私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



スーパーダイスQ (1980)

該当番組画像募集
昭和のお昼と言えば、NHKのニュース&テレビ小説か、フジのお笑い路線か、
NET&NTVのワイドショーかという感じでしたけど、
残るTBSのクイズ路線も、非常にチャンネル訴求力の有るものでした。
今こうやって思い返しても、長期休暇などの見られる時には、
毎日どれを見ようか、チャンネル替えながら選択していたという感じですね。
だって、全部の番組に見た記憶あるもの(笑)。
ガキだったからNHKは対象外だったし、12チャンネルも番外地だったけど(苦笑)。

そんなTBSクイズ路線と言えば、既述の『ベルトクイズQ&Q』ですけど、
後番組であるこの『スーパーダイスQ』も、なかなか忘れられぬ番組です。
ベルトクイズ末期からこの枠は20分枠となり、少々短い感じがしましたが、
土居まさるが、その貴重な放送時間を最大限活かすべくの早口司会進行。
でも決して慌ただしい感じでなかったのが、プロの業というべきものでした。
タイトルのQの字で枠に統一感を持たせてますけど、
昭和40年代初頭のウルトラQ&オバQアワーと言い、
何故そうまでQにこだわるのか、不思議な局であります(笑)。

内容は、素人二人が1対1の勝ち抜き戦を行うクイズ番組で、
9分割の大きなモニターが有って、まず最初に出場者は、
そのうちのどれかにノックアウトマークを仕込みます。
そして早押しでクイズに回答し、正解すると相手に一枚めくらせる事ができ、
どちらかがノックアウトマークを引くまで出題が続くという趣向です。
問題そのものは、昼の主婦向け番組という事で、難問は少なかったです。
早押しに関しても温いと言いますか(笑)、クイズ番組としては魅力少。

この番組の目玉は、なんと言ってもスーパーダイスゲームでした。
そのようにして勝ち抜いた人が挑戦するゲームで、
2個の大きなサイコロを振り、モニターに振られた1~9の数字を消していく。
例えば合計の目が7だった場合、「7」一つを消しても良いですし、
「1と6」「2と5」「3と4」など2つを消す事もできます。
「1と2と4」とか3枚は消せなかったはずですけど(笑)。
そうやって次々サイコロを振ってパネルの数字を消していき、
見事に9枚全部を消せたらボーナス賞金獲得という感じでした。

番組後期から「DON」マークというのが出来て、9枚のパネル中2枚入っており、
これを連続で出すとゲームオーバー、そのゲーム内の賞金もパーになりました。
最初にDONを出すとファンコファンコと警報が鳴りながら点滅。
次の一枚選びは重要で、「3と4」なのか「4と3」なのかで結果が違いかねないのです。
そうやって、クイズ対戦とゲームの連続で賞金を積み重ねていくという番組で、
トータル100万円オーバーまで連続で出場していたですかね。
あと「7」一枚でパーフェクトという時に、会場が手拍子しながら
「なーな。なーな」と唱和していたのが、昭和お昼休み風景の一つでありました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ダイスをころがせ
世界の北野になるとは当時誰も思ってなかったであろう足立区のたけしさんがラジオで「TBSは昼間っからサイコロ賭博やってるぞ」などと喋っていたのを思い出します。
関テレ制作でこの番組を明らかにパクったと思われる「チャレンジQ」(浜村淳・マッハ文朱司会)なんていう番組も存在しましたm(_ _)m
2010/03/10(水) 20:34:57 | URL | ナベチン
押阪忍さんと故・土居まさるさん
立教の先輩後輩に当たりますね。ベルトクイズからスーパーダイスへ移行する際に押阪さんから土居さんへの立教ラインでのバトンタッチの形になりましたが、土日のプロ野球ニュースも土居さん~押阪さん~みのもんたさんと見事に立教ラインでつながったので、フリーアナウンサーの世界における立教ラインの絆は強固だったのでしょうね。徳光和夫さんや古舘伊知郎さんも立教OBですね。
2017/02/16(木) 05:40:36 | URL | TSUSHIMA
サイコロを使ったゲーム
関テレで関西ローカルで放送されていた「ノンストップゲーム」もありました。

こちらはマカオのサイコロ博打「大小」がモチーフとなっていて、3つのサイコロの出目の合計が大きいか少ないかを予想するゲームで、当たりが続くと最高で車がもらえるゲームでした。
2017/02/17(金) 12:27:51 | URL | TSUSHIMA
まだ返信し漏らしスレが有りますねえ。
アゲてくださったTSUSHIMAさんに感謝。



● ナベチンさん
サイコロ賭博って(苦笑)。
丁半を当てていたわけではないですがねえ(笑)。


● TSUSHIMAさん
あー、そうでしたか。
少し後に日テレのこの時間帯で君臨する みのもんた氏も立教。
で、確かにプロ野球ニュースの土日は、その立教アナトリオがやってたんですねえ。
佐々木信也さんの時しか見てなかった。
あと、怖いもの見たさで、はらさんと(笑)。

ノンストップゲームの方は、紛う方なきサイコロ賭博ですな(笑)。
2017/02/19(日) 13:20:32 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ