私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



タイムトンネル (1967)

該当番組画像募集THE TIME TUNNEL
「タイムトンネルは、アリゾナ砂漠の地下数千メートルにある
 科学センターに備えられ、ボタン一つで人間を現在から過去へ、
 過去から未来へと自由に送り込める驚異的な装置である。
 若き科学者タグとトニーは、この開発途上のタイムトンネルに送り込まれたまま、
 過去と未来を彷徨う放浪者となってしまった」


我々にはドラえもんで最も認識されているであろうタイムマシン。
その名の通り、スタンドアローンな機械然とした姿というのが、
その概念誕生以来、おそらく現在まで不動の感覚だと思います。
ところがこの番組では、トンネルをくぐって別世界へ行き来するという
新しい形式のタイムマシンを提示し、その名もタイムトンネルとしたのが
非常に画期的で、その名はこのドラマを知らぬ人へですら、
そして現在までも通じる名称となっていると言えるでしょう。

説明で述べられるように、アメリカのアリゾナ砂漠地下深くに有る実験室で、
タイムトンネル製作、通称チックタック計画が進められていたのですが、
年代の指定や人間の回収などで実用レベルに達しないまま、
膨大な予算を疎まれて実験中止に追い込まれようとしていたんですね。
そんな話に納得できない、現場の若き科学者トニーは、
自らが実験台となってタイムトンネルの機能を証明しようと、
果てしない時空へと旅立つ、というお話でした。

第一回では、あのタイタニックの悲劇でしたか、その後も世界史上の
数々の有名事件に遭遇するタグと、彼を追ったトニーとが、
その場でどう歴史と関わり、窮地から脱出するかというのがキモでしたけど、
ワタクシ、この手の作品でいつも思うのは、なんでその時代に行ったからって、
史上に残るような大事件の現場に行き会うのかという事なんですよね。
特にこのタイムトンネルでは、時間も空間も狙い通りに出来ない設定のはずですが。
しかし、そういう根本の疑問を除けば、テレビ番組としては非常に魅力あるものでした。

制作者のアーウィン・アレンは、TV史上最大のSF作家と言って良い存在で、
まず『海底科学作戦(シービュー号)』で成功し、既述の『宇宙家族ロビンソン』で
続けざまに大ヒットを飛ばし、更に局を替えたこの作品がスタートと、
一気に三本ものテレビSF大作を同時に抱えておりました。
日本ではなんと、NHKが初放送の舞台で、しかも時間が午後10時10分。
大人の局で大人の時間に始まったこの番組を、本放送で見た人は少ないでしょう。
ただ、内容が子供にも向いているという意見が多かったようで、
日曜夕方6時に移行してからは、見た人もチラホラ出てくるかと思います。

あのNHKが、10時に放送するくらいですから、SF特撮作品とは言っても
充分大人の鑑賞に堪えうる作りで、アメリカにはこういう作品が幾つか有りますが、
昭和時代の日本では、失敗に終わった『マイティ・ジャック』くらいでしょうか。
ワタクシが初見したのはずっと後年ですけど、毎回毎回、
日本人が知っているようでまったく知らない世界史エピソードを見られるという
知的な楽しみもできる良作と思いましたし、特撮も魅力的なものでした。
まあ、ほとんどが20世紀フォックス映画の流用なんですが(笑)、
あのタイムトンネルの造形は、本当に見事だと思いましたね。
だけに、ナレーターが大真面目に「チックタック計画」と言う、
その名称だけがなんか浮いている気がして、個人的な笑い所でした(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
毎回、スリリングな展開
「タイムトンネル」出ましたか。
これは、ごいんきょさんのおっしゃるように、日曜夜6時頃やったのを見ていました。「宇宙家族ロビンソン」「アウター・リミッツ(ウルトラゾーン)」とともに、当時、私の見た初期のアメリカ産SFドラマ。
トニーとダグという二人の若い科学者がタイムトンネルに入って時空を旅しながら、いろいろな歴史上の事件に巻き込まれるという話。たいがい、二人のどちらかが戻ってきて、戻れなかったもう一人を助けに行くという話だったと思いますが、面白かったですね。タイムトンネルを奥に向かって歩いて行くと、必ずバチバチとかいって、煙りが出るシーンを覚えています。毎回、子供にはこたえられないわくわくするドラマでした。DVDが出たら、欲しいです。
スタートレックにも同じようなタイム・スリップ物がありましたが、歴史を変えてはならないという不文律があって助かる人を助けないとかいう話があったような気がします。
古い映画ファンにはなじみの脇役、ホイト・ビッセルという人が所長役で出ています。ゲイリー・メリル(声は桑山正一だったような...)という俳優も軍の関係者のような役でレギュラー出演しています。
NHKで再放送してもよさそうなものですが。
2010/03/15(月) 03:02:30 | URL | ブロンソン
白黒テレビで
見ていました。でも、トニーとダグが時間を越えていく場面は、画面を凝視していると何故かカラーに見えた様な気がしていました。
2010/03/15(月) 12:31:30 | URL | 心は少年
トロイの木馬
日曜日の夕食前、家族揃って観ていたような気がします。
危機一髪のところで、違う時代へ飛んで次週に続くというパターンが多かったように思いますが、本当にドキドキしました。
トロイの木馬の話もこの番組で初めて知った感じです。
トニーとダグがトロイの市壁の扉を開けてはいけないと必死で言ったのに扉が開けられてギリシャ軍が攻め込んでくるという場面があったような記憶があります。
2010/03/15(月) 19:10:21 | URL | モデラート
暴君ネロ
私は「暴君ネロの亡霊」の話を覚えています。

ネロの亡霊がタイムマシンに乗って現代にやってくるのではなかったかなあ。
雷?暴風?で姿のない亡霊を表現していたような記憶があります。

もう一度、第一回から見たら、ああ見た見た・・・となるのかもしれませんね。

科学者の2人のうちの1人が、体にぴったりとした服を着ていて、幼心にも妙な感じがしました。

2010/03/17(水) 01:24:49 | URL | すけきよ
このプラモデルも作った。
プラモデルはしょぼかったです。
確か、トンネルの後部の豆球でスライドのようなものを照らすような。

 女(性)科学者アンを演じていた、リー・メリーウェザーは、映画版のバットマンで、キャット・ウーマンを演じていましたね。

 ところで、TVシリーズのバットマンで、バットマン原子炉に落ちていくキャット・ウーマンは誰が演じていたのでしたっけ?
2010/03/18(木) 00:26:32 | URL | 昭和ど真ん中
>膨大な予算を疎まれて実験中止に 追い込まれようとしていたんです ね。

民主党にかかっちゃ、すぐに事業仕分けの生贄?ですな。でも、ハヤブサも成功したことだし。案外種子島の奥深くで日本版「チックタック」事業が進行?しているのかも(笑
2010/06/15(火) 20:15:41 | URL | aonosato
終わりまで見られませんでした
「タイムトンネル」は終わりまで放送がなかったと思います。
他には「宇宙家族ロビンソン」も話が終わらないで放送終了だったように覚えてます。
2013/12/11(水) 16:47:13 | URL | 昔の子供
あらあ。このスレ、初返信なんですね。申し訳ないです。
まるでタイムトンネルをくぐったかのように、懐かしいお名前への返信となります(苦笑)。


● ブロンソンさん
DVDは、さすがにもう出てると思いますけどね。
ああ、一人ずつテレコで探し合うのね。上手く出来てますよね。


● 心は少年さん
なるほど。判る気がします。
白黒の模様見てると間に色が見えますよね(笑)。


● モデラートさん
やはり夕方になってから皆さんご覧ですね。
トロイの木馬、パソコンの世界では厄介者ですが。


● すけきよさん
なんか、急に科学的でない話ですね(笑)。


● 昭和ど真ん中さん
プラモ、有りますね。
おそらく今では超弩級のプレミア物かと。
キャット・ウーマン、ご存知の方はいませんかね。


● aonosatoさん
なんか、時機を逸した返信になってしまって特に申し訳無いです(苦笑)。
きっと特定秘密で処理されるから、失敗に終わっても永遠に国民から糾弾は受けませんね(笑)。


● 昔の子供さん
そうかもしれません。
日本への配給が打ち切りになる場合も有るし、
アメリカの制作姿勢自体が日本ほど厳密でなく、最終回そのものが作られない事もあります。
2013/12/11(水) 20:49:14 | URL | ごいんきょ
NHK
サンダーバードの後番組だった記憶が在ります。ちなみに日曜日の午後6時からの放送サンダーバードの頃からカラー放送見てました。当時の転勤族は配属先によってはテレビが映らない場合もありました。ブースターとコンバーター(UHF波取るための機械)のカラー放送仕様によるパワーオーバーが原因で1年間ほどテレビ見れませんでした。早く言えばテレビ無
2014/05/12(月) 05:05:28 | URL | 名無しのおばん
タイムトンネルは日曜18時からもやっていたので、サンダーバードの後番組だったのでしょう。
ただそれは再放送で、まず土曜の夜に放送されて、次の日に再放送という形式だったみたいです。
2014/05/21(水) 07:06:49 | URL | ごいんきょ
最終回
日本での最終回はダグとトニーはこれからも時間の旅を続けるというようなナレーションで終わりました。
本国ではタイタニックに降りてループするような話だったようです。
2015/08/21(金) 23:22:25 | URL | さざんくろす
うーむ。
戻れないという、投げやりな終わらせ方(苦笑)。
2015/08/28(金) 00:52:49 | URL | ごいんきょ
DVD出ました。
日本語版ののが出てます。当事のNHKで放送されたままの形式です。
2015/10/14(水) 22:12:12 | URL | パンセさつま
唐突に終了してしまって…。
中学の頃だったかに視ましたが、確か西部開拓時代に騎兵隊のカスター将軍がアパッチインディアンに全滅させられる伝説の逸話のエピソードからでした。その後も再放送で、結果として第一回からも視られましたが、最終回のエピソードでは終わり方が唐突な印象を受け、後々、考えてみたら(恐らく)本国アメリカでは視聴率が悪くて番組打ち切りとなったのでは…と想像しました。
トニー役のJ・ダーレンは、のちに『ナバロンの要塞』でも観ましたが、本業は男優ではなく「歌手」らしいです。
2015/10/17(土) 15:35:07 | URL | 超小っ人
● パンセさつまさま
1分間の日本版最終回エンディングなんてものが有ったのですね。


● 超小っ人さん
間の小さい「っ」を発音するのが難しい方ですが(笑)。
なかなか聡明な方というか、放送事情まで推察されていたというのは。
向こうでも歌手あがりの俳優というのがいるのですね。
2015/10/18(日) 12:50:38 | URL | ごいんきょ
DVDは欲しいけど
再放送の外国テレビドラマラッシュの際に視ていたものですが、
他の作品に比べて質が低かったような気がします(特に特撮の)。
 でも日本未放送話や、本国版最終回は視たいので、廉価版BDの登場を待ち望んでます。
ナポレオンソロも、字幕版が全話放送されるのでDVD化の可能性は高くなりましたし、ミステリーゾーンも、全話DVDこそなりませんでしたが、未ソフト化話がなくなりましたし、
インベーダーも全話DVD化されますし(最終回以外特に視たいと思いませんンが)。
個人的には「燃えよ!カンフー」
3rdシーズンが日本語吹き替えのみ、または字幕のみでもいいからソフト化してくれたら・・・
 
2015/10/18(日) 18:10:20 | URL | 再放送組
質ねえ。
和モノに比べたら、比較できるものが無いほどと思いましたが。
燃えよ!カンフーは、たしかに出て来ませんねえ。
制作元がどうかなってるのかな?
2015/10/22(木) 04:25:41 | URL | ごいんきょ
トイレや食事は? 睡眠は?
「ごいんきょ」さんは、ピンポイントで歴史的事件の最中に飛びこむことに不思議を感じていたようですが、私としては、教授やアン(確かそんな名前)や将軍みたいな人たちは、いつ食事をとり、いつトイレにいってるのだろうと不思議に思ってました。番組の流れの通りだとすると、皆さん、不眠不休でお勤めのようでした。
 さて、北海道では土曜の4時くらいの放送だったはずです(お得意の地方時間)。そして、いまでも謎があるのですが、わかるかた教えてください。「タイムトンネル」のテーマ曲と「巨人の惑星」のテーマ曲が同じと記憶しているのですが、似てただけなのか?いかがでしょう。
2015/10/25(日) 18:03:43 | URL | みのモンタナ
主題曲ですが、かなり違いますよね、聞き比べると。
ただ、似た印象の曲ではあるので、記憶の中で混同するのはわかります。
2015/10/26(月) 20:05:36 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
                 5円ブロマイド  タイムトンネル                    ...
2012/02/24(金) 22:57:49 | アニメ・特撮メカの魅力
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ