私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



大岡越前 (1970)

大岡越前 (1970)
♪ 明るいナショナル 明るいナショナル
  みんな うちじゅう なんでもナショナル

で始まる月曜夜8時のナショナル劇場。元々は現代劇もやっておりましたが、
水戸黄門ヒット以降はしばらく時代劇オンリーになり、
半年ずつの入れ替えで、この大岡越前もラインナップに加わります。
加藤剛の当たり役ですね。松本人志の考えるハンサムの代名詞(笑)。
テレビ音楽の雄・山下毅雄のテーマソングも印象的で、
ワタクシは大好きだったのですが、恐かったとか語ってる有名人もいますな。
この曲でも、しっかりと氏の口笛がかぶさってます(笑)。

そもそも三方一両損とか、いわゆる越前話というのは当時から知られていて、
このドラマでも毎シーズンのように、それらはドラマ化されました。
すっとびの辰三役の高橋元太郎は、水戸黄門でも八兵衛でキャスティングされ、
同じ枠である安心感をさりげなく視聴者に与える戦術を感じます。
越前の親友、医師の榊原伊織・竹脇無我が、加藤剛といいコンビでした。
猿の三次の松山英太郎、村上源次郎の大坂志郎も懐かしいですね。
妻の宇都宮雅代も当時ならではの女優で、好きでした。
『パパと呼ばないで』の米屋の旦那がエラくハマッてた大坂志郎(笑)。
チー坊の方は鮎川義介子孫の玉の輿に乗って、
きっと旦那も天国で喜んでおいででしょう(笑)。
徳川吉宗はクイズ・タイムショックを後に司会する山口崇でした。
越前・大岡忠相の父役で、大御所・片岡千恵蔵もキャスティングされました。

この枠の時代劇はこの当時、越前、黄門、そして『江戸を斬る』の
3つが定期的に交代で流されていました。
高橋元太郎が水戸黄門とこちらとに出ていた様に、
江戸を斬るで遠山金四郎を演じた西郷輝彦が、この越前にも出演しています。
キャストの一人を継続させ枠に統一感を持たせるスピン・オフという手法ですが、
TBSはなんだかこれを好んで用いる様な気がしますね。

黄門も金さんも、そしてこの越前も、時代劇はみ~んなパターンは一緒です。
前半で町人、貧乏人が無体な目に遭う。
代官などの悪公権力がへらへらとのさばる図を流す。
主人公は正体を明らかにしないで悪者はのさばる一方。
視聴者にフラストレーションをこれでもかと与える(笑)。
で最後の1パートになると主人公側が斬りかかり、チャンバラが繰り広げられ。
いよいよ45分頃になると(笑)、主人公が大見得を切る。
その後は大抵ひれ伏すわけですが、まれには死なばもろともと
最後の反撃を試みる奴もいて、軽い意外感を与えたりしました。
まあ、シリーズが何年も続けば、当然それもパターンの一つになるんですが。
時代劇を一つの様式美として昇華させたのがこの枠とも言えるでしょう。
『北斗の拳』や『聖闘士星矢』などにもその血脈は受け継がれており、
日本人のDNAに、この手のワンパターンは組み込まれたのでしょうか。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
この番組での吉宗
秋刀魚の塩焼き一尾に小判入りの財布をまるごと与えたりとか大凡質素倹約とはいえない姿を何回か見せている
中間管理職で宮仕えの身でありつつも主役なのでその他にも越前が吉宗を諫めている話も何回かあった

ちなみに今サントリービールのキャンペーンにてマツケンの吉宗も豪華景品がー当たると質素倹約の推奨者とはいえない姿を振りまいている
2009/09/20(日) 16:18:32 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
無我氏 追悼
でもこの作品で追悼となると医者の不養生みたいかな

でも伊織役も彼のライフワークなので
さすがに吉宗は諫めなかったが
2011/08/22(月) 22:48:51 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
あら。
これだけの名番組のコメントが2つだけで、しかも共にガッツさんとは)。
2年経っての返信で申し訳ありません(笑)。

吉宗公の時代でしたっけ。
たかだか奉行が将軍を諭せるはずない時代ですけどね。
まあフィクションですからね。

榊原伊織。
越前の親友で、折々に友情を描いた話がちりばめられてました。
実直な役柄は無我さんの真骨頂でしたね。
2011/08/26(金) 04:24:06 | URL | ごいんきょ
NHK BS
にて、最近、リメイクを何度か放送していましたね。リメイク嫌いのごいんきょさまはご覧では無いと思いますが。(笑)越前が東山紀之、伊織が勝村政信で、意外にハマっていたように私は思いました。でもなぁ、やっぱり加藤剛と竹脇無我ですよねぇ。(笑)
2014/02/11(火) 20:36:37 | URL | ろみたん
ええ。見てませんね(笑)。
でも時代劇は、いろんな役者が演じていくという伝統は有りますので、まだ許せますけど。
大体、勝村さんと言われてもわからいんですよ(笑)。
2014/02/13(木) 04:03:36 | URL | ごいんきょ
第4部を見ています
時代劇専門CHで毎日10時から放映していますね。初HDらしいんですが画像はともかく音が良くないです。←(そんな事は時代劇専門CHに言えばいいですね。)スポンサーのナショナル絶頂期にて主要キャストも豪華ですね。一昨日は柳生博さん、昨日は吉沢京子さんがゲストでした。40年前の作品にてお二人とも凄く若かったです。←当たり前の事、失礼しました。
2014/03/21(金) 08:57:52 | URL | とらお
時代劇専門チャンネル、いいですよね。
見るモノが無い時はそこに入れとけば間違い無いという(笑)。
ただ、CAL作品、水戸黄門とか大岡越前とか、改竄が酷くてワタクシは嫌なのです。
オープニングが放送時と全く違うのでね。
2014/03/21(金) 23:04:10 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ