私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



讀賣新聞ニュース (1974)

該当番組画像募集
「読売新聞ニュース!
 東京電力の提供でお送りします」

読売新聞社旗が大きく風にたなびく映像で始まる読売新聞ニュース。
この名称、番組枠は、様々な年代・時間帯で有ったのかもしれません。
しかしワタクシの記憶に残るのは、学校から帰って再放送の漫画を心待ちにしている、
夕方5時丁度に始まる5分ニュースです。

この番組が始まる前までは、夕方5時台のニュースは三社ニュースと言って、
時間は45分からで、なんと、何故か讀賣・朝日・毎日新聞の
三社共同によるニュースを、開局以来ずっと、20年余、扱っていたのです。
そんな時代経緯を経た故の、勇ましいOPだったんでしょう。
新聞社とテレビ局の完全系列化が、一気に進んでいた頃でした。

少し前に書いた、芸能マイスタとかの直前の時間帯で、
この読売新聞ニュースのけたたましいテーマが流れて旗がはためくのを見ると、
ああもう夕方なんだな。夜の入り口に入ったんだな。もう一日が終わるのだな。
と一瞬、なんとはなしのうら寂しい気持ちになったものでした。
笑点&サザエさんシンドローム平日版みたいな感じですね。

内容は、これまたオーソドックスなニュース番組。
デスクに控える男性キャスターが一人でこちらを向いてニュースを読み上げ、
バックには夕刊紙面が大きく映し出されている感じでした。
取材VTRとかは流してなかったです。
当時、日テレはこんな感じのニュース枠がいろんな時間帯で有りました。

5分番組ですから、流すニュースは大抵2つ。
「では」と言ってニュースが終わると、当ブログがプッシュしている(笑)
カミナリのピカちゃんが活躍する、東京電力のCMとなります。
「送電線が切れていたら、近づかないようにしてね」なんて、
些か物騒なご注意も有った気がします。時代ならではなんでしょうか。

80年代中頃になると、日テレ木曜はこの番組に続いて、お笑いマンガ道場。
やはりこの2本セットが一番印象に残っているのですが、
その体制になってすぐ、30分丸々マンガ道場となり、
この番組は吸い込まれて無くなってしまうのでした。
あの、強い調子で読み上げていたタイトルコールと、
讀賣社旗の揺らぎすら、懐かしい情景となってしまいました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
道内では
 もちろん、日テレ系のSTVで放送されていました。当然、東京電力はスポンサーに付いていなかったけど。^^;
(STVはスポンサーが付いてなかったと思います)
 私が記憶にあるOP映像はヘリコプターがパタパタ(?)飛んでいるものですね。社旗がはためくバージョンは残念ながら見たことがありません。
 放送時間も5時台ではなく3時50分から、という印象が強いです。
 STVでは当初、毎日と朝日のニュースを一日おきに放送していましたが、のちに撤退して読売に代わったたようです。(昭和40年代終盤と思われる)
 ちなみに他の道内局ではUHBが開局して間もないころにその時間帯のニュースを放送していました。(フジテレビでいう「サンケイホームニュース」でしょうか?たしか「UHBニュース」の名前で放送していたような)
 関東のU局(テレビ神奈川や千葉テレビなど)でも90年代までこれら全国紙のニュース番組を放送していたとウィキにありますが、どうだったのでしょう?
 地方では先発のV局よりも後発のU局で放送していた地域が多いようです。(V局は地元紙と関係の深いところが多いから?)
 社史などの番組表などで見てみると、その局がどこの新聞社と関係が深いかだいたいわかります。
2010/01/10(日) 19:35:47 | URL | 北国の人
読売新聞ニュースで放送されました
 読売新聞ニュースで実際に放送されたことがあります。忘れもしない昭和48年の3学期の始業式のときに、母校が取材され、朝礼や登校風景、教室の内部が映りました。
 私は教室でおじぎしている後ろ姿だけでしたが、担任の先生や同級生はドアップで出てました。登校風景は、撮影用に生徒にニセの列を作らせて、普段とは違うものになってました。
 なんせ初めてテレビに映った出来事だったので鮮明に覚えています。放送時は家族にこれから出るよと言って、開始前にそわそわしていました。
 読売新聞ニュースときいて真っ先に思い出しました
2010/01/10(日) 22:41:34 | URL | 白鳥育ち
● 北国さん
昭和40年代中頃まで、記事にもありますように、
読売系列のテレビでは三社ニュースをやっていたと思います。
昭和40年代末、かの田中角栄が総理大臣となり、
新聞社と放送局の完全系列化に弾みが付き、
その延長線上に朝日・毎日系列の腸捻転解消も有ったのですね。

関東のUHFでのニュースはどうだったんでしょう。
ワタクシが記憶に有る限りでは、その局その局の地方ニュースしか覚えてません。


● 白鳥育ちさん
おー。まさかニュース番組にまで出演者が投稿して下さるとは想像してませんでした(笑)。
登校風景はわざわざこしらえたもの、ありがちな光景ですね。
とにかく画面に出ればなんでも妙に嬉しかったですね、子供の頃は。
2010/01/11(月) 12:50:40 | URL | ごいんきょ
昔の報道番組
昔のニュース番組ってさあ、こういう大仰なテーマ曲のOPが多かったですよね。ニッポン放送で朝5時から放送していたニュースも、「大本営発表」か「北朝鮮ニュース」かと思えるような、壮大な開始曲でしたよ。今は違うんだろうけど。
2010/01/19(火) 08:29:16 | URL | 石毛零号
あ、なんか有ったような。
でも、ワタクシはそれで育ったからか、ニュース番組は荘厳な曲調じゃないと感じ出ないです。
2010/01/21(木) 07:11:20 | URL | ごいんきょ
読売新聞ニュース
「読売新聞ニュース」観てましたよ。懐かしいですね。私は東京都生まれなので、日テレです。東京電力がスポンサーでした。初期のオーケストラ風のテーマソングも覚えていますし、次のシンセサイザーのテーマソングも覚えていますよ。キャスターの方も覚えています。私がよく覚えているのは、中野士朗さんと甲藤信郎さんですね。
2013/04/04(木) 19:46:46 | URL | マスダっち
読売新聞ニュース
OPで確かヘリコプターと読売新聞本社ビルらしき建物が映ってるのもあったような…

ところで日テレ5時枠のニュースと言えばこの後5時5分からアニメの再放送(トムとジェリーetc)やってましたが30分までの25分枠で番組間のCMも15秒だけで妙に慌ただしかったですね(^_^;)
2013/04/05(金) 13:11:32 | URL | 鉄ドン
何故か?も何も日テレもTBSも朝毎読三紙が出資していたからですけど
日本テレビもTBSも朝毎読三紙が対等出資で誕生した局なのでね。
TBSは朝日系・毎日系・読売系(とは言え実態は中日系が主導していたらしい)並びに電通系等の出願を当時の郵政省の指導で一纏めにした事からですけど、日テレの場合は当初から大正力が深く関わっていましたけど、大正力からの出資要請に朝日や毎日が「西日本に進出しない」の言質を取った上で応えた事に依るものです。
もっともその口も乾かない昭和27年に、務台氏に依って大阪での発行を開始するんですけどね(笑)。
只、これは大正力にとってはしぶしぶの了解だった様で、大阪読売の祝賀の席で怒声を浴びせて、一瞬にしてお通夜にしてしまったなんて逸話も残されていますけど。
ちなみに日テレの名プロデューサーで知られる井原氏が朝日創業家の村山家と遠縁だった事で朝日系の縁者の推薦で入社した事や、プロレスもそもそも力道山やそのバックにいた新田氏と親しい毎日記者が日テレでの中継開始に尽力した事とかのエピソードもあります。

で、大正力が準備段階から深く関わった事で日テレとの関係を次第次第に深めていった読売や、終戦直後から民間ラジオ開設に積極的だった事で、TBSでの主導権を握った毎日に比べ、朝日は在京だけでも日テレ、TBS、NET、東京12と出資し、フジサンケイとも九州朝日を通して関わりを持つ
(九州朝日は当初フジ系に属し、フジサンケイ関連も株主に加わり、あの水野・鹿内両氏も役員として名を連ねていた)といった案配で、単に「朝日新聞ニュース」を通して販促にでもなればって程度の考えしか無かった様で、どの局でも主導権を握っていた訳では無かったんですね。
で、テレビの隆盛でさすがにこのままでは不味いと毎日や読売に遅ればせながら、拠点となり得るテレビ局を見極め、「日テレは読売色が強く、TBSは資本が複雑で株整理に時間が掛かる。東京12は開局間もなくまだどうなるかすら分からない。結局、消去法でNETしか。」との判断で1963年にNETの経営に乗り出す事となり、NETとの接点となった東映とタッグを組んだ形で、もう一つの大株主、日経・旺文社と後のホリエモンも真っ青の株式争奪戦を繰り広げる事となると共に朝日が大株主となっている地方局がNET系列となるべく様々な働きかけや政財界を巻き込んだ工作まで行う事となります。
2013/04/05(金) 22:30:29 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
訂正
東京12は1964年開局なので、1963年当時は「会社設立間もない時期」というのが正解ですね。
私とした事が・・・。
2013/04/05(金) 22:45:21 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
昭和40年前後当時の各局のマスコミ資本
日本テレビとTBSについては上に書いた通りですけど、それも含めて
日テレ-朝日・毎日・読売、TBS-朝日・毎日・読売、フジ-共同通信・産経、NET-日経・朝日、東京12-朝日・(毎日放送)(当初、毎日放送は
出資メンバーに加われず、その件で法廷係争にまで発展した。)
といった状況でした。
これをNETの株式争奪戦の収拾(東映の大川社長が新潟出身だった。)並びに開局当初から大赤字を吐き出す一方だった東京12の救済
(設立に深く関わっている経団連からの要請があった)を名目に新聞社とテレビ放送の系列化に手を付けたのが例の宰相で、まず手始めに自民幹事長だった1970年〜1973年の間で、朝日の東京12株と日経のNET株を交換(実際はかなり複雑な形での交換で、それが3年ほど掛かった理由の一つですが)して、NET-朝日、東京12-日経、毎日放送(MBS株については日経からの要請もあった事からそのまま(ちなみに現在も大株主))と整理し、総理となった1973年に、いよいよ日テレ、TBSの株式交換に手を付け、1973年末までに日テレ-読売、TBS-毎日に統一に成功し、日テレ-読売、TBS-毎日、フジ-産経(昭和40年代の間に鹿内信隆支配体制を完成させる)、NET-朝日、東京12-日経・MBSの形にほぼ整理された訳です。
その結果、日テレやTBSで流されていた3社ニュースは1974年3月で終了し、以降日テレは読売新聞ニュース、TBSは毎日新聞ニュースに統一、それまで日テレやTBSでも流されていた朝日新聞ニュースはNETのみとなった訳です。

この新聞資本整理に依って、それまで朝日からの再三のNET系列入りの要請を「問題外」として相手にしていなかったABCが追い詰められる一方、そんなABCの混乱ぶりを見て取ったTBSが、代わって相手となり得るMBSが東京12との資本関係があった事もあって、「このままでは下手をすると関西からTBS系列局が無くなってしまい兼ねないし、そこまで行かなくてもMBSがTBSと東京12のクロスネットを選択する事でJNN排他協定がなし崩しに崩される可能性が高まる。事は急ぐ。」と(慌てて(w))ネットチェンジに取り掛かる事になる訳です。
2013/04/06(土) 08:48:46 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
● マスダっちさん
そう。
「読売新聞ニュース! 東京電力の提供でお送りします」ってね。
カミナリのピカちゃんが活躍した最後の頃ですかね。


● 鉄ドンさん
なるほど。そういう視点は無かったな(笑)。
CMは15秒と思ってましたけど、言われれば18時台は30秒CMも結構あって、ゆったりしてたっけ。


● TXさん
ああ、なるほどね。
テレビの最初期には、まさか新聞社がテレビを独占するだなんて、
当の新聞社本人(?)が思ってなかったでしょうからね。

明らかなる不当独占行為。
公正な競争を阻害していますが、政治家同様にカスゴミ連中に自浄は期待できないので、
地上波に引導を渡すしか道は無いでしょうけど。
2013/04/13(土) 07:03:47 | URL | (ハンドル未記入)
今振り返ると
随分長々とした文章で失礼しました(笑)。
只、今こうして振り返ってみると、角栄氏がMBS保有の東京12株には手を付けなかったというのも、東京12の設立に深く関わった経団連や、科学財団に代わってオーナーとなった日経からの強い要請もあったのでしょうけど、寧ろABCとの長年の関係よりネットチェンジを決断しないであろうTBSに対しての毒素として角栄氏も敢えて残しておいたのかも、とも。
2013/04/14(日) 15:34:53 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
荘厳なテーマ曲
昔の民放のニュースのオープニングは暗い画面に新聞社の旗がはためき、ごいんきょさんのコメントにあるように荘厳なテーマ曲が流れていたという気がします。
暗い画面は白黒テレビだったからか、ただ雰囲気がそのような感じに受け取れたのかは分かりません。

曲はメンデルスゾーンの「イタリア」やワーグナーの「ローエングリン」第3幕の前奏曲などが耳に残っています。
どのニュース番組かは分かりませんが。
この記事の1974年より前のものかもしれません。
2014/01/06(月) 22:40:40 | URL | モデラート
● TXさん
12チャンネルの中の人たちすら見えない伏魔殿の奥で、
きっといつかあの局は日経にという路線が敷かれていたんだと、ワタクシは妄想しているんです。
だから、純教育テレビ局なんて出来レースだったと言うんですね。
上手く経営できるなんて思ってた人がいるはず無い。
大宅壮一と河野一郎が死んだ途端に化けの皮が剥がれ、
一気にエログロ路線とまでは読めた人はいないでしょうが(笑)。


● モデラートさん
いやあ、教養の有る人がいてくださると本当に助かります。
イタリアは、たしかにこの番組だった気が。
ローエングリンは、ワタクシは聞き覚え有りません。
もっと前の時代かもしれないですね。
2014/01/08(水) 01:25:09 | URL | ごいんきょ
ブラスバンド音楽に乗せて・・・
このニュース番組つい最近まで放送されていたdonnaの前身って言った感じですよね・・・(*^_^*)
千葉県に住んでいる私にとっては東京電力のピカちゃん可愛かったですね~(*^_^*)
確か後期くらいには東京電力のコマーシャルに手話通訳が付くようになりましたね~(*^_^*)
手話勉強中の私が手話を知ったのがNNNニュースサンデーとこの東京電力のコマーシャルですね~(*^_^*)
2014/09/21(日) 01:43:33 | URL | みけねこ
千葉テレビ・・・
私が小学生の頃に午後6時の千葉日報ニュースが始まる前に各新聞社制作ニュース番組が日替わりで放送されていましたよ~(*^_^*)
確か・・・月曜日は読売、火曜日は朝日、水曜日は東京新聞か中日新聞、木曜日はサンケイ、金曜日は毎日「記者の目」でしたね~(*^_^*)
2014/09/24(水) 02:31:58 | URL | みけねこ
手話ついてましたっけ。
それはなかなか画期的なCMだな。
千葉テレビの話ですね。
よく順番まで覚えてますね(笑)。
2014/09/24(水) 07:12:29 | URL | ごいんきょ
読売新聞ニュースといえば
私の世代だと「鶴ちゃんのプッツン5」の前座番組のイメージが強いですね。
平日は夕方5時前にやっているこの番組ですが、土曜は夕方5時からの放送で、この番組が終わると「プッツン5」が始まる・・・という流れでした。
なんとなく見てるという典型的な番組でした。
読売新聞ニュースにスポンサーが付いているのは関東だけのようでして、地方で見ていた私にはノンスポンサー番組という印象があります。
2015/01/12(月) 20:40:33 | URL | 通りすがり
あー、結構な後期ですね。
プッツン5もたまに見てましたが。

お。では他地方では、始まり方も違っていたのでしょうかね。
2015/01/18(日) 17:17:59 | URL | ごいんきょ
おびただしい量の…
読売新聞が画面の奥から二列にどわーっと出てくる(輪転機をイメージ?)、
最末期の読売新聞ニュースのオープニングは覚えてますね。
ニュースevery.が始まる直前まであったような?
2017/01/24(火) 03:20:12 | URL | くろねき
そんなのでしたっけ。
動画をあげている人がいましたが、何故かタイトルと提供読みが入ってないですね。
音楽はアフレコなのかな。
2017/01/26(木) 22:37:51 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ