私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



バビル2世 (1973)

該当番組画像募集
ルパンは三世、バビルは2世。
アニメマニアなら誰でも知っているこの表記。
バビルって何よと思うに、宇宙人らしいですけどね。
この番組は魔法使いチャッピーとリミットちゃんの間に放送され、
魔法使いサリー以来メグちゃんまで連綿と続いたNET月曜夜7時の魔法少女枠で、
唯一、男子を対象にしたアニメでした。
だから第1回のOPが始まった時、エライ雰囲気変わったなーと思いましたね(笑)。

ところが、流れ出したその歌のカッコいい事。
この頃、方々の子供向けテレビ番組主題歌をカッコよくした二大巨頭の一人、
菊池俊輔の代表作の一つであります。
原作は横山光輝の超能力少年もので、物語設定は唐突感が否めないものの(笑)、
細かい部分に於いて新機軸がいっぱい用意されておりました。
唐突感というのは、突然理由もなく目覚めて、それまで育てられた家を出ちゃうとかね。
そんで着いた場所が砂漠の中のバビルの塔。
無駄な状況描写が一切無く、いきなり非日常へと舞台を移す強引さがいいですね(笑)。

そのカッコいい主題歌で歌われている通り、バビルの塔は五千年前に作られているといいながら、
何故かその当時の昭和40年代に於ける最新コンピューター設備並の科学力(笑)。
このコンピューターが的確な判断を常に下し、バビル2世にアドバイスしたり、
自らの塔を砂嵐に隠したりして守ってきているのですね。
この塔をバビル1世から受け継ぐ事になった浩一は、その出自、
宇宙人であるバビル1世の血を継ぐ超能力者である事をコンピューターから知らされ、
様々な教育を施されて、正義の超能力少年バビル2世として活躍するというお話。

このバビル2世たる位置にはもう一人適格者がいて、
それがバビル2世のライバルとなる、ヨミでした。
メグちゃんに於けるノンに踏襲された、悪役顔色のヨミは(笑)、
その邪な心以外はすべてがバビル2世と同等の力で、
故に二人の対決は文字通り、死力を尽くしたものとなるのです。
しかし、ヨミは世界征服を目指して組織的な部下や、強大な設備などを擁しており、
特に初期の第2回で登場するゴーリキーは、非常に忘れ難き相手です。
レンガがブーンブーンと飛んできて段々と組み上がっていくその様。

一方の浩一にも、補佐してくれる3つのしもべがおります。
空飛ぶ怪鳥ロプロス、海潜る巨人ポセイドン、そして地を駈ける黒豹の如きロデム。
このロデムは実は変幻自在のスライム状の本体で、
その昔のターガンに於けるヒューヒューポーポーのような存在でした。
まあヒントを得たんでしょうけどね(笑)。
通常態は黒豹なれど、そんな訳で人間体にもなれるロデムは、
3つの下部の中で唯一、当然のように人語を操り、
最もバビル2世に近い位置におりました。
黒豹のような姿で、「バビル様」とスマートな声で慇懃に応対するロデムの格差感(笑)。
好きだった人は多いでしょう。

オープニングラストで描写されるが如き、ヨミと浩一の一騎打ちがこの作品の最高潮なのですが、
なにしろヨミが異常な不死身で(笑)、特に原作ではこれでもかこれでもかという形で甦ります(笑)。
単行本で読んだのですが、たしかにドキドキハラハラの手に汗握る展開なれど、
それが無理矢理気味の解決を折角したのに、新章で無理矢理気味に蘇り(笑)、
またあの疲れるハラハラドキドキが続く事になるという… 好きですけどね(笑)。
でも、些かくどい感じもしました。おそらくテレビとの兼ね合いが有ったのかな。
そう言えばテレビ版も、最後の1クールが原作では見た事も無い牧場編になっていて、
ハア?なんじゃこらと思いましたけど。そこまで見てませんでしたけどね(笑)。
だからテレビの最終回は見てないと思います。

横山光輝の原作、菊池俊輔の音楽と共に、この番組を名作たらしめた要素が、
荒木伸吾によるキャラクターデザインでした。
日本のアニメキャラクターに、今日で言う萌え要素を盛り込んだ第一人者で、
そのカリスマ的画力は、何も知らない一般視聴者にも、
独特の感覚を植え付け、惹き付けていたものです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
たしか2クール目からロプロスの表皮?が取れてメカメカしいボディーになりましたよねw

ヒューヒューポーポーですねw
ポセイドン=リキラー
ロプロス=マリュウ
タングロー??

マンガの続編、ワンゼロワンは意外と好きです。
余談ですがジャイアントロボ ジ・アニメーションにはBF団の首領としてバビル2世が登場します。
2012/01/05(木) 19:55:58 | URL | じん
そうそう。あれは驚きました。
ロボットだったんだ!って。
火を放たれて焼け死ぬかと思ったら、そういう事だったんですね。

ターガンとの類似性については、当のターガンスレで既に触れた内容なんですけどね(笑)。
まあ陸海空3つのしもべに、それぞれモデルがいたという事でしょうけど、
局も同じNETですし、局側の意向も有ったんですかね。

その名は101。最初の頃は画調が少し違うので、
まさか続編とは思ってませんでした。
そのうち、バビル2世とかって言葉が目に入ってきて「えっ!?」と思いましたが、
その時には物語が進んでしまっていて、乗り遅れました。

BF団って悪者ですよね。
なんでバビル2世が?
2012/01/08(日) 07:30:36 | URL | ごいんきょ
ロデム
ロデムの原型は『鉄人28号』“戦慄の光る物体”(1965)に登場した不定形生物じゃないでしょうか?
ちなみにターガンより前の作品です。
また、“戦慄の光る物体”は、後の『ターミネーター2』とストーリーがそっくりです。

たしか『バビル2世』は、旧約聖書のバベルの塔の記述から、元々は『バベル2世』だったはずが、担当編集者のミスで『バビル2世』の表記で予告を載せてしまい、同表記でロゴまで作ってしまったんだったと思います。
それが、横山光輝氏の「まぁ、バビルでもいいじゃないか」という判断でそのまま採用、塔の名前だけはあまりに有名すぎるためか「バベルの塔」のままでしたが、アニメではそちらも「バビルの塔」にされてしまいました。
2012/01/08(日) 23:27:53 | URL | esme
忍者ハットリくん(アニメ版)
 忍者ハットリくんのアニメ版はバビル2世より少し後だったと思いますが、主題歌をつなげて歌うのが(一部で?)流行っていました。
♪ロデム変身、地を駆けろ~
 ござーるござるよハットリくんは~
2012/01/09(月) 14:24:38 | URL | あぶもんもん
ジャイアントロボ・ジアニメーショは言ってみれば
横山光輝版、大甲子園(水島キャラ総登場)みたいなもので
BF団には他にサニーザマジシャン(魔法使いサリー)や
マスクザレッド(赤影)などさまざまな横山キャラがでてきます、面白いですよw

唯一登場しなかったのは鉄人28号だけですね、村雨探偵は登場しましたが。
2012/01/09(月) 20:41:24 | URL | じん
● esmeさん
ほう。ロデムの前身が有ったのですか。
SF発想なんて、いつか誰かが考えそうな事がほとんどですもんね。
先人はそうした時機の利を得た幸運な人たちって気がします。
原作ではバベルの塔でしたっけ。
予告で告知した内容が本作に影響を与える例って有りますね。
そういや、昔は新連載予告って有ったんだよなあ。


● あぶさん
繋がるかな?(苦笑)
なんか無理矢理感が(笑)。


● じんさん
あら。あれはそんな内容だったんですか。
横山先生はどの辺まで噛んでるのかな。
2012/01/28(土) 07:03:08 | URL | ごいんきょ
学生服が戦闘服に変わったり、パイルダーみたいな戦闘機(?)が登場したり、挙げ句、ごいんきょも触れている牧場編という新たなシリーズが始まったりと何かと設定が変わりましたね。
とはいえ、ボクの回りでは、次の日、その話で持ちきりになるほどの人気で、初めて自分で買ったレコードがこれでした。(平凡でしょ?)
2012/03/15(木) 11:16:55 | URL | naokiman
パイルダーみたいな戦闘機。言われればそうだな(笑)。
うーん、あれも露骨なパクリだったか。
やっぱ浩一くんは制服でないと。
その辺でも幻滅しました。

平凡でいいじゃないですか。
初めて買ったレコードがハレンチ学園なんて、絶対に人には言えませんよ(笑)。

ワタクシは収録されてるLPは買っていて、何度も何度も聞きましたけどね。
これとアイアンキングEDは、本当に何度も。
2012/03/15(木) 22:25:21 | URL | ごいんきょ
ハレンチ学園wwPTAが黙ってませんねw

アイアンキングはパチモンのほうが聞いた回数多いかなw
2012/03/17(土) 00:02:59 | URL | (ハンドル未記入)
アイアンキングは9社相乗りでしたからね。
でも主流のTBS系AMON盤が圧倒的に流通量多いんですが。
2012/03/20(火) 07:54:50 | URL | ごいんきょ
横山キャラは正装が多い
何せ正太郎とovaでの大作や101での浩一もブレザースタイルであり軽装と呼べたのはマーズぐらいなので
でもさすがに赤影や影丸が裃を着たりとかは無い
2012/03/25(日) 15:44:27 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
いや、忍者はあれが正装?なんでしょうが(笑)。
横山先生の作品はどれも品が有るんだけど、そう言えば服装も大きいのかな。
あばれ天童とか番長ものすら品が有りましたからね(笑)。
2012/04/07(土) 06:17:50 | URL | ごいんきょ
関西圏ではMBSでした。

当時のNET(現テレ朝)系列局は
HTB
NET
メ~テレ
MBS
KSB
HOME
KBC
だけでした
2012/08/29(水) 08:29:31 | URL | 山部
毎日放送ですね。
2012/08/30(木) 23:41:46 | URL | ごいんきょ
ロデムがカッコ良かったぁ。ロプロスもポセイドンも人間の言葉を話さないけど、低い声で話すロデムは、学校でも女子の間ではダントツ人気でした。
2014/02/16(日) 00:48:17 | URL | ろみたん
ロデムの声、渋かったですよね。
でも、たしか女性にも変身したんだよなあ(笑)。
2014/02/17(月) 01:25:37 | URL | ごいんきょ
昔は再放送
今は中古のコンビニコミックで楽しんでます。横山先生の作品は大人になった今でも楽しんでます。他にも戦国武将物もイケます。おススメします。
2014/06/17(火) 20:23:20 | URL | とらお
横山先生は意外と間口が広く、しかも大ハズレは無いですね。
2014/06/20(金) 22:59:33 | URL | ごいんきょ
許しがたい牧場編
「ごいんきょ」さんが、おっしゃる通り、最終回で、ロデムがバビル2世のリクエストに応えて、女性になりましたよね。
しかし、あの牧場編はやめてほしかった。とくに、ヒロインのユミちゃんでしたっけ、全然色気がないんですよね。はじめの頃は、詰襟学生服のバビル2世にお似合いの、学生服のお嬢さんがヒロインでしたよね。たしか2、3回、見れなくて、次見た時に、バビル2世が牧童のかっこして、馬に乗ってたんですよ。「いつの間に引っ越したんだ」「早く首都に戻ってくれ」と思いましたが、願いが叶うことはありませんでした。
2014/06/22(日) 01:41:39 | URL | みのモンタナ
最終回だけでしたっけか。
原作でもなっていたような。
ユキちゃんでしたか、たしかに色気が無かったな。
ジーンズで牧童姿ですしね。
いまリメイクしたらもっと違う役割を要求されるんでしょうけどね。
牧場だろうとなんだろうと、ミニスカで出すでしょう。

最初の女の子は由美子ですか。
迷惑をかけないように出て行くのですが。
ヨミを倒した後は、きっと戻ってるんじゃないですかね。
2014/06/29(日) 08:22:48 | URL | ごいんきょ
みのモンタナさまとごいんきょさまへ
みのモンタナさまとごいんきょさまへ

たしかに27話以降はつまらない話です。ユキは色気が全然無くて、水着を着た時なんてかわいそうな位でしたよね。私も、荒野の少年バビルは受け入れることは出来ません。 浩一君はヨミを倒してしばらく牧場で働いたら、折を見て東京へ戻っていることでしょう。 浩一君も由美ちゃんのところへ帰りたがっていましたからね。
2017/04/14(金) 15:47:58 | URL | 私も牧場編は駄目・・・
なんで、あんな展開にしちゃったんでしょうねえ。
全26回の予定が、たまたま評判良かったのでムリヤリ延長したって感じなんでしょうが。
2017/04/23(日) 22:13:06 | URL | ごいんきょ
女サイボーグ
女性型のヨミのサイボーグが登場したの、知っている。黄色い服(下はスカート)人間の顔が振り向いた時に赤いサイボーグの顔に変わってバビル二世に襲いかかり、電撃攻撃を受けて服が焼けてしまうというの覚えている。
2017/06/10(土) 02:40:24 | URL | (ハンドル未記入)
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ