私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ピーコック劇場 (1964)

該当番組画像募集
小林繁さんが大丸社員だったと書いていて、なんかこの記事を書きたくなっちゃいました。
百貨店として有名な大丸には、大丸ピーコックというスーパーマーケット事業も有りました。
おそらく、孔雀の広げた羽(またはその模様)を大きな丸に見立てたものかと思われます。
そんな大丸が提供していたピーコックアワー。
古くは歌謡番組のピーコックショーというのも有ったようですが、
今回はその後番組のこちら、漫画枠の大丸ピーコック劇場の方でございます。

既に手塚治虫の虫プロ、鉄腕アトムが開闢していた、連続テレビ漫画映画の園。
劇場漫画映画と言えば当時はどうしたって東映であり、
しかも、その東映はNET(現テレビ朝日)に浅からず関わっていた…
と言うよりも親会社のようなものでありましたから、
テレビ漫画映画というジャンルを、その道では素人の手塚に牛耳られたままでは
沽券に関わる事態であり、NET&東映は早急なテレビ漫画映画制作に着手。
職人達の意地と技量で『狼少年ケン』という作品をもって神業の早さで追随し、
更に『少年忍者 風のフジ丸』をも続けて発表。
科学路線の手塚に対抗した、人間主人公の作品を連作しました。

これらはいずれも好評を博して長期放送となるのですが、
そのようにドル箱商品と判明したテレビ漫画を更に次々と発表したくも、
なにしろ人と時間と金を食うのがアニメーション制作であれば、
老舗東映と言えども、そうは易々と新規制作体制は築けなかったはずで、
おそらくその準備期間が必要だったのでしょう。
この枠はいかにものそんな感じの、映画放送枠でした。
東映動画が過去に制作、劇場公開した長編アニメーションの面々を、
惜しげもなくテレビで(つまり無料で)放送するという画期的な枠でした。

但し、幾つかの制約があって、放送時間の関係で30分区切りを数週に分けて放送し、
映像的にも、16mmにダウンサイズしてあったり、シネスコでなくなったりしておりました。
映像クオリティは、劇場版よりはかなり劣っていたと思われます。
当時の実見談を見つけました。http://www.style.fm/as/05_column/gomi02.shtml
こんな凄いアニメ実見談ブログが有ったとは初めて知りました。
もっと詳しく語って欲しいところですけど、なかなかワタクシのような
マニアックな観点から語るような人は、そうはおりますまい(苦笑)。
それに拠れば、どうもシネスコの両端をブツッと切って放送していたようですね。
当時ですし、子供相手という事で、かなりナメた制作だったと思われます(苦笑)。

それでも、普通ならわざわざ劇場に行かなければ拝めなかった本格漫画映画を、
テレビで毎週見られるという喜びも、たしかに有ったのだろうと思います。
ラインナップは、『西遊記(4)』『少年猿飛佐助(4)』『シンドバッドの冒険(4)』
『白蛇伝(3)』『安寿と厨子王丸(4)』『わんぱく王子の大蛇退治(4)』
『わんわん忠臣蔵(4)』の7作品を括弧内27週に分けて放送。
その枠は放送当時、『大丸ピーコック劇場』と呼称していたようですが、
資料的には『東映動画シリーズ』として今日伝えられております。
それぞれ週毎のサブタイトルまで付けられていたようですね。

ワタクシは、実は以上のいずれも未見だと思います。
見たような気がする作品も有るには有りますが、記憶には残っていません。
後の東映まんがまつりの頃には、バリバリで観に行っておりましたけど。
そんな事よりも、病的テレビマニアとしましては、放送スタイルの方が気になります。
オープニングはどうだったのか。大丸のオープニングは有ったのか。
映されていたタイトルはなんと表示されていたのか。
CMはどんなものをやっていたのか。予告は有ったのか。
エンディングは有ったのか。終了コールはなんと言っていたのか。

普通の人にはどうでもいい事の数々ですし、故に、ご記憶の方はほぼゼロでしょう。
しかし、中身の映画はフィルムですから、今日見ようと思えばいつでも見られる。
でも、これらは全て正にオンエア、空気に乗って垂れ流しで消えてしまい、
実際に確認する事が出来ないものなのです。
ワタクシは、そうした儚い存在であるテレビ映像というものに感情移入し、
なんとかそれを当時あるがままにして復元したいという欲求にかられた人間であります。
その流れとしてこのブログも始めましたし、そんなワタクシにとって
映画の中身なんぞは、ハッキリ言って二の次なのであります(苦笑)。
そんな半年の準備期間を経て、東映動画は満を持してSF調アニメ『宇宙パトロール ホッパ』を
引き続き大丸提供で発表しますが、こちらはいつの日か、大いに語りたいものです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
みんな馬面
シネスコを切ってスタンダードサイズにしたのは視聴者を舐めていた訳ではなくて、昔はレターボックスでシネスコ放送なんて黒澤作品くらいでしたよね。逆に画面にきちんと収まっていないと、「(一部分)映ってないぞ!」なんて苦情が来るような時代だったんでしょうね。
でもスタッフ、キャストは必ず表示しなけりゃいけないから、OPだけは左右を圧縮して「縦長」で放送していましたよね。映画の画面サイズの都合なんて子供には解らないから、「へ~んなの」なんて思っていました。40代以上の人は皆、そんな記憶があるのではないでしょうか。
2010/01/20(水) 17:29:54 | URL | 石毛零号
ああそうですね。
たしかに、なんでこんな見苦しい形で放送するんだろうと感じました。
ピーコック劇場は、上記の実見談では両端を切ってあったと有りますが。
2010/01/21(木) 06:59:17 | URL | ごいんきょ
ピーコックも消えるのか
先日、大丸ピーコック、松坂屋ストアが、イオンに買収されると発表されました。

大丸ピーコックは、日本のスーパーマーケットでは歴史のある方で、ダイエー、西友が庶民的路線に対して、ピーコックは、少し高級路線でした(東京進出第一号店が青山なのがその証拠です)。

親会社が松坂屋と経営統合したときに(現:Jフロントリテイリング)、松坂屋ストアも同門になりましたが、今のピーコックは、安売り路線か高級路線か中途半端で、不振を極めていました。

そこに、都心部で、高級路線の店舗が手薄なイオンが目をつけて、Jフロントリテイリングは、デパートに専念することになりました。

これから、ピーコックには、トップバリュが続々導入されるのが想像できます。また、店名の変更も予想されます。

日本のスーパーの黎明期からの名前だっただけに、これがまた消えようとしているのは残念です。
2013/04/10(水) 05:21:41 | URL | 10000k
まだ有ったんですか、というのが第一感想なんですが(笑)。
それにしてもイオンかあ。
トップバリューはあんまり好きじゃないなあ。
と言うか、個人的には絶対に買いたくないです、業者の利鞘抑えるデフレ圧力。
と言いながら、ヨーカドーのはたまに買ってたんだけど(苦笑)、
最近はそれもなるべく買わないようにしてます。
正当な労働に正当な代価を、と思うんですよね。
外人労働者は賃金が安いなんて言っている現代の奴隷商人野郎は、呪われろと思いますし(笑)。
2013/04/14(日) 08:36:29 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ