私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ザ・トップテン (1981)

該当番組画像募集
バーズがボンボンを振りながらみんなで「10」の字をこさえてるOP。
ファンファーレに続いて提供スポンサーの読み上げがまず有るあたり、
日本テレビの伝統だなという感じでした。
そのスポンサーは江崎グリコ、花王等々で、
特にグリコは出演歌手のCMも多かったです。

前番組は『紅白歌のベストテン』。
テレビ史に名高き、渡辺プロとの抗争を繰り広げた枠。
その悶着も一段落付いたらしく、それを機になのか、
或いはただ単にザ・ベストテンをパクッただけなのか、
その両方の理由を含めてなのかは知りませんが、
出演者選定をデータを基にしたような感じにし、
ナベプロの歌手も出演するようになったのでした。

特にこの恩恵を受けたのが、期間限定で復活したザ・タイガースによってでしょう。
トッポ、加橋かつみをメインボーカルにした美しいハーモニーがウリだった
『色つきの女でいてくれよ』で、久々にメンバー集結して歌番組出演。
特にこの番組は堺正章が榊原郁恵と司会をしていましたので、
元GSの同志という事で、その関係の展開が幾つか有りました。
第一、堺正章と岸辺シローは、一緒に天竺まで目指した仲なのですぞ(笑)。

しかし期間限定ユニットという事で、出演は非常に限られたもの。
それぞれの活動に忙しいという口実で、すぐに出演しなくなりました。
以後は、毎週毎週ソロ歌手としてランクインしていた沢田研二が、
全メンバーのスケジュールを紹介して、「みんな忙しいみたいです」
とか言い訳をしていたのが、なんか見ていて苦しくて(苦笑)。
だって、本当は多忙じゃないメンバーだっていたろうに(苦笑)。

沢田だけでなく、寺尾聰が登場した時も、堺は古い同志という感じで接していました。
三人組で歌を披露していましたね。堺と寺尾は間違いないですが、
もう一人はもしかしたら沢田じゃないかも。まあ、ほぼ間違いないと思いますが。
そうそう。ビートルズのオール・マイ・ラビングとかやってたな。
そう言えば寺尾はこの番組でも三曲同時ランクインさせたと思いますが、
『出航(SASURAI)』を歌おうとした時に、郁恵がザ・ベストテンのような
イントロでの曲紹介をしようとしたので、一旦演奏を中止して
すぐにやり直したシーンがなんか印象に残ってます。

あとはなんと言っても、松田聖子が暴漢に襲われた時。
あれは非常に恐怖を感じたものでした。
トップテンは基本、紅白歌のベストテン以来の公開生放送形式。
それ故、そのような事故、事件に遭遇するリスクが非常に高かったのですが、
この経験を活かす事が出来ず、後に中森明菜で同様の事が有ったようです。
ワタクシはその頃は、もうほとんど見ていなかったのですが。
そして、非公開のスタジオ放送になったのですね。
しかし、ワタクシはこの方が歌がしっかり聴けて好きでした。

初期の出演者は堺、郁恵の他、エレクトリックおじさんこと徳光和夫、
そして追っかけマンのような立場で小堺一機が出ていました。
徳光はもうすぐトップテンのコーナーを受け持って、
コンピューター音が鳴る中、20位から11位の曲を紹介、分析していました。
小堺は欽どこ!でグレ子をやる前で、まったく面白い事をやらない、
単なる追っかけマンとして参加していました。
ぎんざNOW!から知っているワタクシは、なんか道が違うんじゃないかと思いましたが。

後期はタイトルが『歌のトップテン』に替わり、司会も和田アキ子と島田紳助にチェンジ。
その前に徳光と石野真子がやったようですけど、ほとんど覚えてません。
和田アキ子が司会の時は、持ち歌の『だってしょうがないじゃない』がランクイン?
したのか歌ってたと思いますが、なにかと疑問符が付くランキングの番組ではありました。
二人の司会ぶりも、なんか心の奥底ではバカにしながらやってるんじゃないかというのが、
表面はどれほど取り繕っていてもワタクシにはひしひし感じられて、
そういう意味で特に後期は嫌いでした。
ただ、歌の紹介の仕方はベストテンよりもきちんとしていたので、そこは良かったのですが。

昭和末期、光GENJIとおニャン子クラブによって歌謡界は実力派壊滅状態となり、
折しもメディアもレコードからCDの過渡期に当たってしまったため、
楽曲の売り上げも歌番組の視聴率も悲惨を極める瀕死の状態。
先行のザ・ベストテンがまず白旗を掲げ、程なくこちらの方も終焉を迎えるに至りました。
しかし90年代に差し掛かっていた番組末期、ジッタリン・ジン、リンドバーグ、
そしてドリームズ・カム・トゥルーといった新しいバンドブームの胎動をギリギリで
ランキング歌番組として伝えられたのは、この番組の掉尾を飾るに相応しいものでした。
そしてバトンタッチするが如く、音楽はCD時代へと本格的に入って行くのです。

この度、CS日テレで放送決定!
昭和時代に絶滅したアイドル歌謡、流行歌というものを再び堪能し、
それらを聴き歌いながら育つ事が出来た僥倖に想いを馳せましょう。
このところ名番組発掘に頑張っているCS日テレです。
TBSも、早くザ・ベストテン、そして何よりも、歌謡曲ベストテンの発掘を!!
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
どちらかと言うとトップテン派だった。
はじめまして。
これまで数え切れないほど拝見しましたが
コメントデビューさせて頂きます。

トップテンと言うと
エレベーターでの登場でしたね。
ベストテンのミラーゲートに対してか
電飾が沢山ついたエレベーターで
登場歌手の皆さんが
キラキラ輝いて見えました。
ランキング発表が
コンピューター表示だったのも
今、思えば画期的でした。

後期、歌のトップテンに変わり
その最終回のランキングで
DREAMS COME TRUEがランクイン。

番組タイトルが付いたステージで
[笑顔の行方]を歌っていて
[あぁ、トップテンも終わるんだなぁ]と
とても寂しく感じながら見ていたのを
今でも記憶に残っております。

ウチはCSアンテナが無いので
トップテン再放送を見られません。
ぜひ、再放送を見た方々の
感想が聞きたいです。

2009/12/25(金) 14:20:47 | URL | テレビマニアな30代
スケジュールの都合で…
トップテンにあってベストテンになかったのは、出演できない理由を司会者が説明する際の次のような台詞でした。

「○○さんはスケジュールの都合で今週はお休みです」

言うまでもなく、「ヒットスタジオ」と出演歌手を奪い合った結果です。
「紅白…」の頃はお互いが譲り合うことで、どうにか調整をつけられたのですが、トップテンはランク入りした以上、出演するのが原則だっただけに、こうした理由で逃げるしかなかったのですね。
2009/12/25(金) 20:27:42 | URL | うみがめ
岸辺シローさん
タイガース時代から加橋かつみさんの歌声は特に高音が素晴らしいと思って聴いていましたが、再結成「色つきの女でいてくれよ」をテレビで観た時に、トップテナーのハーモニーを岸辺シローさんが歌っているのに気づき、聴き惚れました。
それまで、岸辺シローさんの歌声を気にしたことがありませんでした。
2009/12/27(日) 19:39:49 | URL | モデラート
漢字が違う感じ
岸部シローさんでした。失礼しました。
2009/12/27(日) 19:59:02 | URL | モデラート
● テレビマニアな30代さん
あなたが書き込んで下さるのを、今か今かと待っておりました(笑)。
そうでした。透明のエレベーターで下りてくるんですね。
ドリカムは、たしか中継で、どっか建物の中で笑顔の行方を歌ってましたね。


● うみがめさん
あ。そう言えばあれって、夜ヒットを指してたこと多かったかも。
ワタクシも、それってヒットスタジオの事だろとツッコんだ事が何回か有りました(笑)。


● モデラートさん
岸部シローさんって、コメディリリーフとしか見てなかったんですが(笑)、
これは失礼な事のようでした。次回は気をつけて見たいですね。
次回こそ、ピーにも何かで参加して戴きたいとこですが。
2010/01/07(木) 02:26:48 | URL | ごいんきょ
そうでした
テレビマニアな30代さんのコメント読んで思い出しました たしか順位に合わせて猿の顔が笑ったり泣いたりしましたね

それと初登場の際に記念撮影してました 定番(?)の「ハイ、チーズ」じゃなく「親子で!ブッ!」ていう掛け声も記憶してます(笑)

あとなぜか修学旅行の一行か何かが毎回来て冒頭で紹介してもらってましたね
2012/05/11(金) 08:30:42 | URL | 鉄ドン
再放送
1985年8月12日JAL123便墜落当日の分は再放送出来ないのではないでしょうか。
2014/06/05(木) 02:26:25 | URL | 名無しのおばん
紳助さんの司会
CSの再放送って紳助さんの司会のはどうしてるんですかね。ひょうきん族は例の一件以来休止中ですが。木村一八さん出ている映画はよくCSでやってますが…。あの人は実刑では?とん平さんとか…。紳助さんはヤクザ絡みだから警察の顔色伺いですかね?
2014/06/06(金) 19:07:23 | URL | とらお
おそらく、徳光さん司会時代じゃないんですか。
実刑というのは、或る意味、逆にケジメ付きますよね。
ま、それも何度もやったら意味無いですが。
仏の顔も三度ですかね。
2014/06/07(土) 06:41:02 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ