私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ヤッターマン (1977)

該当番組画像募集
昭和40年代後半、関東地方では夕方5時から6時台というのは、子供にとって不毛地帯だったんですよ。
多くの民放はニュース、もしくは何かの再放送。せいぜい低予算バラエティ。
よくてアニメの再放送ですから、真底楽しめる番組って少なかったんじゃないでしょうか。
特に土曜日はその傾向が顕著だったのが、昭和50年代になると、TBSが崩してくれます。
5時台のまんがなるほど物語と6時台のタイムボカン二階建ては、
当時のガキ関東人にはほのかな郷愁をくるみながら記憶する人が多かろう、
久々の夕方テレビ至福タイムでありました。

大好評だったタイムボカンもマンネリ感が漂い、衣替えとなったのがこれでした。
通常、好評だった作品の二番煎じ続編は前作初代を超えられないものです。
ところがこの作品は、視聴率という現象面をも含めて初代を凌駕する出来映え。
もってタイムボカンシリーズの最高傑作と評して異論は出ないでありましょう。
とにかく、前作をもっとも超えていたのがハジケまくった演出、ギャグ路線。
タイムボカンはギャグアニメと特定しづらい部分が有りますが、
これはもう、それ以外の何者でもないだろうという存在でありました。
タイムボカンでお馴染みだった悪玉トリオ声優、小原乃梨子、八奈見乗児、たてかべ和也のノリはそのままに、
当作では滝口順平が演じる親玉格の存在が加わり、
以後しばらく継続するタイムボカンシリーズの布陣が整いました。

宝のありかを知る手がかりとなるドクロストーンを探し求めるドロンジョたち悪のドロンボー一味と、
それを妨害するためヤッターワンなどのメカを駆使するヤッターマンらの対決が描かれ、
基本的な番組構成は偉大なるマンネリ。
初代タイムボカンはマンネリ感を打破できなかったものの、こちらでは
マンネリと積極的に添い遂げ、自らギャグにすらしました。
そのパターンは、冒頭、悪商売をするドロンボー一味の動きを察知したガンちゃんらが、
その行く先を追跡し、ドクロストーン(と誤解されている物)を巡って争奪戦展開。
「ヤッターマンがいる限り、この世に悪は栄えない」と大時代的な見得を切るヤッターマンに、
ボヤッキーが新開発したメカを投入する後半の盛り上がりとギャグ展開が白眉でした。

ボタンを押す時の「ポチッとな」とか、おだてブタによる「ブタもおだてりゃ木に登る、ポァー」とか、
まあ当時の子供達で知らない人間はいない、流行語という認識すらも大きく超えて
ごくごく普通の日常語に浸透してしまっている言葉も量産されました。
そうしたギャグ路線、浸透語の象徴的存在が、滝口演じた悪玉のボス・ドクロベーの声。
「ほ~ら、おしおきだべぇ~」の声とともに爆発で素っ裸にされるドロンジョ様の姿には、
結構かくれファンが多かったのではないかと推察されます(笑)。
前作以来の山本正之によるノリノリ主題歌も含め、隅から隅までノリノリの、
アニメ史上でもなかなか比肩する存在の無い、本当に楽しい作品でありました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
滝口順平さんに敬意をこめて
まずは先に一言。タイムボカンはフジテレビです!
で、本題。ちょうど自分はリアルタイム世代なのでよく覚えてます。初めて物語と前後して、テレビ朝日やフジテレビが夕方子供番組をやりだしたのでパターンとしては6→10→8と見ていました。先日亡くなられた滝口順平さんはタイムボカンシリーズで3作品にレギュラーで出てましたね。特に、ドクロベー様は滝口さん以外考えられない正にはまり役でした。慎んでご冥福をお祈りします
2011/09/03(土) 10:54:48 | URL | かむい
ご冥福をお祈りします
今日のぶらり途中下車の旅も、当然、滝口さんの追悼企画でした。

ただし、追悼番組にありがちな悲しみに明け暮れたようなものではなく、過去の名場面を流しながら、最後に旅人(阿藤快、舞の海、太川陽介、出場回数の多い人たちです)が、短いメッセージを伝えるというシンプルなものでした。

最後まで現役のまま逝った滝口さんらしい終り方です。


で、ヤッターマンですが、当時はあまり興味がなかったのと、家族で料理天国(裏番組)を見ていたので、リアルタイムで見た記憶はほとんどないですが、何度も再放送していること、リメイクでテレビや映画で作られたということで、もちろん知ってます。

特に、当時の再放送で出てくる流行語やCMなどをもじったフレーズが時代を感じさせて面白いです。

ここ数週間、週替わりで大物声優(近石真介、神谷明、増岡弘[なんと、新旧マスオさんの競演])が代役を務めてましたが、後継者は誰になるのでしょうか。
2011/09/03(土) 11:42:04 | URL | 10000k
数年前にytv制作でリメイク版が放送されましたが
山本正之による素晴らしいオープニングテーマのボーカルが世良公則でギターが野村義男(T_T)
ナレーターの山寺宏一は彼なりには頑張っていたとは思うが、古代進の声を演じ一時は声優ブームの中心にいた故富山敬には残念ながら足元にも及ばない。
エンディングテーマに至っては問題外。
そんな中、悪役3人とドクロベエ様は前作から30数年経っていても変わらぬあの大ベテラン声優4名によるまさにプロフェッショナルの仕事。それだけでもリメイク版を観る価値がありました。
そんなプロ中のプロの一人、滝口順平さん。最近は「ぴったんこカンカン」のナレーターでもいい味を出していらっしゃいました。
御冥福をお祈り申し上げます。
2011/09/03(土) 21:33:57 | URL | ナベチン
何とる?これとる?イスをとる?
あたしは○○子よーん。
で、3種類のメカからひとつが選ばれる。新しいおもちゃの発売にあわせるのはこの世界では常識、なのでしょうけど、不人気のヤッターメカもあったのでは・・・。パンダは一番人気か?
かーわいそぅ、かーわいそぅ、なぜなぜ、この世に生まれたの?ブー!
2011/09/05(月) 08:01:18 | URL | いくちゃん
ヤラレメカは芸術の域
前作は昆虫と架空のも含めた主にそれ以外の生物でのメカ戦であったのに対し今作は生物vs何かのテーマの寄せ集めかオブジェとさえ言える物との対決であったのではなかろうかな

デザイナーの大河原氏はモビルスーツの様な物から今挙げた物に至るまで描いたのでもしかしたらダビンチよりも凄えかも
2011/09/05(月) 21:48:22 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
● かむいさん
すみません。
なんで間違えたんだろう(苦笑)。
いくら下調べを基本的にしないと言っても、この間違いは無いですね。
滝口さんは3作ですか。印象より少ないですね。


● 10000kさん
ぶらりの独特のアナウンス、松尾伴内さんがさんまさんのコントでよくネタにしてるんですよ。
本当にあのやり取りが好きだったんですが、あれも無くなるかなあ。
TBSは料理天国でしたね。
こちらを卒業してからはそちらを見てました。


● ナベチンさん
ぴったんこもやってたんですか。
最後の最後まで現役職人。なんと素晴らしい。


● いくちゃんちゃん
敵も味方も、ミニメカが面白可愛かったですね。
ご指摘はグーチョキパー子ですか。
この番組も前作からのタカトク提供だったのかな。
プラモが有ったのは覚えてます。


● ガッツさん
なるほど。
マニアックな世界は縁の下の力持ちもわりと評価されたりするのがいいですね。
2011/09/11(日) 20:43:50 | URL | ごいんきょ
滝口さんの声まね
滝口さんの声まねといえば、かつてはタモリもよくやってましたが、自身が似たような番組(ブラタモリ)を手がけるようになってから、やらなくなってしまいました。
2011/09/12(月) 22:24:45 | URL | 10000k
あれー、タモさんもやってましたっけ。
それはあまり印象に無いなあ。
2011/09/18(日) 17:49:53 | URL | ごいんきょ
その後の「タイムボカン」
あと「ヤットデタマン」とか「逆転イッパツマン」とか「イタダキマン」もありました。「ゼンダマン」もありました。
2011/11/30(水) 17:04:45 | URL | 永山修一
タイムボカンシリーズですね。
ヤッターマン以降は尻すぼみという感は拭えません。
2011/12/04(日) 23:09:38 | URL | ごいんきょ
料理天国は土曜6時じゃ無かったっけ?
料理天国は土曜6時からだったと思いますが・・・、ちなみに関西ではゴレンジャーも土曜6時で(私が再三取り上げている部長刑事の影響です(笑)。ちなみに遅れ放送では無く先行放送でした。ちなみに本来の番組であるコンバトラーV等は前日の金曜日夕方に先行放送されていました。)、関西テレビもフジ金曜7時枠(電人ザボーガー等の特撮・アニメ)の遅れ放送を行っていたので、関西だと土曜6時枠はジミ~に視聴率競争の時間だったりと。
それはともかく、お笑い好きの私としては昼間の吉本・松竹芸能の演芸番組群、8時だヨ!全員集合(極一時期、欽ちゃんのドンとやってみように取って代わりかけますが)といった土曜のお笑い番組群に新たに加わった番組というイメージも強いですな。
ノリやアドリブ主体で話を展開させていったり、暴走気味のおふざけ振りといった点で後のひょうきん族に相通じる面がある様にも思えますね。
2012/03/25(日) 02:22:02 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
そうですね。
すべて、何故かタイムボカンをTBSと勘違いしたのがいかんのですが(苦笑)。
はじめて物語の流れと思い込んじゃったんだな。
部長刑事を一回も見れない関東人も可哀想です(笑)。
CSで初期から放送して欲しい。

これをお笑い路線と取れますかあ(笑)。
きよしさんも面目躍如って感じかな。
2012/03/25(日) 08:33:38 | URL | ごいんきょ
ボヤッキーの読み上げてた女子高生からのお便りってほんとにきてたのかなw
2012/03/25(日) 19:08:09 | URL | じん
ああ、読んでましたよねえ(笑)。
来てるわけないんですけど(笑)。
2012/04/07(土) 06:15:40 | URL | ごいんきょ
何だかんだ言いながらも、結局、最初のタイムボカンからフジでの最後のイタダキマンまで見ていたなぁ(笑)
私自身がちゃんと見ていたのは「ゼンダマン」の前期辺りまでですけど、丁度、妹がアニメを見る世代になったもので、最後のイタダキマンまで見る羽目に(笑)。
当然、後期タイムボカンシリーズ作品の印象はヤッターマンに比べると薄いですけど、「ヤットデタマン」の巨大ロボット大巨神と例の三悪トリオのあまりにも馬鹿馬鹿しいお約束のやり取りはこちらも分かっていながらも大爆笑していたもんです(笑)。
2012/07/05(木) 22:16:29 | URL | TXの無いテレビなんて・・・
もう、全員でマンネリを遊んでましたからね(笑)。
2012/07/29(日) 21:38:35 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ