私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



フューリーとソニー (1958)

該当番組画像募集Fury

♪ ライオン歯磨 ライオン歯磨
  ライオン歯磨 ライオン歯磨
  ライオン歯磨 (タラララッタラ)
  ライオン歯磨 (タラララッタラ)
  ライオン歯磨 (タラララッタラ)
  ライオン歯磨 (タラララッタラ)


のっけから、なんでこんなにライオン歯磨を宣伝するのか?
ステマじゃないのか!?と訝しんだ貴方、ちょいとお待ちを(笑)。
ここは昭和のテレビに関する事なら大体なんでも語ってしまうブログでありまして、
往時のテレビとはスポンサー様が天皇にも擬された絶大権力、
それはもう、他社相乗りが当たり前の現在とは比較にならぬほどでありましたから、
特に黎明期のテレビを語る上で、スポンサーも外せない存在なのであります。
そんな訳で決してステマではないので、企業から何か貰っているわけではないです。
わけではないですが、くれるなら貰う心の準備は有るので、
当ブログで宣伝になった企業の方々、御志、いつでも受け付けております(笑)。

テレビのおばちゃま、テレビ幼稚園と、1950年代の番組が続いたので、
しばらくフィフティーズ特集と行きたいと思います。
その頃の番組の情報はネットでも非常に少なく、意義も有るでしょう。
思ったはいいし意義あるのも大いに結構なんですが、
やる方の身になれよ!、って、思ったのもやるのも俺か(笑)。
とにかく情報が少ない時代の番組は、非常に記事にしづらい。
しかも、苦労して記事にしても当時見ていた人のコメントが返るのはほぼ皆無(苦笑)。
これだけパソコンも普及してるんだし、きっと読んでいる当時世代の人もいるはず。
恥ずかしがらないで、是非あなたのご記憶でテレビ史を補完して下さい。
うろ覚えで結構です。
誰も責めませんし、責める人間がいても相手にしないというサイトです(笑)。
すべての文責は当方で請け負ってますので、どうぞお気軽に。

で、冒頭の歌詞は勿論、この番組のオープニングテーマ冒頭。
歌うはなんと、トンちゃんこと雪村いずみ。
テレビ主題歌の探求をしていると、つくづく、いろんな歌手が歌っていたと思い至ります。
三人娘の江利チエミは勿論、あの御大・美空ひばりも、数多くのテレビ主題歌を歌いました。
長く芸能界で生き残り、それなりの地位を築いた歌手で、
テレビ主題歌を歌った事がないという人間は、物凄く珍しいとすら言える存在で、
少なくともワタクシには、これと言って思い当たらぬ程です。
ま、もしそういう歌手がいたら、それはいろんな意味で運が無かったという事ですね。

雪村はその歌手としての出自、進駐軍回りから洋楽カバーを主とした初期の経歴からのイメージか、
テレビ初期に担当した主題歌は、やはり外国ドラマが主だった感じで、
この番組の他にペティコート作戦なんかも歌っております。
更に後年になると、普通のドラマ主題歌なんかも歌ってますけどね。
この頃はまだまだ若かったので、溌剌とした歌も合ってました。
CMソング黎明期の巨人・三木鶏郎が手掛けるこの主題歌、
のっけからマーチングでライオン歯磨の大連呼(笑)。
冒頭の連呼が済むとようやく普通の主題歌が始まるのですが、
最後もまた、ライオン歯磨ライオン歯磨で締めるという念押し。
お前らの脳髄にライオン歯磨練り込んでやる~という執念すら感じます(笑)。

てなわけでこの番組はライオン歯磨提供だったのですが、実は開始当初はソニー提供でした。
最初のタイトルは、『フューリーとソニー』。
原版でジョーイと呼ばれた主人公の少年は、憐れ、勝手にソニーという名にされました(笑)。
そして放送曜日が『スーパーマン』再放送の後枠に移り、提供もライオンに衣替え。
その際、タイトルにソニーが入ったままというわけには流石にいかず、
スーパーマンの流れから、『スーパーフューリー』と改題されました。
確かに、賢馬フューリーが活躍するお話ですよ。
でも、スーパーマンみたく超人… いや、超馬的な存在なんかでは勿論ありません。
そこにスーパー付けちゃう当時の感性。良く言えば大らかですね。
ちなみに、ソニー枠の後番組が、『ソニー号空飛ぶ冒険』というヘリコプターもの。
なんでもかんでもソニーと名付け、サニー千葉や魔法使いサニーの名を剥奪していたソニー。
良く言えば、名前を売るためにやりたい放題って感じだったですかね。
こんな書き方じゃ、御志が来ないじゃないか(苦笑)。
とにかく、特にテレビ普及途上の1950年代は、スポンサーの権威絶大なる時代だったという事です。

そんなオープニングでは、フューリーを擬した黒馬に跨った、白い熊が登場。
その熊の頭には人間のように髪がなびいていて…
あら。熊のような顔してるけど、たてがみの有るライオンなんですね(笑)。
それこそ当時のライオンマスコット、Lちゃん。
スーパーマンのようにマントを着け、胸に「L」の字が入ったコスチュームの彼が、
トンちゃんの歌で登場し、馬に跨って手を挙げるというアニメーションが冒頭に有りました。
これってフィルムのわけだから、現存してると思うんですよね。
今後の発掘を待ちましょう。

雪村いずみは、スーパーマン当時からずっとライオンのCMを担当。
歌うCMソングも「スーッとね、パーッとね」というスーパーソング。
とにかくスーパーマンの視聴率、認知度たるや超絶大なるものでしたので、
そのまま「スーパーライオン」という歯磨き商品を展開し、
スーパーと言えばライオンという売り方を当時はしていたようです。
まだまだその勢いを利用しようという事で、半ば無理矢理にタイトル替えたんでしょう。
OPもトンコ、CMもトンコというトンコアワー。
スーパーマンのOPに関しては判明してませんが、きっとライオンのOPが有ったと思われます。

肝心の内容ですが(笑)、荒くれ馬フューリーに牧場の誰もが手を焼いており、
どうしたものかと思っていた牧場主は、出掛けた先で、
ケンカをして石を投げガラスを割ってとっ捕まった孤児の少年を目撃。
牧場へ連れてくると、いつの間にやら彼は、フューリーを手懐けてしまう。
こうして仲良くなったジョーイ… じゃなかった、ソニーとフューリーが、
二人… じゃなかった、一人と一匹で諸々活躍するというお話。
とにかく馬が本当に賢くて、彼こそが本当の主役ですね。
まあ、だからスーパーフューリーというタイトルも有りなのかな(笑)。

ソニーが近づくと、跪いて頭を下げて、子供が乗りやすい体勢になるんですよね。
また、ソニーくんも颯爽と跨って。
チャンピオン、フリッカ、チェス、エドと、馬を主人公にした外国ドラマも一頃多くて、
王道の犬ものや、その頃はチンパンものも多くありましたが、
日本ではチンパンや犬ものは数が少ないながら幾つか作られてますけど、
馬ものってちょっと思い当たらないんですよね。
その他も動物演技ものは外国作品に限られるって感じでしたけど、
そうこうするうち、向こうでもあまり見かけなくなりました。
おそらく、動物愛護団体の圧力も利いてるんでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
美しい明日を作る
 「ライオン歯磨・ライオン油脂」といえば真っ先にこのキャッチコピーを思い出してしまう私です。(^_^;)
 でも、この番組って歯磨の単独提供なのですね。
 油脂の方は洗剤・石鹸メーカーなので、子供向けともいえるこの番組には歯磨の方がふさわしいのかな?
 ライオン歯磨といえば歯磨もそうだけど、それ以外の取扱製品にも印象深いものが。
 たとえば頭痛薬の「バファリン」整髪料の「バイタリス」は有名どころですね。現行商品として今も発売されているのがすごい。
 「ノグゼマ」という洗顔クリームもあったような。
♪ノグゼマは 天然成分7種類
というCMソングを幼少時に聞いたことが。(昭和50年代初期と思われる)
 そして、一時期こちらのBBSでも「3大トラウマ商品」として書かせてもらった絆創膏の「サビオ(サビオA)」も。(^_^;)
 ちなみに上記の4品はどれも海外企業のライセンス製品です。
 でも「ママプリン」というプリンの素を発売していたのは知りませんでした。
 プリンを食べた後はライオン歯磨で歯を磨きましょう、という狙いがあったんでしょうか。そこが気になる今日この頃。
 あ、そういえば調味料の「マコーミック」もあったなあ。
2012/04/07(土) 12:00:21 | URL | 北国の人
そうだった(^^;)
制汗スプレーの「バン」、これもライオン歯磨ですね。石野真子さんのCMがなつかしい。
ちなみにバンも海外企業とのライセンス製品だったはずです。バファリンやバイタリスと同じ会社だったと思います。アメリカのブリストルマイヤーズだったかな?
2012/04/08(日) 20:17:00 | URL | 北国の人
ヘアトリートメント「スウィング」
旧ライオン歯磨から、「スウィング」というヘアトリートメントが出ていましたが、これはもろに油脂と競合する商品でした。

CMには、岩崎宏美が出ていました。

ちなみに、油脂でこれに相当するのが、「エメロンミンキートリートメント」という商品で、アグネス・ラムがCMに出ていました。

やはり、油脂と競合するせいか、歯磨、油脂合併前になくなりました。

ヒロリンが出ている「スウィング」のCM(1979年放送)は、YouTubeに出ています。
2012/04/08(日) 21:40:24 | URL | 10000k
懐かしのライオンスレかな
なれば懐かしの♪こんな格好で失礼します~という禁止寸前かも知れないのもなければ
ちなみに昭和46~7のもの
2012/04/14(土) 21:29:35 | URL | 熱血王 臥
ライオンの頭痛薬
エキセドリンもありますよね。ちなみにあれもブリストルマイヤーズ社の商標です
2012/04/18(水) 23:33:59 | URL | 鉄ドン
● 北国さん
ははあ。けっこういろんな商品展開してたんですね。
製薬会社って、やっぱり口に入れるものを研究しているから
飲料・食品を作るのはよく有りますけど、歯磨も同じ感じかな。


● 10000kさん
どっちも商品名は覚えてますねえ。
ライオンも競合開発していたとは。


● 臥さん
こんな格好というのは、ハンドルの事かな?(笑)
エメロンってライオン油脂だったんですね。
有ったな~、そんな格好のCM(笑)。
男ですから禁止って事はないんじゃないかな。
裸に関しては物凄い性差別が罷り通ってますからね。


● 鉄ドンさん
やっぱり製薬メーカーと近い商品展開ですね。
2012/04/22(日) 08:33:00 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ