私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ペネロッピー絶体絶命 (1970)

該当番組画像募集The Perils of Penelope Pitstop
♪ ワン ツー スリー フォー ファイブ シックス セブン
  小人のギャングは 七人衆
  みんな集りゃマァマァなんとか 危機一髪に 間に合うじゃんか~


日本では本国を上回るであろう人気を誇るチキチキマシン猛レース。
その立役者は高桑慎一郎というプロデューサーであるという事は、
これまで当ブログで扱ってきたハンナ&バーベラ作品の記事で触れてきました。
しかし、当時ハンナ&バーベラものを流していたのは、
なにも高桑慎一郎&NETラインだけではありませんでした。
中でも特筆すべき枠が、NHK総合日曜夕方6時台の、『少年映画劇場』。
その後半、6時半からの30分で、ハンナ&バーベラ作品が何本か流されたのです。
『弱虫クルッパー』『にげろやにげろ大レース』『がんばれモビー』等々。

中でもワタクシが忘れられないのが、『ガリバーと小人たち』。
まあ本編はほとんど思い出せないのですが、主題歌をCDで聴いた時、
あまりの懐かしさに堪らないものが有りました。
『がんばれモビー』も、本編の記憶はうっすらですが、主題歌はよく覚えてました。
『にげろやにげろ大レース』を初見したのは東京12チャンネルでしたけど、
その時に見た主題歌シーンは、やはり忘れられないものです。
つまり、高桑&NETラインは日本語版主題歌でハンナ&バーベラ作品を
子供達に一層身近にしていましたけど、NHKもその手法を執っていたのでしょうか。
それとも、後に民放に流れた時に作られた主題歌だったんでしょうか。

『チキチキマシン猛レース』は、11台のマシンが覇を競う漫画でしたから、
登場人物も11組いたわけですけど、その中から主人公格のブラック魔王とケンケンが、
『スカイキッドブラック魔王』という作品にスピンオフ出演し、
この作品は日本に於いて、『チキチキ~』の後番組として放送されました。
この『チキチキ』『スカイキッド』は、高桑&NETの作品です。
一方、チキチキのメンバーにいたミルクちゃんという女の子と、
ギャングセブンという七人の小人たちの2組がスピンオフ出演したのが、
このNHK『少年映画劇場』で放送された『ペネロッピー絶体絶命』で、
この作品の日本語版主題歌も、高桑ラインと違和感ない出来映えでした。

チキチキではまったく別の出場者としてライバル同士だったこの両者が、
この番組では、ギャング連中が女の子の守り神のように活躍します。
ミルクちゃん、ギャングセブンというのは高桑の創作した日本語名で、
原語版ではペネロッピー、リトルギャングとされており、
NHK版もこれに準じた名前を使ったため、混乱した視聴者もいたようです。
ワタクシも、名前が同じなら判り易かったのですが、名前が違うので、
顔は似てるけど違う女の子なのかなと思ってました。
リトルギャング七人衆は同じキャラだとわかりますけどね(笑)。

内容は、父の莫大な遺産を相続したペネロッピーが、
財産目当ての執事から命を狙われるのを、リトルギャングたちが守ろうとする、
というもので、白雪姫と七人の小人がヒントになっているのかもしれません。
すると、チキチキに登場させた時から既に、この作品を制作する事も考えていたんでしょうか。
ペネロッピーは、執事が怪人マントメガネとは気付かず、毎度毎度、
あまりにも馬鹿げた罠に引っかかる天然キャラなんですよね。
ペネロッピーの危機に気付いたリトルギャング七人衆は、車の底から足を出して、
エッチラオッチラ急いで駆けつけるわけですけど(笑)、
彼らが駆けつけるより前に、ペネロッピーが自分で罠の手落ちに気付いて
危機を脱出してしまい、リトルギャング達は慌てたまま駆けつけて失敗、
ズッコけるというのがパターンだったかと思います。

原語版でこのマントメガネを演じていたのが、『奥さまは魔女』で
アーサーおじさんを演じていた、ワタクシも大好きだったポール・リンドだったようです。
ハンナ&バーベラには日本の番組からヒントを得たんじゃないか?
と感じる作品が幾つか有りますけど、この配役も、喜劇人たちを声優として起用し、
大成功していた高桑作品に刺激されたのではないでしょうかね。
日本語版の主題歌で、1番では「絶体絶命」が使われていますけど、
2番ではその部分が何故か「危機一髪」となって、OPが終わるので、
「危機一髪」という言葉の印象がけっこう強く、そのためか、
12チャンネルで放送された際など、『ペネロッピー危機一髪』というタイトルだった時も有り、
そちらのタイトルで記憶されている人も相当数いると思われます。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ペネロッピー
まさに!
NHK少年映画劇場では「ペネロッピー」。
民放では「ミルクちゃん」でした。
「チキチキ・・・」があまりにも有名になったため、後年「ペネロッピー」のことを話しても、誰も同調しませんでした。

「サンダーバード」もそうですが、私たちが民放で観て知っている作品で、元はNHKで放送というものは結構多いんですよね。
2010/03/01(月) 03:15:39 | URL | すけきよ
相当数の1人です
♪ワン・ツー・スリー・フォー
 ファイブ・シックス・セブン
 小人のギャングは 「ひち」人衆~
 みんな集まりゃマァマァ何とか
 危機一髪に 間に合うジャンか~

というわけで、私も『危機一髪』と記憶していた1人です。
この主題歌って
作曲:橋場清さん
歌:ケーシー浅沼さん
って、『チキチキ』や『スカイキッド』の「ケンケン大空を行く」と同じじゃないですか! 高桑ラインの雰囲気が出ているハズです(^o^)

 それにしても、「マントメガネ」ってネーミングはどうかと‥‥。いや、たしかにその通りなんですが、あまりにそのまんま‥‥^^;

 ギャングたちのクルマが黒で、ギャングたちも黒に白いストライプのスーツ、マントメガネのコスチュームが茶色だったか紫だったかで、ぺネロッピーが赤いレーシングスーツ。色彩が地味なアニメという印象でした。
ギャングたちが不死身で、忍耐強かったのも印象的でした。

 『ガリバー』は見た記憶が全然無いのですが、主題歌はなぜか知っています。私もハンナ&バーベラものの主題歌のオムニバスCDを聴いて、記憶の底からこの歌が甦って感激しました。藤田淑子さんのお声は大好きです。
2010/03/02(火) 00:39:50 | URL | 自由人大佐
リトルギャング・セブン
「チキチキマシン」では、どうしてもボスとボケ役専門ばかりが目立っていた印象があるのですが、この作品では他の五人にも、それぞれ笑い上戸、泣き上戸、爆睡魔、小道具使い、怪力というキャラ設定が明確に与えられていましたね。
2010/03/05(金) 12:13:13 | URL | うみがめ
わい
♪ペネロッピー ぺネロッピー マーントメガネに気をつけろ
ペネロッピーをいついついつもマーントメガネが狙ってる
ペネロッピーは可愛い子ちゃんさ マーントメガネが追っかける♪

作品内容はいかにも子ども向けでしたが、主題歌は結構好きでした。
私が見たのはたぶん再放送で夕方に見ていた記憶があります。(72頃)
♪小人のギャングは七人集~♪(OPで電気ナマズの電撃を受けるシーンが使われていました。)
のフレーズがありますから放送できないでしょうね。
2010/03/13(土) 14:31:46 | URL | (ハンドル未記入)
STJ
マントメガネの正体は執事じゃなくてぺネロッピーの叔父(伯父)さんです。
2010/12/27(月) 22:45:20 | URL | (ハンドル未記入)
● すけきよさん
NHKもけっこう外国作品を発掘していて、しかもその後民放で人気が出るパターンも多くて、
元がNHKだったという事がだんだん忘れられていくんですね。


● 大佐殿
♪ 絶体絶命 あぶないじゃんかー って歌詞も歌ってましたけどね(笑)。
「じゃんか」という言葉使いが、あの当時のテレビでは非常にガラ悪く感じました。
隔世の感がします。
橋場さんのテレビ主題歌も忘れられぬものが多いですね。
マントメガネのネーミングは、とんまにかかってるんじゃないかな。
考え過ぎかな(笑)。
色彩が地味ですか。色々な視点が有って面白いです(笑)。
おそらく大佐殿も少年映画劇場を見ていたんじゃないですか。


● うみがめさん
あー、そうだったなあ。
よくご記憶というか、そんなに漫画見てラサール受かるって凄いですね(笑)。


● わいさん
そうか。こびとも言葉狩りにあってますからね。
小さな人と言えばいいのかな。それでもダメか。
やや小柄と言える可能性を持つ体型の人とでも言えばいいですかね(笑)。
アメリカではもっと喜劇的な言い回しになっているらしいですが。


● STJさん
そうそう。叔父さんですよね。
財産横取りを狙う。
執事になっていつもそばにいるんじゃなかったでしたっけ?
2011/02/11(金) 06:33:36 | URL | ごいんきょ
ペネロッピーが出てるアニメだと思ってたのですが
みんなで鳩を追いかけ回すのがあったと思います。あれは、ケンケンとマントめがねですか?
2015/03/19(木) 21:13:38 | URL | 花幸
『スカイキッドブラック魔王』
アメリカ軍の機密文書を持つ伝書鳩の「ポッピー」を追いかけ回すのは、ブラック魔王とケンケンです。

ペネロッピーとスカイキッドは、DVD化されていますので、いつでも楽しむことができます。
主題歌が忘れられませんねぇ。

毎回、奇抜な装置が楽しみでした。(笑)
2017/09/16(土) 06:51:05 | URL | (ハンドル未記入)
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ