私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



歌謡ヒットプラザ (1975)

該当番組画像募集
昔はフジテレビ金曜夜8時には、『今週のヒット速報』という番組が有りまして、
流れる電光表示のランキング発表が緊迫感を煽り、人気番組でした。
これはTBSの『歌謡曲ベストテン』をパクッたランキング番組でしたが、
後にTBSが本格ランキング番組『ザ・ベストテン』を当てると、
またまたこの金曜20時枠で、『ビッグベストテン』という番組で
柳の下の二匹目のパクリなんぞを狙ったものだから、
史上最低の音楽番組と当ブログから断罪されるはめになったのでした(笑)。

とにかくフジ金曜20時は呪われた時間帯とでも言うべき枠で、
『今週のヒット速報』に勢いが無くなってからは、やる番組やる番組、
半端ではないくらいに当たらなかったものでした。
あの幻の坂上二郎単独司会バラエティ『さあ!どうする!』もこの枠でしたし、
本記事の『歌謡ヒットプラザ』もこの枠ですけど、
皆さんご記憶でないどころか見た事も無いでしょうし、
それどころか聞いた事も無い人がほとんでしょう。
何しろ他ならぬこのワタクシが、『さあ!どうする』『ビッグベストテン』
というこの枠の二大幻番組を見ていたこのワタクシが、まるで知らないのですから(笑)。

『今週のヒット速報』終了後、似たようなゴールデン歌謡速報というのになって、
ここまではワタクシもたまに見ていた記憶が有るのですが、
次の『歌だ!飛び出せ2万キロ』とか言われると、もうまったく歯が立ちません。
更にその後番組が本作で、わずか3ヶ月後のスタートでした(笑)。
司会は、最初期が前番組からの流れで土居まさる。
脇を桂三枝が固め、更にその脇を桂きん枝と毒蝮三太夫が固めました。
おそらく、急な路線変更に視聴者が戸惑わないよう、
始めのうちは司会をスピンオフ起用していたんでしょう。
そして、当初からの既定路線と思われますが、すぐに三枝がメイン司会となるのです。
まあ、土居が嫌気が差して逃げたのかもしれませんけど(笑)。

内容は、ごく普通の流行歌番組の合間合間を三枝がお笑いコーナーで繋ぐ感じ。
当時の桂三枝と言えば、次から次へと流行語を産み出して、正に時代の寵児。
その彼をしてもテコ入れできなかったこの枠の恐ろしさでした。
コーナーには、三枝ときん枝が最新芸能情報を扱う「スターハラハラ情報」や、
ゲスト歌手の一人と三枝が軽いコントをやる「セットショー」などが有りましたが、
最も視聴者にインパクトを与えていたのが、毒蝮がスターを連れて
素人衆のいる場所に突撃訪問するコーナーだったでしょう。
最初に蝮が入っていって軽く盛り上げ、次に本当のスターが入ると、
素人衆は狂喜乱舞の状態となっていたようです。
ラジオでもテレビでも、商店街とかご家庭に飛び込んでばかりの毒蝮なのでした(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
お邪魔します。
そういえばテレビ史に残る数々の名バラエティーを世に送ったフジテレビですが金曜8時で当たった番組って思いつきませんねぇ(単発枠の時期もあったみたいですが)。
この枠はプロレス-ミュージックステーションで伝統的にテレ朝が強いですし、過去には日テレ「太陽にほえろ」TBS「金八シリーズ」が存在しましたし。
2010/03/01(月) 20:39:03 | URL | ナベチン
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ