私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



すこやか赤ちゃん (1978)

該当番組画像募集
♪ 赤ちゃん 赤ちゃん
  かわいい 赤ちゃん
  元気に すくすく
  ル~ ルルルー
  (笑い声)
  ル~ ルルルー

朝に相応しい爽やかなメロディーに乗せた女声ボーカルと、
間に入る赤ちゃんの「キュフフフ キャハッ」という感じの笑い声。
学校が休みの通常なら平日となる朝、かの『小川宏ショー』を見終えると、
連日、このOPを目にし、なんとなくほのぼのした感覚になったものでした。
歌っていたのは誰だろう、芹洋子あたりでしょうか。

内容は、いわゆる乳児期の子育てアドバイスで、
専門家(ほとんど女性)の先生が司会の女性に解説する形で、
赤ちゃんの育て方、育児法を伝えるというものでした。
おむつの替え方のような技術的な事から、
赤ちゃんが夜泣きをする時はどう対処したら良いかなどの方法論、
これから子供を産むという女性への心構え、純粋に医学的な解説など、
出産・育児に関してならなんでもアリという内容で、
時には視聴者からの相談・質問の葉書なども読んで回答していました。

この番組の前身のようなものに『赤ちゃん百科』という番組も有ったり、
他局でも赤ちゃん番組がかつては多数制作されていたり、
平日の午前には、育児番組がどこかしらに入るのが昭和時代のテレビでした。
今、この手の番組ってあまり見なくなった気がしますから、
絶滅したか、昭和時代ほどには作られていないんでしょう。

テレビ局が朝から晩まで視聴率を追い求める、
視聴率絶対主義になってしまったのが一つ有るのは間違い有りませんが、
やはり、どうしても少子化の影響も有るんでしょうね。
ピジョンだの和光堂だのといった粉ミルク専門メーカーが
この手の番組のスポンサー常連だったのですが、おそらく収益性も悪化してるでしょうし、
もう、この手の番組を単独で提供する余力も無いんじゃないでしょうか。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
この番組は、トヨタの提供でお送りいたします。
のちに放送されていた「子育てれび」や、「はじめて記念日」の元祖ですかね。(スポンサーがトヨタかマツダ?からユニ・チャームに変わっただけで)
2014/05/28(水) 22:47:52 | URL | 特急スーパーおおぞら6号
おお。
こんな番組の記事を読んでくれたのですか?
こんな番組の記事を書くの、おそらく古今東西ワタクシただ一人だろうな~(笑)。
2014/05/29(木) 22:11:10 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ