私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



初笑いうるとら寄席 (1972)

該当番組画像募集
30日のレコード大賞以来、年末年始番組を幾つか成り行きで続けていたら、
なんとなく特集っぽくなってきましたので、年末年始番組特集になだれ込んでます(笑)。
今日の番組も、タイトルを聞くと、あー正月っぽいな、
昭和の正月を思い出すな、と感じる方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。
先にも書きましたように、正月番組なんぞ、家族全員とか、来客も交えてとか、
多人数で楽しむのが昭和の正月でありましたから、内容なんぞ基本どうでもいい。
見た目が正月っぽく賑々しいものが映っていれば、それで良かったわけです。

このうるとら寄席に限らず、昔の落語家、漫才師を始めとした芸人が集まる番組は、
昭和の正月三が日にはそこここに溢れていて、午前中のフジの爆笑ヒットパレードと、
午後のTBSの初笑いうるとら寄席は、元日にテレビつけっぱなしの家では、
多くの家で選択されていたのではないかと思われます。
昭和も40年代までは獅子舞が家に来たりの光景もギリギリ残ってましたし、
こうした寄席芸人が集まる番組では、大体冒頭でその中の誰かが獅子を被って登場。
獅子舞も、獅子を取ってからの芸人の姿も、正にこれぞお正月!てなもんでした。

司会が高橋圭三。
日本の年末年始は、この人にガッチリ掌握されていました(笑)。
一連のレコード大賞関連番組、元日午後のうるとら寄席、そして夕方のかくし芸。
年によってはゆく年くる年もやってたかな。
議員になってから、他の日には滅多に見なかった代わり、
年末年始にはここぞとばかり出まくってましたねー、いま考えると。
でも、当時はあまり気にしてなかったのは、前述のような次第です。

他局でもTBSでも、昭和30年代からずっと、正月は寄席芸人を集める賑やかしが
そこここに有ったわけですけど、TBSでうるとら寄席が始まったのは72年と、
想像していたよりも結構遅かったんだなと思いました。
なんか、ずっと昔から有った気もしたのは、類似番組に溢れていたからでしょう。
内容はどれもほとんど同じで、寄席芸人が集まって冒頭でわいわい騒いで、
演し物になるとテレビ寄席などでよく見る、いつも通りのネタが多かったかと(笑)。
戸塚睦夫が亡くなる直前で、てんぷくトリオが集まった再末期の番組でした。

第一回と思われる昭和47年はなかなか豪華で、ドリフターズも出てますし、
寄席演芸人も、田辺一鶴だの玉川勝太郎だのが出ていたり、
落語家からは柳家小さんとか立川談志なんてのも集まっていて、
なんというか、芸人の坩堝ですね(笑)。
以後も通してよく覚えているのは、関東だとてんやわんやとかWけんじ、
関西だと、なんと言ってもかしまし娘ですかねー。あのテーマソングは好きでした。
彼女らは着物姿の三味線弾きでしたから、正月番組には欠かせませんでしたねー。

昭和50年から52年の三年間、元日の午後はTBSしか見なかったかも、
てなくらいのラインナップになっており、お昼から『おめでとうレコード大賞』、
2時からうるとら寄席、そして4時からはコント55号が、
トンヒラコッペドビダブジョという、わけのわからない番組を始めたので(笑)、
ワタクシはおそらく、それらをずっと見ていた、と言うか、
チャンネルを合わせていたと思います。
でも、内容はどれもハッキリとは覚えていないのは、先に書いた通りです。

その52年を最後に、うるとら寄席は終了。
思うに、高橋圭三の都合だったのではないかと思いますが、
時代ももう、旧来の漫才が通じづらくなっていたと言いますか、
決まり切った笑いに転換が訪れるのを待っていたのかもしれないです。
そして、タモリ、それに続くビートたけしら、THE MANZAI グループの登場により、
こうした賑やかしの顔触れも一新されていくのでした。
同時に、寄席演芸人は正月にも民放ではあまり見る事ができなくなり、
生粋のテレビタレントが闊歩していく事となるのです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
うるとら寄席は放送日変更?
私も正月といえば寄席番組をつけっぱなしでした。
フジの爆笑ヒットパレードは朝8時ごろからの放送だったと思いますが、大晦日の夜更かしで、いつも途中からしか見られず、オープニングから観ることが毎年の目標でした。
しかし、朝寝坊は相変わらずで、元旦の計、いまだかなっていません。
毎年、青空球児・好児が神宮で参拝者とジャンケンをする中継がありましたが、冒頭から見ていないため、なぜジャンケンをしているのか、今もって理由がわかりません。
ところで、うるとら寄席ですが、放送日が元日から2日か3日に変わったのではなかったでしょうか。
漫才ブームのとき、横山やすし・西川きよしが薄い水色の紋付を着て出ていたように思うのですが・・・。羽織の家紋はやすしが「めがね」、きよしは、ひらがなで「め」の一文字。滑稽でした。
東京と大阪の二元中継が売り物の「東西寄席」という番組もありましたよね。

2010/01/08(金) 22:26:21 | URL | すけきよ
そうそう。爆笑ヒットパレードは、ワタクシも寝ぼけ眼だったんですよね(苦笑)。
球児好児さんがたしかに冒頭で仕切ってました。
よく覚えてるなあ(笑)。
ジャンケンについては、ワタクシもわかりません。
内容なんかまるで気にしてませんでした(笑)。
あ、放送日が変わったのですか。
元日放送ではなくなったというだけなんですね。
東西寄席も有ったかも。
2010/01/12(火) 01:34:36 | URL | ごいんきょ
うるとらマン
「うるとら寄席」は'72年スタートでしたか。ウルトラシリーズの復活(帰マン)が'71年4月だったから、それに因んだ番組名だったのかもしれませんね。
2010/01/17(日) 09:42:33 | URL | 石毛零号
いや、確定事項ではありませんのでご注意下さい。
開始も終了も、日にちが元日以外だとちょっとわかりません。
2010/01/18(月) 03:05:19 | URL | ごいんきょ
時期はずれの話題ですが…
正月の落語番組も、最近では見られなくなりましたが、獅子舞も最近は見られなくなりました。

マンションやアパートの住民が増えて近所づきあいが薄れたのか、あるいは、騒音で苦情がくるのか(最近は、ラジオ体操でさえ騒音で苦情がくるそうです)。
2013/05/19(日) 06:53:36 | URL | 10000k
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ