私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



土曜の朝に (1975)

該当番組画像募集
♪ ツッチッチ ツチチチ
  素敵な出逢い 土曜の朝に~
  ツッタッタ ツタラタ
  手と手が繋がる 土曜の朝にー
  (ヒューヒューヒュー ヒュヒュヒュヒュ
   ヒュヒュヒュヒュッヒュヒュ~
   ヒュヒュヒュ ヒュッヒュヒュヒュ
   ヒュヒュッヒュヒュッヒュッヒュ) パッパッ
  ツッタッタ ツタラタ
  素敵な出逢い 土曜の朝に~
  (ピューピロ~ ピピロ~~
   ピロピロピロピロ~~~)


これはテーマソングが本当に好きでねえ。
涼やかで爽やかな女声歌唱で番組が始まり、お、いい感じだなとなる。
すると1コーラス終わったところで伸びやかに口笛が入り、
その口笛はテーマラストで、ここぞとばかりにその音色を響かせるのですね。
NHK教育テレビの『みんななかよし』イントロで感じた爽快感を、
このラストの口笛でも感じたものでした。
加えて、放送が土曜の朝8時半。
今日は半ドンだという安心感と言いますか、開放感と言いますか、
一種独特の高揚した気持ちは、既に朝の番組から感じていたわけです。

それは、月曜から金曜は、朝って大体、同じ番組を放送してるんですよね、帯で。
それが土曜は、NHKを除くどこの局も顔触れが替わるわけです。
それも、日曜午前中のような感じの、大人しめ、控えめな番組作りのものへと。
それが半ドンの開放感とこの上なくマッチしていたのですが、
この番組が始まってからは、特にこのテーマを聞かずには登校できなくなりました。
女声ボーカルが朝の爽やかさを増幅し、男性の口笛が半ドンの開放感を謳歌させる。
正に土曜朝のために有るようなテーマソングでした。

番組そのものは、本来いわゆるトークバラエティなのですが、
なんとなくワイドショーの括りに入れたくなってしまうのは、
八木二郎ショーの流れに有る番組だからなんでしょうね。
ただ、これは小川宏ショー以上にトークに特化した番組で、
小林千登勢の上品な表情と語り口が全てだったと思いますね。
まあワタクシは特に、彼女が好みでしたし(笑)。
朝の雰囲気に本当によく合った人で、あのテーマソングが一通り終わると
男性司会者と話し始めるんですけど、本当にかわいい人だったなあ。

CMが明けるとゲストも交えたトークとなるわけですけど、
トークというよりはインタビューの色合いが強かったような感じですね、いま考えると。
それも有って、なんかバラエティよりはワイドショーの括りにしたくなるのですが、
そんな雰囲気を象徴するように、タイトルには『おはようワイド』と前置きが付いてました。
かと言って絶対に報道番組でも情報番組でもなかったし、
やはりバラエティに入れざるを得ないとこなんですが。
インタビューと言ってももちろん杓子定規なものではなく、寛いだ感じのものですが。

とにかく覚えている感じでは、やたら舞台中の俳優が出ていた気が。
それで舞台の話を聞いたりするのが定番だったと思いますね。
まあこれはべつにこの番組に限った事ではなくて、トーク番組、
特に朝のトーク番組では、今に至るまでよく見る光景だと思います。
朝の番組だから制作費はそんなに出せない。
しかし、自分の仕事の宣伝ができるとなれば、名の通った俳優も
出ようかなという気になってくれ易いという事からでしょう。
あと、歌舞伎役者なんかも同じ理由なのかは知りませんが、この手の番組でよく見ました。

ところで、小林千登勢というとライオンのCMを思い出すんですよね。
そして、生コマもやっていたような気がするんですよ。しかも、朝の番組で。
それってでも、この番組のイメージじゃないから他の番組だったか、
或いはまったくのワタクシの記憶の捏造なんでしょうなあ。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
さて私の出番かな?(笑)
ご存知の方も多いでしょうが、この番組はNETモーニングショーの土曜版という役目を果たしていた八木治郎ショー(毎日放送製作)がネットチェンジによりTBS系に移行した事に伴い始まった番組で、司会者に嘗てポーラ婦人ニュース(TBS・ABC共同製作という形ながら事実上ABCが製作主体(使用スタジオもABCのを使用)で一世を風靡し、婦人ニュース終了後はTBSに出向しモーニングジャンボサブ司会者として活躍されていた玉井孝アナを大阪に呼び戻して起用し、TBS3時にあいましょう(だったと思う)での花王生CMでもお馴染みだった小林千登勢さんをサブ司会者に起用と大阪朝日としても非常に力を入れてスタートさせ、間もなく土曜(=大阪発)朝ワイドを代表するまでに上り詰めた番組ですね。
そもそも土曜ワイドショーは半ドン(既に一部企業では休日になっていた)である事も手伝ってニュースよりもゲストとのトークを前面に押し出す傾向があったんですが、この番組の成功で土曜朝ワイドの先達である八木治郎ショーも含め、他局のワイドショーもトークバラエティ色が強くなってきましたねえ。
ちなみにネットチェンジ前までモーニングショー・八木治郎ショーのセットでネット受けしていた他系列がメインの地方局で土曜の朝にに移行せず、モーニングショー・八木治郎ショーの組み合わせを継続した局もかなりの数に上った事も合わせて紹介します。


先程少し触れたポーラ婦人ニュースですが、平日帯ワイド番組として草分け的存在でありモーニングショーへ至る前史を語る上でもテレビ史の上でも欠かせない番組である筈なんですが、テレビ史からも事実上抹殺された存在となっているのはベトナム報道より端を発し田英夫氏のニュースコープキャスター降板へと至る騒動で自民党からJNNニュースコープと共に槍玉に挙げられ、間もなく終了した(打ち切られた?)番組という背景があるからでしょうかねえ・・・。
ちなみにポーラ婦人ニュース終了後、ポーラ提供枠としてはTBS製作のポーラテレビ小説へ、ABC製作枠としては花王愛の劇場→(愛の劇場がTBS製作に移行した事に伴い)シャボン玉プレゼント等の15分枠へと移行しております。
2009/12/24(木) 14:38:45 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
なかなか句点が来ないんで、読んでて息が苦しくなりました(笑)。
あ、千登勢さんは3時にあいましょうで花王のCMやってたんでしたっけ。
土曜朝はニュース色の強いワイドショーは消えて、TBSなんかもトークが前面でしたね。

おー、ポーラ婦人ニュースですか。
ぜひ扱いたい番組です。
が、ちょっと荷が重いといいますか、わからな過ぎなんですよね。
まあトライはしてみますけど。
2010/01/14(木) 01:01:39 | URL | ごいんきょ
かなり癒されます。
こんにちわ。私が生まれる前から「おはようワイド・土曜の朝に」と言う番組があったのも知らずに育ちました。YouTube内で例の番組のOPをテレ朝系の番組OPメドレーで拝見し、「♪ツッチッチ、ツッチチッチ、素敵な出会い、土曜の朝に~…。」というなんとも土曜日の朝から癒されるテーマソングがあったのも、ン十年間生きててはじめて聴きました。今この曲聴いてても気持ちの良い曲なんだなと思います。当時のABCアナウンサーの方と、小林千登勢さんが司会をやっていらしたのに大変驚きました。小林千登勢さんと聞くと、<「ヒントでピント」>のイメージが強すぎます。この番組って、現在の「朝だ生です旅サラダ」にあたるんでしょうか。この番組のことまったくわからないので、詳しく教えてください。
2010/07/16(金) 16:37:48 | URL | そらいちろー&くもいちろー
おはようワイド 土曜の朝に
ごいんきょさん、こんにちは(^^)「おはようワイド 土曜の朝に」は懐かしいです。関東でも、テレ朝(開始当初は…NETテレビ)で放送してましたもん。司会が玉井 孝さんでしたね。テーマ曲の口笛の主は…ヤマタケさん(山下毅雄さん)ですって‼︎そうだ‼︎「パネルクイズ アタック25」のテーマ曲の口笛も…ヤマタケさんですわ。
2013/11/15(金) 11:26:44 | URL | マスダっち
● そらいちろー&くもいちろーさん
本当、土曜の朝に清々しい主題歌でした。
内容は、おいおい覚えている人が教えてくれるのではないかと(笑)。


● マスダっちさん
えー。これも山下さんですか。
曲調がそんな感じじゃないなと一瞬思いましたが、
よく思い起こしてみると、いかにもの山下調でした。
ジャイアントロボソングとかに似てますね。
2013/11/30(土) 03:26:48 | URL | ごいんきょ
玉井 孝さん
「おはようワイド 土曜の朝に」の司会をされていた玉井 孝さんって、現在は…フリーアナウンサーですか!?今年の11月で玉井 孝さんは86歳になる訳ですが、「土曜の朝に」が放送開始した1975年当時は、玉井 孝さんは40代ですかね??
2015/09/07(月) 15:31:18 | URL | マスダっち1971
引き算で出ますよね(笑)。
2015/09/09(水) 00:55:58 | URL | ごいんきょ
「土曜の朝に」、YouTubeにUPされていますよ!!
1976年1月放送の「おはようワイド 土曜の朝に」の映像、YouTubeにUPされていますよ!!ゲストは…大村崑さんご夫妻です。宜しかったらご覧ください(^^)
2015/09/09(水) 11:10:13 | URL | マスダっち1971
これまた崑さんものですね。
崑さんのおかげで永らえた番組が、どれほど有る事でしょう。
主題歌なつかしいけど、頭切れが残念ですね。
2015/09/12(土) 23:00:38 | URL | ごいんきょ
私も見ました
 OPで崑ちゃん夫婦が仲良くジュースを飲んでいる場面がほほえましかった半面、私としてはやはりこまごました所が気になりました。
 ①当時のスポンサーに東京本社の企業がない。(ノザックは三重県の会社だとか。ググると結構・・・な企業みたい)
 ②フェミニンのCMの女性が誰なのか。(コメントに篠ひろ子さん説あり。私もそれに一票なのだが・・・)
 ちなみに「栗色」という表現はフェミニンで始めて聞いたような気がする。
 ③「スピーネ」のCMに出てくる三田佳子さん(おそらく30代半ば?)が細い。痩せすぎ?
 ④スピーネの生CMに出てくるお姉さんの視線が変。カンペ(もしくはプロンプター)を見ながらやってる?

 こんなところでしょうか。
2015/09/12(土) 23:16:05 | URL | 北国の人
1.制作が関西ですからね。
2.とても篠さんとは思えないですけど。
3.間違い無く三田さんですね(笑)。
4.とても可愛い人だなと見とれてました。語りもプロですね。


ワタクシは、五味康祐先生の映像を見られた事がとても嬉しいです。
しかも手相占い。
噂に違わず、物凄い言いたい放題(苦笑)。
冒頭で言っている「先週の」不穏当な言葉遣いとはなんだったのか?(笑)
2015/09/13(日) 00:36:13 | URL | ごいんきょ
富山では見られませんでした
富山はいわゆる八木治郎ショー→いい朝8時をKNB,ハイ土曜日ですをBBTが放送していた為,土曜の朝には見られませんでした。なのでテーマ音楽やメイン司会者の顔はYouTubeで見るまで分かりません。桜井一枝さんも映ってますが近年のイメージと全く違いまるで別人です。関西目線で数々の懐かし(しかもまだ保育園期)番組のOPを投稿された方に感謝すると共に当時はまだテレ朝系はフルネット局は数局でTVI,NKTといった意外な日テレ系や八木治郎ショーをやらないでネットしていた(いつまでかはWikipediaで調べますが)NBC,RBCというネット局一覧に時代を感じました。
2015/10/06(火) 08:53:23 | URL | tmc1973
tmc1973さんへ
「八木治郎ショー」「ハイ土曜日
です」は1970~80年代
くらいに、北日本放送と富山テレビ
で放送されていました。
土曜日限定の大阪で制作された
ワイドショーのようですが、
どちらも、学校が休みの日にしか
観れませんでした。
どちらかと言うと、男性アナウン
サーが、今で言うバンジージャンプ
をやったり、カヌーにのったり
体験レポートをやる「ハイ土曜日
です」のほうが、面白いと思って
いました。
1970~80年代は、今より
関西で制作された番組が多く放送
されていたと思います。
夕方だと富山テレビでは「花の駐在
さん」「番頭さんと丁稚どん?」
パンチDEデート、北日本放送では
「ヤングオーオー」など・・・。
2015/10/07(水) 14:54:38 | URL | くも
最初は玉井・真理ヨシコ・はしだのりひこ司会の番組だった。
どうしてもこの番組の女性司会者というとそのネームバリューの大きさ故に小林千登勢さんの名前がクローズアップされがちですが(汗)、小林さんが登板するようになったのは実は末期(具体的には昭和61年の新春から。これは某有名巨大動画サイトに上がっていた当時の番宣CMで「(昭和61年の)新春1月4日より小林千登勢が新司会者として登場!」という売り文句で小林さんが自身の自己紹介を玉井さんの隣に立ってしている映像が上がっていたのでおそらく間違いないはずです)のみでして(ただ、それより前に複数回ゲスト出演の経験はあったようですが)、この番組が始まった昭和50年4月5日の「朝日新聞」テレビ欄の番組案内文によれば、開始当初の司会は玉井さんのほか、真理ヨシコさん・はしだのりひこさんの3人体制だったようです。

ただ、この体制ではあまり巧くなかったのか、開始半年後には崑さん夫妻がゲスト出演なさったときの女性司会者である櫻井さんに交代(ここから男女1ペア体制)、ここから小林さんが登板するまでは基本的に関西ローカルで活動している女性タレントが2〜3年ずつ交代していくような感じで玉井さんの相手役を務めていたようです。

ただ、かくいう私も物心付くときには既に玉井孝・小林千登勢という司会コンビで、何となく他局の在阪ワイドショーに比べるとセットの雰囲気や司会者の語り口調とかから随分とのんびりとしたムードのある番組というイメージが定着しちゃってるんですよね。恐らく、「いい朝」や「モーニングアップル」みたく吉本芸人をレギュラーや司会者に使っていなかったのがその要因なんでしょうが(汗)。
2015/10/08(木) 19:19:09 | URL | (ハンドル未記入)
● tmc1973さん
そのハイ土曜日ですも、同じ方がアゲてくれてますね。
この番組のOPも、新たに冒頭からのをアゲてくれた人が出ました。


● くもさん
やはり関西色が強かったようですね。


● 未記入さん
真理ヨシコさんが司会していたなんて。かなり珍しい番組なのでは。
ああ、そうですね。
笑いの要素は少ないですものね。
朝くらい、そういう穏やかな番組が欲しいです(苦笑)。
2015/10/11(日) 04:57:42 | URL | ごいんきょ
あっちこっち丁稚はBBTで日曜正午、ヤングオーオー(的な?)は記憶にはないのでわかりませんが、当時のバラエティは無理やり感があってもKNBが毎日のを、BBTがABCのを多くネットしていました。
2015/10/16(金) 20:36:56 | URL | tmc1973
北日本放送と富山テレビですか。
2015/10/18(日) 13:19:10 | URL | ごいんきょ
玉井 孝さん、さようなら........
玉井 孝さん、昨年(2016年)の12月にお亡くなりになられているそうです。玉井さん、さようなら........お疲れ様でした(涙)
2017/04/14(金) 09:55:08 | URL | マスダっち1971
そうでしたか。
報せて下さってありがとうございます。
土曜の朝に相応しい、爽やかな語りの人だったなあ。
2017/04/23(日) 22:01:52 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ