私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



魔人ハンター ミツルギ (1973)

該当番組画像募集
「ミツルギ参上。 智」「仁」「愛!」

宇宙猿人ゴリで明けた昭和46年は、子供向け特撮番組の特異年となり、
帰ってきたウルトラマン、仮面ライダーという両巨頭が揃い踏みし、
シルバー仮面が追随してミラーマンに暮れた年でした。
これらにより変身ヒーローものが文字通り空前のブームとなり、
翌47年にこれらの後継作のみならず、正に有象無象が参入し始め、
更に翌48年にまでその流れは及び、粗製濫造の様相すら呈してきます。
茂りすぎた森は枯れる。増えすぎた種は絶える。
この愚行が、あれだけ熱を帯びていた変身ヒーローブームを
一気に冷ましたのみならず、以後もかなりの長い間、
不毛の番組ジャンルにまでしてしまったのです。

このミツルギは、そんな昭和48年の新年早々始まった作品でしたが、
この頃に幾つか制作された1クール(13本)特撮の一つとなってしまいました。
しかし、当時見ていた数少ない視聴者の心に、忘れられない場面は残していると思います。
と言うのは、これ、本邦初の人形アニメ特撮ヒーローものだったんですな。
普段はミツルギ一族の忍者?として、宇宙から来たサソリ一族の魔手から
徳川幕府を護るために活動している三人が、一族伝来の三つの刀を合わせると、
巨大な魔神ハンター、ミツルギとなり、サソリ一族が差し向けた巨大怪獣を退治する。
このミツルギに変身してからが、巨大神ミツルギと巨大怪獣の格闘を
人形アニメで描写するという独自性ある映像で、記憶に残るものとなっています。

とは言え、それは変わった感じの画面というだけの印象で、
ガキだった当時は、これは素晴らしい映像だ、などとは決して思いませんでした。
と言うより、むしろ「チャチィ」といった感じの印象だったと思います。
劇中の設定では巨大化しているのでしょうが、見える画面は明らかに人形操作。
巨大化じゃなくて縮小化した映像にしか見えなかったのが難点でした。
ただ、子供でも難しい映像だというのは想像がつきましたから、
一見「チャチィ」映像ではあっても決してバカにはせず、
その風変わりな映像をそのまま脳に刻むという行動に至りました。

国際放映はピープロと共に独特の映像作成を得意としていて、
どちらも実写にセルアニメや人形アニメを合成する事をよくやっていました。
九重佑三子がやっていた『コメットさん』では、星の先生がセルアニメで、
かわいい怪獣のベータンが人形アニメでコメットと一緒に活動しており、
国際放映はそのノウハウでもって、群雄割拠の特撮戦国、
昭和40年代後半時代に人形アニメ特撮という形で参戦してきたのです。
が、撤退も早かった(苦笑)。
よく視聴率が低かったからと言われますし、事実そうだったんでしょうけど、
とても週一本制作できるような内容でもなかったです。
だから、毎回毎回フル人形アニメのシーンが有るというわけではありませんでした。
ちょっと無謀な試みだった気がしますが、あの時代でなければできない、
貴重な試み、作品ともなっていると思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
まじん違い
よく「魔神バンダー」を「魔人バンダー」と間違える人がいるけど、この番組は逆で、「魔人ハンター ミツルギ」が正しいんですよ。敵の魔人をハントするんですから。
2010/03/04(木) 19:23:38 | URL | 石毛零号
後年見ました
主題歌CDで歌だけが記憶に残っていたのですが平成に入ってから見る機会がありました。思てたより悲惨なストーリーや無くてホットしました。違和感はかなりありますけどね。ごいんきょさんの言われるショボ感もよくわかります。
OP、EDともなかなかインパクトがありますよね。♪吹き荒れる~嵐の中を~
2010/03/04(木) 22:00:45 | URL | 南 うなみ
ミュージックファイル発売希望☆
映像的にはちゃっちさは否めませんが70年代の匂いがぷんぷんしてて大好きな作品です。なによりBGMがやたらカッチョエエ!是非ともミュージックファイルでBGMを網羅してCD化してほしいものであります。EDもいいですねえ。しかしながら魔人サソリを見ると どうしても【東国原知事】とかぶるのは私だけ?
2010/07/11(日) 19:11:38 | URL |
敵の首領は
「徹底的にが口癖の、なんでも徹底的にやる空海のミイラ、いや魔人サソリちゃんでした。

2011/03/27(日) 22:24:29 | URL | (ハンドル未記入)
● 石毛さん
そうですね。
ATOKが魔人が無くて魔神しか出さなかったもので。
魔人・ハンターミツルギじゃないですもんね。
日拓・ホームフライヤーズではないですし(笑)。


● うなみはん
この番組、EDって有りましたっけ?
同時収録されている曲は、テレビでは使われなかったか、
挿入歌のようなものではなかったかと。
OP曲はなかなか良かったですね。三味線ベースが和風感を出してました。


● 猛さん
たしかに、テレビに一番勢いがあった70年代ならではの作品でしょう。
BGMはそんなに気にしてませんでしたが、それほど良いですか。
主題歌はいいですから、きっとそうだったんでしょう。
東さんは、今や都知事候補ですよ(笑)。
そのうち衆議院議員候補から総理大臣候補になるでしょう。
その前に、お彼をお総理大臣にお就かせになるお政党がお出あそばれば、すぐにお総理におなりになるおつもりでしょうけど。


● 未記入さん
ミイラのような魔人サソリ。
東さんに限らず、やせぎすな人は徹底的に当てはまりそう。
2011/04/04(月) 19:38:06 | URL | ごいんきょ
リアルで観ていたはずですが・・・
ミツルギという名前もはっきり覚えてますが、チャチイ人形アニメ特撮だった、というのはあんまり記憶にありません。

たった1クールのみだったんですね。
しかも昭和48年の1月~3月ということは、ウルトラマンAの第4クールと重なっているんですよね。
自分の記憶では、もう少し前だったような気がしてたのですが、このあたりは前後関係の記憶があいまいだったみたいで(汗)

主演の水木襄さんって、忍者部隊月光の月光役で主演をされてた方ですよね。「月光」もまたこのブログで取り上げていただければ嬉しいです(検索したけどヒットしなかったので、まだ記事にされてないかと思いまして・・・既出だったらゴメンナサイ)。
2013/04/21(日) 21:54:20 | URL | ほけみん
そうなんです。月光、まだなんですよね。
まだまだ扱うべき作品、いっぱい有るんです。
来年中には1000番組達成するためにも、もうちょっと頑張らないとな。
2013/04/22(月) 23:02:47 | URL | ごいんきょ
全12話でもインパクト十二分
本放送当時は産まれておらずケイブンシャの全怪獣怪人図鑑で知ったクチですがまず印象に残ったのが話数の少なさ(爆) しかしそれにもまして巨大なガイコツやら象の怪獣やら従来のウルトラマン直系巨大ヒーロー物とは一線を画する怪獣の容姿も印象的でした もう少し製作側に技術と予算があれば内容も評価もまた違ってたかも知れないですね
2014/07/11(金) 19:11:45 | URL | 鉄ドン
結局、ワタクシが思うに、人間の実写部分が有るから違和感あるんですね。
全編ああした人形アニメだったら、かなり良い出来と感じたと思います。
15分番組でもキツイでしょうけどね、それだと。
2014/07/25(金) 06:58:39 | URL | ごいんきょ
不思議な動き
お城の屋根などを超えてやって来る、怪獣の大ムカデなどがカタカタというかキュルキュルという感じに不思議な動きだったのを覚えています。

2015/08/01(土) 10:40:52 | URL | Kyoko
さすがに本当の虫のような蠕動まではやってられなかったんでしょうね(笑)。
2015/08/02(日) 18:33:08 | URL | ごいんきょ
そういえば
当時、ブルドーザーとかほんとうによく周りで見かけて、テレビのコマーシャルなどでも「キャタピラ」とかよく聞いて、ミツルギの大ムカデもそういう感じだったような気がします。(ちょっとこわかったのですが(^_^;)(笑)
怪獣は機械的に映って、それだけになんだか不気味さ、ただものでは無さを感じていました。
2015/08/04(火) 13:36:01 | URL | Kyoko
おそらく三菱キャタピラのCMでしょう。
キャタピラのCMなんて、あまり無い部類ですから。
2015/08/11(火) 06:54:53 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ