笑)。
だから後期バージョンではその部分を省いたんでしょう。


● nardoさん
特定の政治家や団体を新聞で攻撃する時って、けっこう私情絡みも有りそうですよ(笑)。
ワタクシは新聞社も私企業としか思ってません。
特に夕刊紙は、ジャーナリズムからは遠い気がします。
美ヶ原ありましたね。夕刊フジと同様、夕方再放送枠でもやってた気も。


● うみがめさん
TBありがとうございます。
夕刊は一般全国紙も斜陽のようですが、特に専門紙は風前の灯という感じですかね。


● じんさん
この番組も彫刻が映ってましたね。
深夜は幾つか定番ありました。


● 10000kさん
見ましたけど、まったく覚えてませんでした。
夕刊紙って意外と新しいんですね。
2011/02/08(火) 02:31:16 | URL | ごいんきょ
昔のお父さん必需品
少し前までは帰宅電車のお父さんの友といった感じでしたが今、電車内を見回すとスマホにとって代わられています。それでも駅やコンビニで売り続けているから一定の需要があるんでしょうか?かくいう私もスキャンダラスな事件が起きた時(最近だと佐村河内氏、小保方氏)に買いますが、夕刊フジは反中、嫌韓がいつも一面なので辟易してます。
2014/05/10(土) 00:26:52 | URL | とらお
最近は、電車で座っている人の8割方スマホをいじっている印象です。
客観的に眺めると、ちょっと面白いですね。
反中・嫌韓なんかやってるんですか。
週刊誌でもやっているようで、部数も上がるらしいですからね。
あまり健全とは言えませんから、一回国交を休止するのがお互いのためだと思うのですがね。
例によってアメリカ様がお許しにならないだろうから、
あちらの思惑通りに不健全な付き合いを続けるしかないでしょうね。
2014/05/10(土) 03:16:00 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
さっちゃん☆★☆のブログ にもあります通り、 1969(S44)年 の今日 2月25日 は、わが国初のタブロイド版夕刊紙「 夕刊フジ 」が創刊した日です。 夕刊フジといえば、「 私的・昭和テレビ大全集 」でも指摘されているように、題字に オレンジ色のインク...
2010/02/25(木) 14:11:34 | カメログ・アネックス
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ