私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



とんでもない夜 (1983)

該当番組画像募集
中森明菜が歌った『少女A』というタイトルは、結構インパクト有りました。
それは、Aという言葉が「キス」を表す隠語として広く流布された当時だったからで、
名前を隠さなければ言えないような事という連想と、その連想とのダブルマッチングで、
歌詞も、あのあどけない明菜がそんなような事を匂わす内容でしたから、
さかりのついた年代の妄想を刺激したのがヒットに繋がるのですな。
ちょっとエッチなミルキーっ子というのがキャッチフレーズなだけはあります。

そして翌年、明菜のような小娘など問題にならぬキャリアを持ったお方、
かなりエッチな雰囲気のミルキーあねさんてな方が、
その立場からのパロディソングを世に投げかけてきたのでした。
そのタイトルも、まんま、『熟女B』。「熟女」という言葉の出始め当時でした。
もう少し考えられないのか(苦笑)、と少々呆れはしたものの、
みどり姐さんはワタクシ好みの人でありますから、笑って許したものであります。
べつにワタクシに許されずとも、何もどうもなりませんが(笑)。

その歌を発売した時に、いいともだったかな、三枝の美女対談だったか、
その事を報告したらば、やはり司会者にはまず笑われてましたですね、タイトル(笑)。
続けて、どんな歌なんですかと問われて答えた歌詞の出だしが凄かった。
「バナナの皮を剥くように」 うわー、いきなりかい(笑)。
「私の服を脱がせたら」 今度は直球ど真ん中かい(笑)。
少女Aのような仄めかしではなく、さすがは諸肌脱いだ姉御だけはありました。
本人も、「最初に歌詞を聞いた時は驚きましたけどね」とか言ってましたけど、
ご自分が選んだ路線を忠実に演じ上げたプロ根性に脱帽であります。

そんな『熟女B』発表の話が出てすぐの番組がこれで、
事務所サイドでかなりプッシュかけてたんでしょうかねえ。
当然、番組中でも歌っていたように思います。
局は? 勿論アナタ、エログロの12チャンネルに決まってるじゃないですか。
当時の五月みどり姉御が冠トーク番組を持つっつったら、ここしかないでしょ(笑)。
てなわけで、正式タイトルは『五月みどりのとんでもない夜』でした。
こんなタイトルが土曜深夜1時半に載っててごらん。
健康な若者たちが、なんとなく見たくなるのが目に見えるではありませんか(笑)。

内容はまあ、ごく普通のトーク番組だったんですけど、
時間帯が時間帯だし、ホステスがホステスですので(笑)、
どうしても艶っぽい話も少しだけ混ざるという感じでした。
ただ、あまりに露骨な話とか映像は無かったと思いますね。特に五月は。
そこいらの分別が、いくら脱いでも下品にならない、みどり姉御の智恵というものでした。
ワタクシが熱中したテレビ番組ライフタイムランキングでトップ10に入るであろう、
明石家さんまの『サタデーナイトショー』の少し後の時間に始まる番組で、
そちらの方を見て、何故か世界情勢や人生について考えたくなる時を経てからだったので、
露骨なエッチ場面が無くても特に不満等は感じなかったものです(?)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
さすがに・・・^^;
 この番組は見たことがなく(北海道ではやってなかった?)「熟女B」の歌も聞いたことはありません。(「熟女」が一発で変換できたのには驚きました^_^;)
 ただいかにも彼女らしく、また、テレ東らしい番組だな~、という雰囲気は伝わって来ました。
 83年ということは私は小学6年生。そろそろそのようなことに興味を持ち始めてもおかしくない年頃ですが、もしこの年齢で五月さんに興味を持っていたとしたら、それはさすがに時期尚早と言いますか、マニアックすぎますかね?
 そんな彼女も最近は原点に戻ったのか「歌手」(おもに懐メロ関係)としての活躍が多いような。
2010/02/15(月) 17:10:49 | URL | 北国の人
いやあ、あの当時の五月さんは本当に可愛かったですよ。
あの当時というか、ワタクシは『伊東家』の頃でも充分イケました(笑)。
2010/02/22(月) 01:21:51 | URL | ごいんきょ
『熟女B』!!
今、マイブームなんです。『熟女B』!
某動画サイトで数十年ぶりに聴いてから、すっかり魅了されてしまって(笑)
衝撃的な詞はなかにし礼さん作なんですね~。
なかにし作品は他にも『時には娼婦のように』とか『あぁ落ちる』とか、当時少女だった私には刺激的過ぎる内容でした(でも好き・ヘヘッ)
カラオケには残念ながら無いみたいですね。『後ろから前から』はあるのにぃ(笑)

この番組の存在は今まで知らなくて。“サタデーナイトショー”は憶えてるんですが。全く記憶にないのが不覚です。セクシー番組は欠かさなかった私としたことがぁぁ!
でもごいんきょ様の“普通のトーク番組だった”との記事で、あぁ救われた~という思いです(笑)
2010/11/30(火) 01:04:06 | URL | カピバラ
そうですか。
でも、女性がカラオケでこれを唄うってのは凄い図だな(笑)。
「後ろから、前から、どうぞ~」とか言われてもムラムラ来ますけどね(笑)。

「ああ落ちる」をご存知とは通ですな。
岸本加世子さんがフルヌードで、「ああ落ちる…」と呟くオープニングの『真夜中のヒーロー』。
セクシー番組を欠かさなかったカピバラさんなら、当然ご覧だったのでしょう(笑)。

普通のトーク番組というのはあくまでも形態で、
内容はそれなりにキワドイ感じの話も有りましたよ。
映像も無いその程度なら救われるんでしょうか(笑)。
2010/12/01(水) 02:49:24 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ