私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

ダーティペア (1985)

ダーティペア
高千穂遙原作のアニメ化。コアなファンが多い作家ですから、
このアニメもコアなファンが多いと思われ、TVシリーズは短命でしたが、
その後もオリジナルアニメなどで幾度か映像化されています。

主人公はWWWA所属のユリとケイ。
タイトルと、この設定でプロレスマニアはニンマリでしょう。
WWWAとは女子プロレスの老舗ですね。
女子プロレスをメジャーにしたのはビューティ・ペアでした。
このビューティ・ペアってのも思いっ切り強引な命名で(笑)。
まあ、初期女子プロレス界ってのはそのくらい、
ルックス的にはあれだったと(苦笑)。
マッハ文朱あたりから少しずつルックス的にも華やかになって、
ビューティ・ペアで大ブレイク。
それが次世代のクラッシュ・ギャルズらのブームを呼んでいくわけですが、
ここは格闘技ブログではないので話を戻します(笑)。

タイトルとWWWAって名前だけはその辺のパロディになっているのですが、
内容はべつにプロレスはほとんど関係なく、ユリとケイがドタバタを繰り広げつつ
なんやかんやのトラブルを解決していくというエンターテイメントです。
ちなみにこの作品のWWWAとは、世界福祉事業協会の略称。
二人の正式コードネームはラブリー・エンジェルなのですが、
その仕事内容から誰もそう呼ばず、ダーティ・ペアの通り名が圧倒的に有名で、
正式なコード・ネームで呼ばれない事が作品中ではギャグとなってました。

ロボットアニメ一筋でやってきた日本サンライズが
徐々にマーケットを広げ始めた頃の作品ですが、
この作品はまだ、SF的なくくりに入りますね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
はじめまして!
ごいんきょ、はじめまして。
偶然流れ着いたサイトですが、楽しく拝見しました。
私もTV大好きっ子だったので懐かしい番組がいっぱいで嬉しいです。
ちょくちょく寄らせていただきますね。
2005/01/23(日) 01:48:50 | URL | キャサリン
はじめまして
はい。どうぞ軽く眺めてください。
ぼか、こんな感じで見てたんだよーという記録です。
皆さんがどのように見ていたかもコメントで残して戴けると幸いでゴザイマス。


>ごいんきょ、はじめまして。
お。いなせですな(笑)。
こんな感じでお願いします。
2005/01/23(日) 22:28:45 | URL | ごいんきょ
とても懐かしいタイトル画像
はじめまして。タクと申します。
よく拝読していましたが、コメントは初めてになります。

いろいろな懐かしいテレビのタイトル画像や感想が、とても面白いです。

今回、自分の大好きだったダーティペアのお話だったので、トラックバックさせて頂きました。
幼い頃、ちょっと恥ずかしくなりながらも毎週見ていた記憶があります。

これからもお体に気をつけて頑張って下さい。
2005/01/28(金) 10:02:52 | URL | タク
ありがとうございます
コメント、TBのみならず、貴サイトに於いて1エントリー使って戴いて恐縮です。
そちらへの書き込みと同じ出だしという芸の無さですみません(苦笑)。

恥ずかしいですか、ダーティ・ペア。
あのコスチュームがちょっとエッチいという意味ですかね。
ワタクシは当時二十もとうに過ぎていて、
それは別の意味で恥ずかしいですが(笑)。
まあ、毎週毎週リキ入れて見ていたわけでもないし、
高千穂氏の作品もひとつも読んだ事ないので、
あまりデカイ面はできません。

ただ、外見的にはユリって結構タイプではありますね。
さらさらの長髪黒髪にちょっと弱いです。
どーでもいい事ですね(笑)。
2005/01/28(金) 19:21:05 | URL | ごいんきょ
ご丁寧にすいません
ご丁寧にコメント、ありがとうございます。
芸がないなんてとんでもない。自分も似たような出だしになってしまいました(汗)

まだ小学生だった自分は、あのコスチュームはちょっとエッチでドキドキでした。懐かしい思い出です。
その思い出に触れる切っ掛けを、ありがとうございます。

これからも拝読したいと思っています。お体には気をつけて、頑張って下さい。
2005/01/28(金) 20:23:03 | URL | タク
アルファベットの8番目
助平な奴をそう呼んでからかった小学生時代。
と言うか、言われた方ですが(笑)。

そうですかー。
成長して見ていたからべつに何も感じませんでしたが、
若年層にはなかなか刺激的なコスチュームだったんでしょうかね。
考えてみれば、うる星やつらのラムとか、
そういう風に見れば物凄いものがありますけどね(笑)。
2005/01/30(日) 09:40:18 | URL | ごいんきょ
♪ろろろろ…・ろし・ろしあん
そんなに真剣に見ていた記憶はないのですが、先日、本放送時のビデオテープが昔の荷物から数話分発見されました。なんや、真剣にチェックしとったんかい。と自己ツッコミです(笑)

タイトルは主題歌イントロの、『いかにもサンプリングマシン使いました』的な音声採録です(^^; なかなかかっこいい曲でしたが、こういう先端っぽいサウンドは古くなる(聴けなくなる)のも早いですね…。

内容は荒唐無稽なSF宇宙活劇でしたね。
2008/01/30(水) 12:40:20 | URL | nardo
これ、ワタクシも録画してあるんですよね。
と言うのは、丁度この作品が始まった頃にビデオデッキを始めて導入しましてね。
懐かしのベータプロ。SL-HF900。
今でも使っております。

サウンド古いかなあ。
ワタクシは今でも充分聞けます。
あんま音楽に先端的じゃないですしね。
2008/01/31(木) 02:44:01 | URL | ごいんきょ
ユリvsケイ
タイプが違う女子を主人公にするアニメはこの前後からジャンルを超えて出てきたように思います。
(みゆき、きまオレ、今のプリキュアに至る)
どっちが好み?という件で、アニメージュあたりに「日本ではユリが人気だが、アメリカではケイが人気だ」という制作側の誰かの発言を読みました。
さもありなん。

ただ、アニメやマンガでのキャラクター人気を見ると、今なら日本でもケイの方が人気かも。
2012/01/15(日) 22:03:39 | URL | 迷亭寒月
元を辿れば、メグとノンあたりになるのかなあ。
あれでノン派っていたのかは知りませんが。

アメリカ女性ってそう言えば長髪サラサラってイメージじゃないですね。
ヨーロッパはまだ想像できますけど。
ケイはライオネス飛鳥さんとイメージダブります(笑)。
女性に人気ありそうですね。
2012/01/22(日) 08:32:39 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
ダーティーペアって、やっぱり、ビューティペアから名前を捩ったんだね。『ダーティペア』小さい頃、好きだったな。今でも好きなアニメだけどね。確かオレの記憶では、『キャッツ・アイ』の後番組だったような。『キャッツ・アイ』の最終回で、キャッ...
2005/01/28(金) 10:03:14 | 閑雲野鶴な随想
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。