私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



冒険コロボックル (1973)

冒険コロボックル(1973)
『おんぶおばけ』も放送一年になろうとした頃、住友生命のおばさんが
持ってきてくれる『すみせいテレビメイト』の会報に異変がありました。
キャラクターが変わったのです。
ワタクシは、おんぶおばけが終了したらこの会報も無くなるんだろうと
思っていたので、継続が判り嬉しかったのを覚えています。
でも、やはり放送は見ませんでした。 ごめんなさい (^▽^;
『おんぶおばけ』以来、住友生命提供の名作劇場枠とも言える
土曜7時の日テレ。その第二弾がこの、『冒険コロボックル』です。
北海道、アイヌ民話の登場キャラとして既に一部では知られていた
小人のコロボックルを、より子供ウケするアニメキャラにしました。

小人のボックル、ラブラブ、クスクス。
彼らは日本伝承の座敷わらしにも似て、普通の人間には姿が見えません。
街に出た彼らは、なぜかただ一人自分達が見えるせいたかくん
という少年と出会い、そこから4人の生活が始まるのでした。
このラブラブがね、かなり可愛いので気になってました。
それでも見なかったんですがね(苦笑)。

主題歌をペギー葉山が歌ったのが印象的です。
当時は既にアニソン歌手というジャンルが出来つつあって、
大抵のアニメで聞いた事がある歌声でしたしね。
本格歌手として有名だった彼女の歌は、たしかに新鮮でした。
ワタクシらの小学校の音楽の教科書には、彼女がNHKで歌っていた
『学生時代』も載った事があり、優等生的な歌声ではありましたね。
だから、このような名作シリーズっぽい作品の歌手に起用されたんでしょう。

おんぶおばけ1年、そしてこのコロボックル半年で、
日テレでのすみせい枠は無くなります。
ワタクシはそれで今度こそテレビメイトも終わるだろうと思っていたのですが(笑)、
局を変えて『小さなバイキング ビッケ』が始まり、
すみせい初のヒットアニメに育ったのは、既報の通りです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
今日も病院行ったから昼コメ
今人気のムシキングがこの森の小人か妖精という設定でキャラが居て悪い妖精に操られた甲虫と主人公側の甲虫とが戦うっつう風なストーリーだという事は御存知かな??????
だからして30年前後の時を経て設定が生かされた事にもなろうて

psたまに夕方のニュースがしょうもない時や甥っ子が訪ねてきた時しか見ないもののストーリーも比較的しっかりしている方だしキロロのテーマソングも名曲の内であろうから一度ムシキング御覧になられては
2005/07/29(金) 13:29:36 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
ムシキング
いや、初めて聞きましたね。人気なんですか。
そもそもこの年になると、だんだんとテレビを見ること自体が苦痛になっていて、
みのもんたの朝のニュース番組を見るくらいですかね。
まあ、本当の人気作品なら、ワタクシのような人間でも、
そのうちにイヤでも認知できるようになるでしょう。
さすがにポケモンだのハム太郎くらいはわかりますからね(笑)。
2005/07/30(土) 05:03:33 | URL | ごいんきょ
冒険コロボックルは
ちょうど北海道北見の保育園時代に本放送で、釧路の小学校時代に再放送で見ていました。
10年くらい前に図書館にあった昔のテレビ番組の主題歌集のCDでペギーさんが歌うOPとEDを聴いたときは、本放送を見ていた北見の保育園時代の楽しい思い出が蘇りました。

しかし「おんぶおばけ」に続く土曜19時のよみうり制作スミセイ提供枠が本番組終了と同時にフジテレビに移り「ビッケ」が始まったとは。
「ビッケ」は放送開始の年に当時父が勤めていた乳業会社とのタイアップでキャラクター指人形プレゼントのキャンペーンをやっていて、乳酸飲料のラベルを5枚集めて応募した中から抽選で当たるものでしたが、僕のところは応募しなかった代わりに、父がビッケだけの指人形を持って来てくれて、数年間その人形で遊びました。
2014/11/10(月) 23:27:41 | URL | リオ
コロボックルものですと、80年代にも『メモル』なんか有りますが、
幼児期に見たらいい感じですよね、この手のは。

ワタクシがすみせいテレビメイトに加入していたのは『ビッケ』途中まででしたが、
その次に『シンドバットの冒険』もやっていたようです。
『おんぶ』の頃から一社提供ではなかったようですけど。

協同乳業ですか。
そこも提供の一社だったのかな。
2014/11/11(火) 07:08:33 | URL | ごいんきょ
いいえ
雪印です。
2014/11/11(火) 09:40:29 | URL | リオ
ああ、雪印ですか。
提供の一社だったのでしょうね。
2014/11/11(火) 23:18:49 | URL | ごいんきょ
キャストの面々が凄かったね(^^)
「冒険コロボックル」ですが、リアルタイム時はあまり覚えていないので…再放送でなら覚えていますね。なんといってもキャストの面々が凄かったね。ボックルが鈴木ヤスシさん、のちにキンカン提供の「素人民謡名人戦」の司会としても有名になる訳だし、ラブラブが小原乃梨子さん、そして極め付けがクスクスが…シンペイちゃん(坂本新兵さん)ですよ!!あと、せいたか君の声が当時10代だった長谷川 諭さんですからね(^◇^;)
2014/11/17(月) 18:46:50 | URL | マスダっち1971
鈴木やすしさんは、昭和30年代から子役・歌手として活躍されている方ですよ。
素人民謡名人戦の前から有名だったのです(笑)。

あと、主題歌がペギー葉山さんですしね。
ペギーさんもポンキッキの前から有名な人でしたので(笑)。
2014/11/17(月) 23:07:51 | URL | ごいんきょ
鈴木やすしさん
鈴木やすしさんって…昭和30年代から子役・歌手で活躍されていたんですね!!芸歴が長いんだね。そうだ!!鈴木やすしさんって…アニメ「おじゃまんが山田くん」で、ヨシダさんの声もやってたよ!!
2014/11/18(火) 10:48:47 | URL | マスダっち1971
そうですか。
昔から知っている人なら、鈴木やすしさんと言えばジェニジェニになると思いますけどね(笑)。
2014/11/20(木) 06:48:37 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ