私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



女と男 聞けば聞くほど‥‥ (1987)

女と男 聞けば聞くほど‥‥
土曜の午前と言えば、朝からトーク番組が花盛り。
これは昭和の40年代から平成の今に至るまで、きっと同じなんじゃないでしょうか。
理由としては、平日の午前中はどのみち視聴率が期待できないので、
主に再放送なんかがどうしても昔は多かったのですが、
土曜日となるとそこそこ週休二日も増え始めていたし、
子供達も半ドンだったので主婦連もお弁当の世話がいらず、ゆっくりできた故、
土曜の午前はゆったりテレビを見られる層が、結構計算できたのでしょう。

そこで新規の番組制作をと考えるも、所詮は午前中であれば高視聴率は計算できない。
従いまして、どうしても予算を抑える必然性が生じてくる。
そんな場合に打って付けなのがトーク番組でして、ちょっとしたソファと
軽い飾り付けさえあれば、あとはゲスト次第でいくらでも絵になるんですな。
基幹部分を除いて、制作にかかる金は、ほとんど司会とゲストの出演料のみ。
そこを上手く利用して、まだまだ力不足だった当時のテレビ東京なども、
ミエと良子のおしゃべり泥棒が当たって以来、これでもかとトーク番組を量産してましたっけ。

この番組は、突然ガバチョ!でほんの一部にだけ関東進出していた笑福亭鶴瓶が、
初めて関東で本格トーク番組に挑んだと言えるものだったと思います。
鶴瓶が関東で認知された最初は、おそらくユニチャームのCMだったと思いますが、
それで顔が売れ、日曜午後の歌謡びんびんハウスの司会などで関東にも徐々に進出。
そして土曜午前のこの番組と、一歩一歩関東での地歩を固めて行った頃ですね。
この番組も時間帯が時間帯なので、大ヒットというわけでもありませんでしたが、
かなりの長期放送となっているので、占有率はかなりのものだったんでしょう。

もっとも、初代司会は三波豊和と三雲孝江だったようですけど、
ワタクシはそちらは覚えてないんですよね。
やはり記憶に残るのは、鶴瓶と酒井ゆきえの名コンビでした。
この二人は、90年代に入ってからも、『らくごのご』で司会コンビを組むのですが、
まさか鶴瓶が、我らのゆきえ姉さんを口説こうとしてたわけじゃないででしょうな。
「やらせろ」なんて下品な言葉で、それも番組中で堂々と大島智子を口説いていた
化け物アゴ男とは違いますか(笑)。

この番組の肝は、ゲスト人選の妙に有ったと思います。
新聞などでゲスト男女の名前を見ると、「ん? この二人ってどんな関係なんだ?」
と、ちょっと関連性が想像できない感じの組み合わせが多かったと思います。
大体はご多分に漏れず、舞台や映画の共演者同士だったりしたのですが、
プライベートでも付き合いが有ると言う、意外な組み合わせもよく見ました。
ここでは鶴瓶は笑いに走らず、丁寧に話を聞き出す努力をしており、
それに控えめに話に乗ってくる酒井ゆきえも好感持てるアシストぶりで、
二人とも、土曜午前に必要とされていたであろう、
落ち着いた雰囲気を意識していたんだろうと思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
イトーヨーカドーで収録してましたね
三波さんと三雲さんのころは知らなかったです。
気がついたら、いつの間にかはじまっていて、結構楽しみにしていたのに、王様のブランチにいきなり変わってしまったって感じ。
中村玉緒さんの面白さを知ったのもこの番組だったなぁ~。
関根勤さんとの組合わせでした。
この回と、あまりトーク番組に出ない石立鉄男さんと赤木春恵さんとの回、伊丹十三さんと宮本信子さんとの回を録画したんですけど、もっと録っておけばよかったなぁ~って思います。
栗原小巻さんと秋野太作さんが出られたとき(俳優座養成所の同期。花の15期生だった!)、秋野さんのあだ名が「ピーター」だったという話をされていたり(ピーターパンみたいだったそうです)、思いがけない、意外なエピソードがたくさん聞けて、トーク番組の中でいちばん好きでした。
だから終わっちゃって本当に残念でした。
2010/01/30(土) 18:42:05 | URL | ななお
茨城県で公録
そうそう、この番組はイトーヨーカドー取手店での収録でしたね。東京局の番組なのに珍しいなと思いました。
2010/01/31(日) 00:27:40 | URL | 石毛零号
● ななおさん
そうですね。ワタクシもその二人は気付かなかったですし、
ウィキペディアでも激スルーですね(苦笑)。
よく考えると、ゲストで出た二人に過ぎないのかも。
だとすると、かなり意外な組み合わせですが(笑)。
玉緒さんと関根さんは見た気がするなあ。

そうそう。つい本文で肝心な事を書き忘れてしまいましたが、
この番組は、ゲストに男女一人ずつの組み合わせで呼ぶというのが独自性でした。
石立さんがトークに出てたなんて超ビッグニュースです。
それは是非見てみたいものですが…

小巻さんのエピソードも見た気が…
しかし、早速の充実コメント、嬉しいです。
本当にその番組を好きで見ていた人のコメントは、読んでいる方も気分良くなりますね。


● 石毛さん
ヨーカドーとは気付きませんでしたが、毎回同じ店だったんですか。
2010/01/31(日) 08:02:15 | URL | ごいんきょ
「水もれ甲介」つながり
赤木さんとは「水もれ甲介」で知り合ったそうで、このトーク番組でも「おかあさん」って呼びかけてました。
石立さんたくさん話してらっしゃったなぁ~。
トーク番組は「徹子の部屋」くらいしか出ていないとか、とても怒りっぽい性格で、後に仲良くなったけれど、横綱・北の富士さんと喧嘩しちゃったとか、それに、鶴瓶もよく聞いたなぁ~って思ったんだけど、吉村実子さんとのことも話してらっしゃいました。
これは1995年の放送でしたけど、「20年会ってないです。」って。
「水もれ甲介」のときすでに別居してたそうで、そのせいか遅刻の常習で、赤木さんにお説教されたとか、お酒を飲めなくてハイミナール飲んでいたら、杉浦直樹さんに「そんなんじゃ体を壊しちゃうから酒を覚えろ!」って言われて、ハイミナールをやめられたとか。
だから赤木さんと杉浦さんには頭が上がらないともおっしゃってました。
2010/01/31(日) 14:48:27 | URL | ななお
公録スタジオ
初期はイトーヨーカドー取手店での公録でしたが、鶴瓶の頃は別の場所での収録だったと思います。
同取手店はスタジオを持っていたのかなあ。同じ頃、文化放送の「東急サウンドパラダイス」というアイドル公開番組も収録していました。
2010/01/31(日) 15:37:40 | URL | 石毛零号
● ななおさん
いやあ、ぜひ見たいなあ。
そう思っている人、多いと思います(笑)。
吉村実子さんについては初めて知りました。
石立さんが結婚していたのも知りませんでしたが、
芳村真理さんの妹というのも知りませんで、得々情報満載という感じです(笑)。

赤木さん、水もれ甲介でお母さん役でしたね。
杉浦さんとはそのような切っ掛けで親友となったようで、
一緒にレコードも出してますね。


● 石毛さん
なんか対応できる状況が有ったんでしょうね。
2010/02/05(金) 06:26:50 | URL | ごいんきょ
英語で何と言いますか?
昭和63年頃だったと思います。ゲストが布施明さんと山口美江さんの回で、
「海外生活(異文化)」や「バイリンガル」などが話題になったと記憶しております。
そして「海外では通用しないカタカナ語」と題して、こんなやり取りがありました。

クイズ「これは英語で何といいますか?」
① 取っ手が付いた陶器のカップを示して、「さて、これは何ですか?」
鶴瓶:「こんなん…、マグカップでっしゃろ」
布施&山口:「これは、MUG(マァグ)!」
② 飲み物をかき混ぜる細い棒(かくはん棒)のことを…、
鶴瓶:「これは、マドラーでんがな」
布施&山口:「STIRRER(スターラー)!」
③ “コの字型の針”を使って書類を綴じる、おなじみの文房具が出てきて…、
鶴瓶:「今度こそ間違いない、ホッチキスや!」
布施&山口:「ノー! STAPLER(ステイプラー)!」

…鶴瓶さんがタジタジになったのは、言うまでもありません。
なお、②のマドラー(MUDDLER)は正真正銘の英語ですが、
英語本来の意味は「かくはん用の細い棒」ではなく、カクテルを作る際に用いる、
形状が「スリコギ」に似た道具のことです。
蛇足ですが、①のマグカップがいわゆる和製英語、③のホッチキスは商品名です。

おじゃましました。
2011/09/09(金) 22:50:36 | URL | 甚六
あ。多分その回見たなあ。
布施さんも英語堪能だったんですね。
当たり前か。
2011/09/11(日) 20:24:46 | URL | ごいんきょ
覚えてる~
布施さんと山口さんの、私も見ました。
へぇ~!って思ったのが、布施さんが仰ったのかな確か、「“徳川幕府”は英語では“Tokugawa Tent Government”(トクガワ・テント・ガバメント)って言うんです」って。
なるほど、幕はテントだよなぁ~って思ったのと、布施明って英語できるのねって、あらためて思いました。
2011/09/16(金) 16:17:45 | URL | オリビア
ワタクシも見たような気はするんですが。
幕府って、本当にそんな英訳なんですかね。
じゃあ朝廷は Sunrising Governmment とかですか。
2011/09/18(日) 17:23:15 | URL | ごいんきょ
ゆきえさんにコーヒー運びさせて、けしからん番組だった。
2015/09/17(木) 21:33:55 | URL | (ハンドル未記入)
コーヒー運びやってましたっけ。
末期とは言え昭和時代、女はお茶汲みって意識が色濃く残ってたんでしょうね。
2015/09/23(水) 20:54:25 | URL | ごいんきょ
イトーヨーカドーでの収録
「女と男 聞けば聞くほど…」懐かしい!!鶴瓶さんとゆきえおねえさんが司会をされていたトーク番組でしたね!!この番組って、イトーヨーカドーで収録されていたんですか!?イトーヨーカドー取手店で収録されていたんすか!?他のイトーヨーカドーの店舗では収録はしていないんすか!?取手店オンリー…??
2015/09/26(土) 11:11:43 | URL | マスダっち1971
イトーヨーカドーの商品券
この番組の懸賞で、イトーヨーカドーの商品券1万円分が当たったことがあります。
貧乏学生だったので、とても助かりました。
2015/09/27(日) 10:36:14 | URL | (ハンドル未記入)
● マスダっち1971さん
ヨーカドーでは取手店って事でしょう。
その後はまた別のようです。


● 未記入さん
ああいうのって、本当に送ってるんだ(笑)。
それにしても一万円とは太っ腹な。
2015/10/04(日) 15:54:31 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ