私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



胸キュン刑事 (1987)

該当番組画像募集
たしか少年マガジンで連載されていた漫画で、
遠山光って、露骨な人気取りのエロ描写過激コミックで名を成した漫画家で、
この漫画もモロにその路線でした。
主人公の女刑事には特殊能力が有って、犯人がわかってしまう。
それは、犯人がいると胸がキュンと… と書くとロマンチックになっちゃうかな、
おっぱいがキュンとうずくんですよね。ロクでもない漫画でした(苦笑)。

一応は捜査ものの範疇にも入る事になりますけど、そんな案配ですから
ミステリー要素はほぼ皆無で、力業で犯人はわかるわけです。
むしろ力を入れて描かれるのは捜査過程よりも、その犯人を女刑事がどう捕らえるか。
なにしろ証拠は無いわけです。なので、同僚にも相手にされないし、
女一人、独力で凶悪犯にも近づかなければいけない。
すると当然危険な目に遭うわけですけど、主人公は漫画ならではの
カワイイ女性刑事ですから(笑)、危険な目とは、あんな事やこんな事も入ります(笑)。

そんな逮捕過程のハラハラドキドキと、それに伴うエッチ描写が有ったのは知ってましたが、
自分は当時もう少年漫画からは足を洗い始めた時分でしたし、その漫画家の漫画は
まったくワタクシの肌に合わないものでしたので、全然好きな作品じゃなかったんですよ。
でも、実写化されると聞いた時には、何故か見る気になってしまった。
うーむ。我ながら、なんと心の広い、社会への滅私奉公の男。
きっと、けしからん描写で社会風潮を汚すのではないか、監視せねばと思ったんでしょう。
漫画は大したことないが、これが実写になるとけしからんかもしれぬ!

何しろ放送時間が土曜夜7時半でしたからね。
そんな一家団欒のひとときに、けしからん映像が出ては許せないではありませんか。
単純に興味本位も有りましたけど。この時間帯でどこまでアレを実写化できるか。
結論を言えば、そんなにはけしからん作品ではありませんでした。
そらまーそうですよね。時間が時間だし。
ささやかなおパンチラくらいは有ったのかもしれませんが、その程度で、
ワタクシの社会奉仕意識も急速に萎え、一応全話録画したのはすぐに消しました。
全話録画していたのか、一時とは言え(苦笑)。

注目していた胸キュンシーンは、胸に風船を入れて膨らませてるのが丸わかりの、
「キュキュキュキュキュキュン」とか女声ジングルが響きながら、
おっぱいが膨張するイメージ映像の使い回しで、これもけしからん映像ではなく、
ハッキリ言ってやる側に、いろいろな意味での覚悟が足りない、中途半端な作品でした。
大体、少年漫画原作とは言え夜7時台にやる作品じゃなかったです。
せめて10時台以降にして、それなりの女優を使って攻めていけば、
化ける可能性もゼロじゃなかったかもしれない事は、ミニスカポリスのヒットで明らかでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
年齢詐称?
当時は大阪に居りました。大阪(ABC)では、『胸キュン刑事』は土曜日の18:00からでしたよ。

『胸キュン刑事』がスタートして間もなく、今は無き「週刊宝石」のグラビアで、主演の梶原真弓さんが紹介されていました。その記事では1967年生まれの20歳となっていました。

ところが、数年経って、あの「シェイプアップガールズ」が出てきたとき、梶原さんのプロフィールを見て「あれ?」に…。
何と、1969年生まれになっておりました。
「それじゃ、あの週刊宝石の記事はウソか!」「いや、もしかしてサバを読んでいるのでは…」などと、どうでもいい事を当時は悶々と考えておりました(別に、ファンでも何でもないのにね~)。

やがて、梶原さんが結婚・出産という頃の記事では、年齢は元の通り(1967生)に修正(?)されておりました。
要するに「シェイプ…」では、他のメンバーとのつり合い等々から、年齢を操作していたみたいですな。
また、修正もドサクサにまぎれてというのか、以前ほどの勢いが無くなったところで直した…ようですね。

「梶原真弓」というと、たった2歳ではありますが、「年齢詐称」というイメージが刷り込まれてしまいました…。

この他にも、年齢をごまかしていたタレントはゴマンといますが、ここは暴露のブログじゃ無いので、以下省略と致しましょう。

おじゃましました。
2010/02/16(火) 17:07:48 | URL | 甚六
通りすがり
こんばんは。

梶原さんはシェイプに加入してからは、一番地味な存在になってしまってましたよね。
年は最年長でしたが、子供声な感じでしたので、声だけで言えば一番若い声だったと思います。

シェイプのVシネマ実は所有してますけど、それ見る限り、
事務所的には今井恵理を一番プッシュしていたようですが。

今井は結婚でほぼ引退となり、中島史恵はたまに旅番組のリポーター、
リーダーの三瀬真美子はテレ朝深夜の通販番組で準レギュラー、梶原は殆ど見かけないですね。

ちなみに胸キュン刑事は放送前に、水曜スペシャルのドラえもん特番で、
ドラえもんとアニメと実写でコラボしていたのを覚えています。
とてもドラえもん視聴者とは被らなさそうで、
PRする番組のミスなんではないかと思いましたね。
2010/02/16(火) 21:47:23 | URL | (ハンドル未記入)
TBSオールスター大感謝祭
梶原真弓選手は、TBSのオールスター大感謝祭の水泳大会に出場。
当時連戦連勝の井上晴美に土をつけました。
髪についた水をタオルで落とす井上女史の悔しそうな表情ったらなかったですね。
定番ネタでした。
2010/02/17(水) 01:31:12 | URL | すけきよ
● 甚六さん
ああ、この番組は全国ネットじゃなかったでしょうね、これじゃ(笑)。
あ、梶原さんって、シェイプアップガールズにいたんですか。
それはまったく気付かなかったな(苦笑)。
まあ昔は芸能人、特に女性タレントの年齢なんて、嘘八百でしたからね。
今じゃ声優が嘘すらつかないですけど、あれってなんか嫌だなあ。


● 未記入さん
シェイプアップガールズとかギリギリガールズとか、
そんなグループが90年代冒頭は幾つも出てきましたっけ。
ドラえもんとの共演は知りませんでした。
たしかにミスマッチですわなあ(笑)。


● すけきよさん
井上晴美さんもグラビアで活躍してましたけど、
まさかの剃髪には驚いたなあ。
あの胸で泳ぎが早かったんですか。
浮力の関係で、あまり重さは関係ないんでしょうかね(笑)。
2010/02/22(月) 01:19:59 | URL | ごいんきょ
≻胸キュン刑事は放送前に、水曜スペシャルのドラえもん特番で、
ドラえもんとアニメと実写でコラボしていたのを覚えています。

たしか「超人機メタルダー」と言う特撮ヒーローも出演していました。

オープニングの主人公のレオタードにストッキング姿がセクシーだった。
2015/08/28(金) 09:59:07 | URL | すーぱーぺるる
メタルダーとドラえもんと胸キュン刑事。
凄い共演だなあ(笑)。
正に二度と実現しない永久保存モノ。
2015/09/08(火) 23:58:20 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ