私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



われら九人の戦鬼 (1966)

該当番組画像募集
CS放送と言えば、今はスカイパーフェクTV!しかないんでしたっけか。
とにかくそのCSで、特集を組まれるようなコア人気を誇る俳優が数名います。
一人は、なんと言っても石立鉄男。
チャンネルNECOの石立鉄男アワーでは、彼が出演した数々のドラマを、
もう何年も繰り返し放送し続けていますし、いまだ堅実な人気を誇っているようです。
そして時代劇ではなんと言ってもこの人、栗塚旭。
「あきら」じゃないですよ。こちらは「あさひ」で良いのです。
彼も、石立ほどポピュラーではありませんが、好きな人間は猛烈に傾倒する傾向のある、
狂信的とも言えるファンを持つような役者であります。
時代劇専門チャンネルなど、特殊部門に先鋭化できるCS放送局ならではの
掘り下げぶりによるスター扱い。これぞ専門局の醍醐味と言うべきものでしょう。

それまで鳴かず飛ばずだった彼が注目されたのは、当ブログで何度か触れている、
『新選組血風録』主役・土方歳三役を演じた時からでした。
あのドラマは、おそらく予算の関係でしょう、当時は無名の役者を中核に固めたものの、
それがかえって奇妙なリアリティを帯び、数名の役者にスポットを当てました。
主演の栗塚は勿論、近藤勇の舟橋元、斉藤一の左右田一平、芹沢鴨の遠藤辰雄などですが、
特筆すべきが沖田総司の島田順司でした。
おっと、また血風録について熱く語りそうになっちまったぜ(苦笑)。
そちらはそのドラマを語る時に嫌と言うほどタップリ語るとしまして(笑)、
その血風録で注目された栗塚が、ご褒美的に引き続き主役を務めたのがこの作品でした。

実際の栗塚は、歌舞伎以来の伝統と言いますか、時代劇役者には多いらしい、
おねえ言葉の多弁、つまり、所謂オカマちゃんキャラだと言いますけど、
土方歳三役は、むっつり押し出すように言葉を絞り出すようなニヒルさで売って、
少なくともNET放送のドラマでは、その役作りはその後もずっと踏襲し続けていました。
つまり、この番組での主役、多門夜八郎もそんな感じで演じてました。
舞台は室町末期の戦国時代。
足軽どもに貞操を奪われそうになっていた、敵方武将の姫・梨花を救った夜八郎。
ただ一人、凶行に手を出さなかった足軽の柿丸に世話を託すのですが、
気丈な姫は、もうこうなっては戻れないと言い放ちます。
するとこの夜八郎、結局やっちゃうんですよね(苦笑)。

この辺、柴田錬三郎の原作ではもっと露骨な、おそらく暴行描写になっているはずなのですが、
当時のテレビではそのような描写は不可能で、見ている人間には意図不明な言動になっています。
柴田は大衆小説家ですから、ウケ狙いの記述が全編を覆っていて、
婦女暴行のシーンも当たり前に出て来ますし、当時の風潮として、
男連中はそれを得意気にし、女連中もあっさり受け入れてしまってたり、
ワタクシは読んでいて不快になる情景が結構あるんですよね。
既述の『図々しい奴』でも、テレビ版では当然、陵辱シーンは一切TV化されませんでした(笑)。
そんな感じで、このドラマでも原作から端折っている描写が多いと思われます。

大体、ドラマ冒頭部ではいきなり夜八郎が一目惚れしたどこぞの姫をさらおうとして、
邪魔立てする嵐寛寿郎演じる老人に敗れて呆然とするシーンから始まります。
それから又いきなり数年を経て、先程の梨花救出シーンとなるのです。
何を書いているのかわからないと思いますが、
私も何をやっているのかわからなかったです(苦笑)。
消化不良とか失敗作とかそんなものではない、
もっと恐ろしいものの片鱗を味わいましたね(笑)。
それにしても、最初に何もせず立ち去ろうとした夜八郎が、柿丸から
「おなごは嫌いか」とか聞かれるシーン、意味深過ぎですぜ、脚本の結束さん(苦笑)。

この夜八郎、柿丸から素性を尋ねられて、高貴の出と言ったら信じるのか、
そんなものは意味が無いみたいに突っぱねるのですが、
実は実際に、足利将軍家の落胤であるという設定なのでした。
もっとも、この頃の足利将軍家の威信もかなり揺らいでいるでしょうから、
水戸黄門のように悪人どもを名前だけで押さえつける事は不可能で、
腕前の方はかなりの手練れという事になっております。
その腕でもって、道中で次々知り合っていく柿丸ら八人と志を合わせ、
領民達を救うために活躍する、という物語だったようです。
言ってみれば、サイボーグ009ライクな七人の侍でしょうか(笑)。

冒頭にも名を書いた栗塚旭(土方)、島田順司(沖田)、左右田一平(斉藤)の三人は、
『新選組血風録』でハマリ役を得たり、演技を見せつけたりして
名脚本家・結束信二の覚えめでたくなり、『俺は用心棒』シリーズや
『燃えよ剣』『天を斬る』と、NET時代劇で共演し続けました。
九人の戦鬼にも、もちろん三人とも入っております。
更には舟橋元(近藤)、坂口祐三郎(山崎烝)、北村英三(井上源三郎)の三人も
『血風録』では出番の多い役で、あまり出番は有りませんでしたが、
有川正治(永倉新八)と玉生司郎(島田魁)の二人もおり、
九人の戦鬼のうち、なんと8人までが『血風録』で新選組中心隊士を演じていたのでした。
事程左様に、見ている者の少なくない層を惹き付けた大番組『血風録』は、
演じていた側にも特別な番組だったでしょうし、書いていた結束にとっても
非常に特別な番組だったであろう事が容易に窺い知れるのであります。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
栗塚旭
 この番組はまったく知りませんでした。栗塚旭は「風」の新十郎が好きだったのを覚えています。
 とても面倒見のいい方らしいです。トルコ人の友人(日本映画フリーク)が、ある日本映画のイベントでお目にかかり、昔の映画について話しかけたところ、とても親しく話してくれたと言って感激していました。
2010/03/09(火) 17:52:20 | URL | あぶもんもん
セピア色の思いで
子供のころ見ました。ビデオがない時代で、毎週指折り数えて楽しみにしていました。子供でしたが時代劇が大好きでした。夢でいいからもう一度みたいです。
2014/06/09(月) 19:22:28 | URL | 伊吹野
中学生時代の思い出です
とにかく、中学1年の時の夏休みに見たと思います。(再放送で)主さんのコメントで思い出が蘇ったり・・・
その後、栗塚旭さんは、題目忘れましたが、『難波の商人話』の番組で見ましたが、それ以来見てないな~。
久々に思い出して、NETで調べて主さんのHPにたどり着きました。DVDもビデオも出ていませんね。観たいな~。
2014/11/30(日) 14:30:50 | URL | (ハンドル未記入)
● あぶさん
所謂おねえ系の人だという話ですが。
だから色々気がつくのでしょうね。
撮影の合間によく手編みしていたという話も(笑)。


● 伊吹野さん
東映チャンネルで、第一話だけ放送してくれたのですが。
どうも第一話しか無いという話も…


● 未記入さん
栗塚さんは今でも活動されてますね。
今年の徳川家康にも出演されたようです。
2014/11/30(日) 23:50:20 | URL | ごいんきょ
昔の思い出
渡辺岳夫の伴奏をバックにしたラストの水門破壊の攻防戦が目に浮かびます。俺は用心棒の一話のラストの殺陣シーンにも流れていましたっけ。なつかしいなあ。
2016/06/25(土) 09:58:44 | URL | msan385
うわ。随分と細かいご記憶。
凄い。
2016/07/17(日) 20:06:31 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ