私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



一枚の写真 (1985)

該当番組画像募集
フジテレビが『小川宏ショー』の次に放った朝ワイド、『おはようナイスデイ』。
それが終わった9時55分から5分間のミニ番組でした。
内容はそのまんま。
様々なスターが、己が人生の一時を蕩々と2分間以上も
ひたすらしゃべり続けるモノローグ番組で、
内容は勿論、持ち寄った或る一枚の写真にまつわる事、
或いはその時代の活動状況、精神状態、思い出などを、
カメラに向かってノンストップで披露するという番組でした。

この手の番組としては、TBSで平成になってからだったかやっていた
私の通知表だか通信簿だかって番組も似通ってました。
そちらは、有名人が子供時代の通知表を披露して、
当時の思い出話をするという、やはりミニ番組でしたが、
番組の作りとか、全体的な雰囲気が、ほとんどソックリ。
制作会社が同じだったんでしょうか。
単にパクリだったんでしょうか(笑)。

しかし、この番組タイトルを見た時にワタクシは、
フジテレビがTBSからパクッたなと思ったものです。
かのヒット番組『ぴったしカンカン』の名物コーナー名が他ならぬ『一枚の写真』で、
坂上二郎の「一発で当てましょう」という決め台詞が懐かしいですが、
まあほとんど間違いなく、そのコーナー名から連想した番組でしょう。
たしかにアルバムに貼られた写真の一枚一枚に、その時その時の撮影状況が有り、
それにまつわる思い出話が有ったり、その時代の記憶が甦ったりするものです。
ミニ番組で終わらせるには惜しいコンセプトだった気もします。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
雑感
お久しぶりです。この番組は覚えています。勿論放送時間柄毎日見るわけにはいきませんでしたが、休暇中の朝食後に見た思い出があります。
覚えているその回の出演は歌舞伎役者の方で舞台化粧のままでカメラに向かって思い出話をしていた様に覚えています。多分、楽屋で収録していたのでしょうね。
尚、この番組の本が2冊に渉って300人弱の芸能・文化人の思い出話が「一枚の写真」と共に出版されています。内容は、森繁・杉村・辰巳といった御大から沖田浩之といった若手まですでに故人になった人も多く、実は私は2冊とも手元にあるのですが、貴重な本として大事にしております。図書館で探してみるのも一興だと思います。
2010/03/08(月) 16:43:04 | URL | 田毎の月
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ