私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



うたのえほん (1961)

該当番組画像募集
♪ 元気にいちにっ おはよーさん
  お手々を振って おはよーさん
  仲良しこよし おはよーさん
  元気にあるこ おはよーさん

石毛恭子おねえさん時代のピンポンパン体操が空前の大ヒットとなりましたが、
それ以前にも幼児向け体操がヒットしておりまして、それがこれです。
ドラえもんの分身ともなった大山のぶ代 夫君・砂川啓介が、体操のお兄さんとして
主婦連から密かな熱視線を浴びていた当時のこの番組、うたのえほん。
後に、かの『おかあさんといっしょ』に吸収されてしまったために、
単体として振り返られる事が無くなってしまいましたけど、元は歴とした一番組でした。
うたのえほんというタイトルではあるけれども、歌のおねえさんによる歌と、
体操のお兄さんによる体操の二部構成で、後のフジテレビによるピンポンパンも、
このスタイルをかなり意識していた事がわかります。

NHKはこの頃、敗戦から立ち直りつつあった国民の唇に歌を載せ、
より世相を明るくしようとしていた節が有って、とにかく楽曲提供番組が多かった。
子供向けではこの他に『みんなのうた』『歌のメリーゴーラウンド』、
大人向けには『きょうのうた』、バラエティ番組では『夢であいましょう』等々、
今日まで日本人に定番として親しまれている歌も、これらから数多く産み出されました。
この『うたのえほん』からも、「今月のうた」としてプッシュされていた歌から、
非常に数多くの名曲の数々が紡がれております。
元はラジオの方で『うたのほん』という番組が有り、それのテレビ版という事です。
教育テレビの『テレビの旅』も、元は『ラジオの旅』という番組が有ったりしました。

ワタクシがもっとも思い入れのあるのが、♪ バナナが一本ありました
の、「とんでったバナナ」。バナナン、バナナン、バ、ナァナン。
まだバナナに高級感が有った時代です。平成っ子には想像できますまい(笑)。
しかし、この詞曲を大きくなって吟味し直すと、本当に素晴らしい作品だと思います。
子供を洗脳するのに躍起な日教組どもに、きちんと見せつけてやりたい(笑)。
この指パパ、ふとっちょパパの、「おはなしゆびさん」も名作でした。
ゆうやけこやけで日が暮れて山のお寺の鐘が鳴る、「ゆうやけこやけ」
「あんたがたどこさ」のような、過去作の発掘も『みんなのうた』同様ありました。

しかし最大のヒットはやはり、1963年レコード大賞童謡賞を受賞した、
おもちゃのチャチャチャという事になりましょう。
片付けた玩具が夜に自分達だけの世界を持っている。
この世界観をモチーフとした作品も、その後に数多く作られましたけど、
この歌を聴いてたしかに、玩具が身近になり、感情移入もよりするようになりました。
こんな子供の夢を育む詩を書けるというのも、さすがは才人、野坂昭如。
女千人斬りの実力は伊達じゃないです(笑)。

これらを歌うおねえさんは、初代が真理ヨシコ。
その後、竹前文子&中野慶子の隔週交代となり、水谷玲子&中川順子となって、
おかあさんといっしょに併合されていきます。
おかあさんといっしょになってからは、小鳩くるみもやってました。
当初は鷲津なつえ名義だったかもしれません。
一方の体操のお兄さんは、一貫して砂川啓介が務めましたが、
63年10月から第2体操の「オモチャのラッパ」が出来て、佐久間俊直が加わりました。
第1体操の「げんきで1、2」は、各所で様々なタイトルで紹介されているのですが、
最終的にはこのタイトルで落ち着いているようです。

ワタクシは直撃世代であり、歌を聞くと自然に振り付けが思い起こされるのです。
あな恐ろしや、三つ子の魂百まで。とん吉ちん平かん太らが百まで生きると思ったあの頃。
当時、どんな風にそのテレビを見ていたかまでが、昨日の事のように思い出せます。
ただ一語にすれば、それは正に「一心不乱」。
格好いいとか悪いとか、正しいとかおかしいとか、綺麗とか醜いとか、
そんな修飾語形容詞の類は微塵も頭を過ぎらず、
ただただテレビに映っているお兄さんやみんなと同じ動きをする事だけに意識を集中して、
そのテレビ画面を見つめていたのでありました。
子供の許容量、容積というのはそんなもので、いつもいっぱいいっぱいなのです。
生きている一瞬一瞬に全身全霊を懸けていた時が誰にでも必ず有った。
同時に、現在の彼らもいつだっていっぱいいっぱいなのだと理解できないと、
人道外れた虐待野郎みたくなってしまうんでしょう。かつての己も忘れて。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
体操
体操は2種類ありましたよね。
「野球」を組み込んだものと、「相撲」を組み入れたもの。
「私は二歳」という映画の中で主演の山本富士子の子どもがこの番組を見ながら、ひょこひょこ体操していたような・・・。
「ぴょんぴょんぴょんぴょん、かえるがぴょん!」
私もこの体操をした口です。
2010/01/08(金) 23:20:38 | URL | すけきよ
想い出
佐川啓介さんの体操のお兄さん、懐かしいです。
「元気に一、二」という題名だったのですね。

一番印象深い体操は♪おててをぶらぶらぶらぶら・・・パットンです。
♪ぴょんぴょん・・こうさぎぴょんでは、最後の♪ぴょんぴょん・・みんなでぴょん!のときに、お兄さんが開脚で飛び上がり、滞空時間が長いので歌と微妙に合わなくなり、いつもちょっとドキドキしました。

自分が歌のおねえさんになり切って、弟にたくさん歌ってあげたことを思い出します。
家に部屋の鴨居からぶら下げるブランコがあったのですが、それに弟を乗せて揺らしながら、♪ぶーらんーこゆーれてー おーそらーがゆーれるーと歌い、茶箪笥のガラスに映るその様子を見て、自分がテレビの中のおねえさんになったつもりでいました(笑)。
2010/01/09(土) 00:50:32 | URL | モデラート
初めて知りました
 私は「おかあさんといっしょ」しか知りませんでした。すけきよさんとモデラートさんのコメントを拝見すると、体操の内容は重なっているみたいですね。
♪おててをぶらぶらぶらぶら・・・パットンは、たしか三回ぐらいくり返して、微妙にメロディー(?)が違うんでしたっけ。
♪いもむしゴーロゴロ、も懐かしいです。
 すけきよさんの書かれた、相撲を組み入れた体操というのは知りませんが、野球の方はボールが続いた後「いい玉」を打って「一塁まわって二~塁まわって三塁回ってホ~、ホームイン」だったでしょうか。
 私が覚えているもう一つの体操(おかあさんといっしょ)の最後は「小さく小さく小さくなぁれ、小さくなって蟻さんになぁれ。大きく大きくなぁれ、大きくなって天まで届けー! わーっ雷様だ~」と言って床に転がるものでした。私はどちらかというとこっちの方が好きで、毎回今日はどっちかな~とワクワクしていたのを思い出しました。
2010/01/09(土) 01:44:58 | URL | あぶもんもん
佐川啓介お兄さん
「元気に一、二、」はごいんきょさんの記事の最初にある♪元気にイチ、ニで始まり、あぶもんもんさんがコメントに書かれた♪小さく小さく・・で終わったと思います。
♪わぁ雷様だーでお兄さんが尻餅をつくように後ろに転がり、すぐに反転してカメラの方を向きしゃがんだままバイバーイと手を振っていたと思います。
2010/01/09(土) 08:47:18 | URL | モデラート
うさぎでしたか・・・
「かえる」でなく、「こうさぎ」でしたっけ?
「おててをぶらぶらぶら・・・パットン」
モデラートさん、そうでした。そうでした。
あぶもんもんさんが回想されている「小さく小さく小さくなあれ・・・」
私も思い出しました。
体操の中に「相撲」が組み込まれたものもあったと記憶しています。
当時は「巨人・大鵬・たまごやき」の時代。私は玉乃島のファンでしたが・・・。
記憶違いでしたらご指摘いただければ幸いです。
2010/01/09(土) 17:31:09 | URL | すけきよ
相撲が組み込まれたもの
確かにありましたね。うろ覚えですが、だいたいこんな感じだったのでは…。

よいしょ ~
おすもう よいしょ
ちっちゃいけれど よこづなさんだ
げんきにがんばれ
くよくよするな
うんとこどっこい
おすもう よいしょ

>すけきよ 様
玉乃島…、確か右四つで、とても強かったですね。横綱(玉の海)に昇進して、大鵬の後、相撲界の顔となっていただけに、急死したのには驚かされました。
2010/01/09(土) 20:24:24 | URL | カントスカン
疑問解消
カントスカンさん

相撲の体操の件、
霧が晴れました。
ありがとうございました。
2010/01/10(日) 14:56:39 | URL | すけきよ
● すけきよさん
第一体操「げんきにいちに」の歌詞はこちらです。
http://www.kashizo.com/data/045etc/002_Children/029.html
第二体操「おもちゃのラッパ」の歌詞はこちらです。
http://listen.jp/newtype/animeWord_42354.htm


● モデラートさん
そうそう。飛ぶ時、お兄さんは思いきり飛ぶから滞空時間長いんですよね(笑)。
子供たるこちらも、負けじと思い切り飛び上がる。
いつも思うのですが、なんと幸せな弟さんだったんでしょうね。
ワタクシもそんなお姉さんいたら良かったと思います。


● あぶさん
まあほとんどおかあさんといっしょと同一番組ですからね。
単独番組として記憶している人はあまりいないでしょう。
パッ!トンは4回繰り返しですか。
歌詞については上のリンクでご納得戴けますかと。


● カントスカンさん
ありがとうございます。
玉の海はその型が完成したと言われていた矢先の急死で、
相撲ファンには真に惜しい記憶でしょう。
2010/01/11(月) 13:13:49 | URL | ごいんきょ
おててをぶらぶらぶらぶら・・
あぶもんもんさんが微妙にメロディーが違うと書いていらっしゃいましたが、初めの♪ぶらぶら・・は音が段々上がっていき、2回目の♪ぶらぶら・・は上から段々下がっていったと思います。
ごいんきょさんが4回と書いていらっしゃるので、その上行下行をもう一度繰り返したのだと思います。
2010/01/11(月) 20:50:07 | URL | モデラート
三回? 四回?
 ごいんきょさん、歌詞ありがとうございます。懐かしいというより、なんか遺跡を見つけたみたいに嬉しいです。
 体操に題がついていたとは初めて知りました。元気に一、二の歌詞を見ると、「お手々をぶらぶらぶらぶら・・・」の部分は三回になっています。モデラートさんの書かれたコメントと合わせると、ぶらぶらぶら・・・と音が上がっていくのが2回、下がっていくのが1回だったような気がします。そして、1回目と2回目の「ぶら」は8回ずつ、3回目の「ぶらぶらぶらぶら・・・」だけちょっと多めに(回数は毎回適当に)やっていたんじゃないでしょうか。
 それから、「おもちゃのラッパ」も、最後の野球のところがわかって嬉しかったです。ただ、この歌詞を読んで私の頭によみがえってきたのは微妙に違いました。
 一塁回って トットコトットコ
 二塁回って トットコトットコ
 三塁回って トットコトットコ
 ホ~ ホームイン
最後は体操の着地のポーズで決めていたような気がします(当時はグリコみたいだと思いましたが)。
2010/01/11(月) 23:55:47 | URL | あぶもんもん
急いで訂正(「ぶら」の回数)
 自分で動いてみて思い出しました(笑)。
「ぶら」の回数は、リンクにある歌詞の通り12回でした。
 ぶらぶらぶらぶら と音階がいったん上がり、頭に戻って更に8回つづけて音階が上がるんだと思います。
 このセッションが2度で、3度目のセッションでは4回と8回に分けずに音階が下がりっぱなしで、ちょっと多めにやっていたように思います。
2010/01/12(火) 00:03:50 | URL | あぶもんもん
● モデラートさん
お手々をぶらぶらの部分に関しては、最初が正統、
2回目が下がり、3回目はハチャメチャって感じでは。
3回ですね。最初からそう思ってました(笑)。


● あぶさん
一塁回ってトットコト 二塁回ってトットコト
紹介歌詞の通りだと思いますよ。
2010/01/12(火) 00:49:17 | URL | ごいんきょ
ぶらぶらぶらぶら
わぁ、そうですね。
ぶらぶらは12回で、あぶもんもんさんが書かれているように、1度目と2度目が上行で、3度目が下行だったような。
2010/01/12(火) 17:53:35 | URL | モデラート
うん、そうですよね。
もちろん最初からそう思ってました(笑)。
2010/01/12(火) 23:51:14 | URL | ごいんきょ
えっと・・・おぼろげなのですが
番組のあとにシュールなプチアニメがあって
表現しにくいのですが、○が△を食べたり
それが波線になったりと
すごく印象に残ってるんです。
そのあとにドラマ一休さんを観てた記憶があります。
2010/02/05(金) 01:37:54 | URL | じん
ドラマ一休さんというのは、とんちんこぼうずですね。
あれは気色悪かったです。
プチアニメ含めて、『おかあさんといっしょ』になってからのご記憶でしょう。
2010/02/05(金) 05:46:48 | URL | ごいんきょ
と~~~!
とんちこぼうずという題名だったのですかwwwww
一休さんだとばかり・・・
当時は小学校の道徳の時間に
観音開きの扉を先生が開けて(中にTVが)NHK教育を観ていました。
ぼくらの教室・働くおじさん・題名忘れましたが
♪口笛吹いて~空地へ行った~
など唯一学校で楽しいひと時でしたw

2010/02/05(金) 23:25:31 | URL | じん
とんちこぼうず
確か人形劇でなくブーフーウーやにこぷん等の着ぐるみによる芝居であったのではなかろうかな
何せ白黒画面で動物等でない人間が人間の着ぐるみで演じていたので不気味に感じても仕方なくキャラも正式名の珍念等でなく因縁とか怨念とかと茶化されてもそれでよろしかったかも

ちなみに月曜ドラマランドでは浅香唯ちんや富田靖子ちんによる一休という例もあった
2010/02/06(土) 14:23:41 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
じんさん、熱血王 ガッツィンガー さん
なんか気になって投稿します。
『とんちこぼうず』じゃなくて『とんちんこぼうず』ですね。

着ぐるみはいいですが、顔まで着ぐるみだったんですよね。人間なんだから、顔は素のままメイクとかもでよかったんじゃ・・・。

すけきよ(ここのブログに登場するすけきよさんではありません)のような、顔に密着するめくるお面だったのでしょうか。

口笛ふいてーは『みんななかよし』です。
2010/02/07(日) 00:57:36 | URL | くりお
そう顔も着ぐるみ
今それに近い着ぐるみというとブルーマンというそう交通事故の実験に使用されているダミー人形にも似たものが挙げられるかな
白黒でもカラーでも見た経験があったがやはり不気味以外の言葉はないかも

でもこの作品の声優陣は豪華でいなかっぺ大将でもあるまいに猫役に愛川氏とか起用していたっけ
2010/02/07(日) 15:44:31 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
NHK独特
ガッツィンガーさんくりおさん、こんばんは
とんちんこぼうずですね。

たしかOPで和尚さんが石段を下りてくるシーンがあったのですが
石段なのにベニヤの軋む音がしてて
今思うとNHKらしいなぁw

NHKといえば未来少年コナンがありますが
途中パタパタとキャラが変わる場面がありました
これって元々CM挟む民放も考慮にいれていたんですかね?
2010/02/07(日) 21:19:17 | URL | じん
● じんさん
とんちんこぼうずですね。
よく考えたら、真ん中あたりがNHKにあるまじき事になってますね(苦笑)。
石段でベニヤの音って、よく気付きましたね(笑)。
コナンについては民放に売る事も考慮してたと思いますよ。


● ガッツさん
そう。顔まで着ぐるみの小坊主で、非常に不気味なものでした。
センスを疑います。


● くりおさん
とんちんこぼうずなんですが、なんでわざわざ「ん」を入れたんでしょうね。
NHKにあるまじき発想と思います(笑)。
2010/02/11(木) 13:22:11 | URL | ごいんきょ
ナイス!
私的にかなりオオウケなコメントありがとうございますごいんきょさん!

おそらく、とんちんかんからきているものでしょうが、それならとんちんかんこぼうずでもいいのだが、長いからとんちんになったと推測されますね。
このネタ、暮れからはじめたわたくしのブログに書いてもいいでしょうか。

目が黒目だけだったと記憶してます。
2010/02/13(土) 13:50:06 | URL | くりお
そうですね。
「とんちんかん」がすぐに連想されるから、
ワタクシ含め皆さん、真ん中あたりを今まで見逃してきたのでしょう(笑)。
ご質問につきましては、「当ブログについて」の方をお読み下さい。
ブログ始めてたんですか。
URL記入して欲しかったですが。
2010/02/22(月) 23:54:00 | URL | ごいんきょ
メリーゴーランド
オープニングでメリーゴーランドが出てくる番組を覚えています。
真理ヨシコさんも
その番組に出ていらしたと思います。
真理ヨシコさんは市民会館のようなところでご本人のステージに行った覚えはあるのですが
幼児だったためか途中で眠ってしまいました。というよりも帰りの記憶がありません。
2010/03/15(月) 02:35:58 | URL | 北極
ブーフーウー
ブーフーウーは2000年代の一度だけの再放送(最終回)しか見てません

母が歌っていた
三匹の~子豚~♪

ブーフーウーで使われた曲らしいですが、これは私は知らないです

2016/08/31(水) 13:57:33 | URL | yuya
オオカミ哀悼
オオカミの声の主・永山一夫氏は、北朝鮮帰国後、1980年前後までには亡くなっているようです。かなり以前に。親友だった黒柳徹子が「魔法のじゅうたん」の懐古番組で漏らしていましたので、確かな筋でしょう。

「ブーフーウー」を含めた草創期の幼児教育番組については、1995年にNHKラジオ第一で放送された「NHK幼児幼児教育番組の35年」で、当時の事情が詳しく語られています。偶々エアチェックを持っていますが、「うたのえほん」「おかあさんといっしょ」の生みの親の元ディレクター・阿倍明石さんをメイン・ゲストに、真理ヨシコ、砂川啓介など、当時の関係者が貴重な証言をしていて、なかなか興味深い点が多いものの、ああいうラジオ番組は今後、まず世の出ることはないでしょうね。
2016/09/03(土) 21:48:03 | URL | 権兵衛
● yuyaさん
たしかNHKにそれしか残っていないかと。
『おかあさんといっしょ』ですね。


● 権兵衛さん
魔法のじゅうたんの回顧番組なんて有ったのですか。
うわ。ラジオの方も聞きたくなる番組だな。
誰かYouTubeにあげてくれないだろうか。
2016/09/04(日) 21:31:48 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ