私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



テレビ幼稚園 (1958)

該当番組画像募集

テレビ草創期の元祖こども番組、テレビのおばちゃまの封印を解いたのに併せ、
更にもっと奥の院に封ぜられた番組を解き放ちましょう。
テレビのおばちゃまは、先述の通り、講談社提供の日テレ番組。
日本テレビに続く関東民放第二局のTBSは、これに対し、
スポンサーに集英社を持ってきたテレビ幼稚園で、
草創期朝の時間帯を張り合う構図としました。

草創期は、特に視聴率が見込みづらい朝の時間帯は、
殊更にスポンサー獲得が困難だったでしょうから、
このように企業同士の対抗心も利用していたんでしょう。
これは後の、朝ワイドや昼メロなどでも繰り広げられる構図となります。
多少の時間帯のズレは有ったとしても、ほぼ真裏に同種企業提供で、同種番組を作り合う。
食うか食われるかの広告合戦が、昭和テレビでは熾烈でした。

先達のテレビのおばちゃまが好評で、それが売り上げにも貢献しているという判断が、
おそらく対抗誌側にも有ったんでしょう。
集英社は当時、「こばと」という幼児誌を発行しており、
この番組の正式名称は、それを頭に冠した『こばとテレビ幼稚園』と言いました。
試みにこのタイトルで検索すると、ものの見事にヒットゼロ。
めでたく今回も、世界で初めて詳しく、このサイトが扱う番組となります。
嬉しいな(苦笑)。

先達は先生役を「おばちゃま」と称しましたけど、こちらはそちらよりも
多少は若い人選だったからか、「おねえさま」と称しておりました。
あちら同様、こちらもおねえさまは三人。
放送曜日は月曜から土曜の6日間で、それを三日間交代でやっておりました。
これまた先達同様、こちらも人気が有ったと思われるのは人形劇で、
こちらは「こりすのぽっこ」というのをやっておりまして、
それは当然、本誌のこばとの方でも連載され、人気を博したと言います。

オープニングでは誌名に因んで鳩が使われましたが、ぽっこによるものも有ったようです。
当時の事とて生CMが主流で、ながせとしこ等おねえさま達がそちらも担当しており、
しばらくすると、ぽっこが雑誌を抱えて登場して、おねえさまとやり合う形も登場しました。
テレビのおばちゃまに比べて… と言ってもあちらも今日ではほとんど語られませんが(苦笑)、
こちらは更に振り返られる事も無い、テレビ史に埋もれた番組となってしまいましたが、
テレビ草創期の影響力は企業を刮目させるものが往々にして有り、
この番組での宣伝によって、部数が三倍になったという話です。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
もう一つのテレビ幼稚園
さすがに、この番組の頃はまだ生まれていませんでしたが、テレビ幼稚園と題する番組を観た記憶はあります。
正確には「テレビようちえん」、1970年頃同じTBSでの放送でした。特にスポンサーの付かない枠でした。
企画・製作は放送番組センター、着ぐるみキャラが登場し、日常の疑問解決や道徳心を植えつける話などをやっていたような記憶があります。
2012/03/23(金) 08:11:06 | URL | うみがめ
誌名がかぶります
集英社が「こばと」という幼児向け雑誌を出していたなんてはじめて知りました。

おそらく、かなり早い時期に休刊してしまったんですね。

それにしても、「こばと」という誌名は、もろに「めばえ」とかぶりますね(ひらがな三文字で、まんなかに「ば」)。


>「こばとテレビ幼稚園」

いわゆる冠番組ですか。

でも、単に「こばと幼稚園」なら、どこにでもありそうな名前ですね。
2012/03/25(日) 06:34:56 | URL | 10000k
● うみがめさん
音だけ同じの「てれびようちえん」という番組は、おそらく日テレでもやっていたはずです。
しかし、ご指摘の番組はチェックから外れてたなあ。
本当だ。ロンパールーム直前の時間帯でやってますね。


● 10000kさん
公式サイトを見ると http://www.shueisha.co.jp/history/history3.html
どうも女子対象だった感じですね。
2012/03/25(日) 08:03:56 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ