私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -



ママはライバル (1972)

該当番組画像募集
岡崎友紀主演TBS30分コメディ第3弾。
『おくさまは18歳』での溌剌とした愛くるしいキャラクターは、
彼女のコメディードラマとの親和性を発露し、
類例無き特異な役柄のアイドルとして、思春期の男を中心に人気を獲得。
続く『なんたって18歳!』も引き続き好調を持続し、
更なる新シリーズとして始まったのがこの番組でした。

18歳シリーズは、火曜夜7時。
しかし、この『ママはライバル』では何故か放送枠の変更がなされ、
水曜夜7時半への移動となりました。
しかも、続く『ラブラブライバル』では、また火曜7時に戻るのです。
想像するに、岡崎が売れっ子になって、スケジュールの問題が生じたんでしょう。
18歳シリーズもライバルシリーズも面白かったのですが、
こう枠が次々移動しては固定ファンも付きづらく、勢いが衰えました。

この番組では、前作のバスガイドから一転、岡崎は女子高生役に戻ります。
学校で男連中の人気者だった彼女と同じクラスに、
とてつもない美少女が転校してきて、男どもの視線は釘付け。
なんとなく複雑な心境で家に帰ると、父親が再婚相手を紹介。
そう。それが学校でのライバルとなった、純アリス演じるマリだったのです。
そして、学校には内緒の同級生母娘が誕生し、特殊な関係を周囲に隠すための
ドタバタ騒動が巻き起こるという、『おくさまは18歳』を焼き直した作品でした。

この番組での純アリスは、番組出演者として正真正銘、岡崎のライバルで(笑)、
たしかに、男子の人気を奪っていくマリにむくれる岡崎の表情も捨て難かったですけど、
ワタクシは、純アリスの愛くるしさに、たちまち心奪われてしまいました(笑)。
マリの方はライバル視などせずあくまでも娘として見ており、
岡崎を「ツバサちゃん」と呼ぶのですけど、何かにつけて母親ぶってツバサを窘め、
怒り口調で「ツバサちゃん!」というのが、エラい可愛かったんだよなぁ~(笑)。
こんな番組、本人はまあともかく、岡崎サイドがよく受けたものだと思います。
タイプが違うからファン層がかぶらないという判断だったんでしょうか。

純アリスは顔立ちからしてハーフとは思ってましたけど、ニュージーランド系だったようです。
その芸名はこの番組の原作・脚本を担当した佐々木守が名付けたようですが、
たしかに外人っぽい顔なのに、清純な感じがしました。
東京キッドブラザースにいたとは意外ですし、
そこのヤローに持って行かれてたとは…(苦笑)。
まあ、今に至るまで幸せそうなのが救いであります。

父親役が高橋悦史で、この手の番組に出るというのは冒険だったでしょうね。
他のこのシリーズを見渡しても、唯一、なんか色違いな感じはしました(苦笑)。
でも、そんな生真面目な人間が二人の間で板挟みになり、
ちょっと困り顔になるのが、これまでにない面白さを醸し出すという狙いだったんでしょう。
CSのキッズステーションだったかな、で放送された時にワタクシはまた見たのですが、
折しもその放送途中、高橋の訃報が流れる事となってしまったのでした。
その事が影響したのかは知りませんが、何故か放送は途中打ち切りになったかと思います。
その「最終回」ラストシーンは彼の笑顔の止め絵だった記憶で、切なくなったものでした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
あざみの歌
♪ア~ザミ、アザミ、アザミ、アザミ、アザミ、アザミィの花ああ・・・
純アリスといえば、この歌が思い出されます。ロシア民謡みたいな曲でしたよね。
純アリス、ほんとに可愛かったですよね。
2010/01/27(水) 00:09:48 | URL | すけきよ
富士真奈美の名ゼリフ
あくまで主役ですが、この番組での友紀ちゃんは憎まれ役でしたね。
友紀ちゃんシリーズでは必ず「決まり文句」(「ばらすわよ」「誰かが私を呼んでいる~」等)がありましたが、この番組では「怪しい、何か怪しい」でしたね。
2010/01/27(水) 00:28:09 | URL | 石毛零号
純アリスの旧芸名
 たしか当時の新聞記事で、「新しい芸名は純アリス」というのを読んだ記憶があります。旧芸名が何と書いてあったか思い出せないんですが、ごいんきょさんはご存知ではないですか。
>すけきよさん
 私もあの歌、大好きでした。中一の時に「ぎんざNOW」で聞いてレコードを買い、音楽の授業でも(好きな歌を歌えと言われて)歌いました。作詞が岡田嘉子なので、ロシア民謡のイメージで作曲されたんじゃないでしょうか。純アリスはもちろん可愛かったけど、媚を売らずに無表情で歌うのがまた良かったですね!
2010/01/27(水) 18:15:37 | URL | あぶもんもん
おいらの資料では
平凡パンチ504号に,純アリス,本名「久保真理子」とあります。そのころの芸名だったかどうかはちょっとわかりませんが。アンアンでスカウトされたので,そのまま名前を載せていた可能性もあります。
ところで,三菱のランサーセレステのコマーシャルにも出てましたな,彼女。
2010/01/27(水) 21:00:35 | URL | いくちゃん
岡田嘉子?
>あぶもんもんさん

作詞は岡田嘉子なんですか?
あの女優の岡田嘉子ですよね。
知りませんでした。
2010/01/27(水) 23:33:27 | URL | すけきよ
だったと思います
>すけきよさん
 実は私、女優としての岡田嘉子を知らないんですが・・・(*^^*)
 記憶がぼやけて、もしかしたら全然ちがうかもしれませんが、ぎんざNOW! で初めて「アザミの花」を歌ったとき、せんだみつおが「あの岡田嘉子さんが作詞した曲で・・・」のように紹介していたような気がします。私は「ソ連に亡命した有名人」ぐらいにしか知りませんでした。

 純アリスという名前はアメリカの女優ジューン・アリスンから取ったんでしたっけ。それと「清純」と不思議の国のアリスをかけて・・・と新聞記事に書いてあったような・・・記憶があやふやです。
2010/01/28(木) 01:16:16 | URL | あぶもんもん
だんだん思い出してきました
 アザミの花が出る少し前に、「岡田嘉子さん帰国」というニュースをテレビや女性週刊誌で見たような覚えがあり、それで名前だけ知っていたのだと思います。ソ連といえばミュンヘンオリンピックの女子バレーボールが強かったという印象ぐらいしかなく、ソ連から帰ってくるというだけで何故ニュースになるのかと思いました。
2010/01/28(木) 04:18:23 | URL | あぶもんもん
訃報
山之上先生役の夏夕介氏が亡くなったそうです。まだ59歳だったのに(涙)
2010/01/28(木) 05:03:52 | URL | 石毛零号
純アリスさんの「前芸名」について
皆様、御無沙汰しております。甚六でございます。
早速ではございますが、純アリスさんの「前の芸名」は何だったかですが、ズバリ『津々美マリ』ではなかったかと思います。
と、言いますのは同じ時期に「津々井マリ」という歌手がいて、「まぎらわしい芸名だよなあ~」と思ったことが、記憶の片隅に残っていたからです。
ただし、もし、「津々美」と「津々井」が逆になっていましたら、どうか御容赦くださいませ。

それから、夏夕介さんの訃報、本当に残念でなりません。どうぞ御霊が安らかでありますことをお祈り申し上げます。合掌。
2010/01/28(木) 21:44:43 | URL | 甚六
甚六さんありがとう
やはり,わいわい,やるものですなー。中には知っておられる方があるものですね。感謝いたします。
2010/01/28(木) 22:06:11 | URL | いくちゃん
松坂慶子
86年ごろ、山田洋次監督が松竹●周年の記念映画として「キネマの天地」という作品を作りました。
作中、岡田嘉子さんの樺太国境越えのエピソードが出てきます。
岡田嘉子を髣髴とさせる女優役が松坂慶子。岡田嘉子の代役で抜擢された田中絹代をモデルとした女優の役が有森也実でした。

岡田嘉子の亡命後の人生を追ったドキュメンタリーにNHK・BSの「わが心の旅」のシリーズの作品があります。機会があったら、ごらんください。
・・・私はNHKの回し者ではありませんが・・・。
2010/01/29(金) 00:46:24 | URL | すけきよ
ありがとうございます
 いくちゃんさん、甚六さん、ありがとうございます。質問しておきながら、どちらの名前を見てもピンとこないほど忘れていました。(^^;
 すけきよさん、「キネマの天地」は見たはずなのに岡田嘉子のエピソードは忘れていました。また見てみようと思います。
 ごいんきょさん、横レスばかりのコメントですみません。
2010/01/29(金) 17:26:07 | URL | あぶもんもん
● すけきよさん
ワタクシは歌は覚えてないんですよね。
歌番組とかにはあまり見かけなかったような。


● 石毛さん
有ったなあ、「怪しい。何か怪しい」。
眼鏡を光らせながら塀の影で呟くんですね(笑)。

夏夕介さんは、生徒の純アリスさんに思い焦がれている役で、
おくさまは18歳における寺尾聰さんの役回りでした。
ただ、役としてはどうしても二枚目過ぎてねえ。
ちょっと合ってない感じはしました。
やはりヒューマンか太賀誠がワタクシにとっての夏さんかな。


● あぶさん
勿論ワタクシはしりませんでしたが、判明したようですね。
ジューン・アリソンという女優がいた事も知りませんでしたし、
なんか得々情報満載という感じです(笑)。
何度か言ってますけど、ここはワタクシが1を務めるスレという感じで、
横レスとかここでは関係ないですので、掲示板感覚で参加して戴ければと思います。


● いくちゃんちゃん
アンアン出身だったんですか。


● 甚六さん
得々情報満載で再参加して戴いてる甚六さんで、感謝に堪えません。
2010/02/05(金) 06:56:15 | URL | ごいんきょ
歴史的 美女を探す会
動画で 恋のアタック 聞きながらコメントしています。
きれいな方ですよね
2011/03/26(土) 15:27:43 | URL | 村石太マン
純アリスさんですね。
70年代アイドル歌謡イントロそのまんまです(笑)。
2011/04/04(月) 02:05:26 | URL | ごいんきょ
変わらぬ美貌
見てましたよ。岡崎友紀ファンの私としては、毎回、友紀ちゃんを子ども扱いする純アリスママがいやでしたね。きれいだったけど。
今でも、時々、通販で純アリスさんをお見かけしますが、おそらくアラシックステイーだと思われますが、衰えぬ美しさがありますね。
2014/08/14(木) 10:43:25 | URL | みのモンタナ
あーそうでしたか。
ワタクシなんぞは、ああいう大人ぶる女の子の可愛さって好きですけどね。
今でも活躍されてますかあ。
2014/08/15(金) 07:29:41 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ