私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



心のともしび (1966)

該当番組画像募集

明けまして、おめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

とまあ、ワタクシにしては珍しく定型通りのご挨拶となった本年年頭ですが、
今年は第一発目から企画を思いついたので、しばらくはネタ探しに悩まなくて良さそうな、
とてもいい感じの出だしとなります(笑)。
それは、時間帯別特集。
という事で、まず最初は早朝(~8:00)番組を幾つか扱っていきたいと思います。



クライト フヘイヲイウヨリモ ススンデアカリヲツケマショウ
カトリックキョウカイガオオクリスル ココロノトモシビ

ハヤット神父のお言葉で始まる番組で、
カトリック教会がやっていたんでしょう。
まさか神父様が嘘をつくとも思えないので(笑)。
ただ、スポンサーではないんですね。この番組はスポンサー有りません。
始まって数年は火木土の隔日放送という珍しい形態でしたが、
何年かして、毎週火曜日放送となりました。
時間帯は朝6時台で一貫しています。

スポンサー無いなら番組制作費は誰が出してたんだよ?という話ですけど、
おそらく日本テレビが持ってたんじゃないかな。
なにしろ、我らが宗主国アメリカ様の忠実なる下僕であらせられた、
正力松太郎御大がデンと控えし頃に始まっておりますしね。
宗教が地上波に番組を持って流すなんて、日本での商業テレビ放送の
通念からは、本来は逸脱した行為であるはずなのです。

ですがまあ、そこはそれ、悲しき敗戦国。
宗主国様の崇め奉る神様を崇拝するよう、下僕は教導役を仰せつかったのでしょう。
これが出来るなら、みんなの科学だの、そうか総会だのが番組で布教しても良い事に。
おっとアブネエ。新春早々ぶっトバシちまうとこだったぜい(笑)。
ま。日本初の宗教番組としては、同じ日テレが既に『宗教の時間』というのをやっていて、
そちらはまだ遠慮がちに、宗主様の宗教以外も扱って下さってました。
で、徐々に地均ししてから、本格的に洗脳… 失礼、布教に踏み出したんでしょうね。
しかしキワドイの選んじゃったなあ、新年早々(苦笑)。
ま。最もウチらしいと言えばウチらしい内容かもしれませんが。

内容は、カトリックの教義に沿ったものではあったでしょうが、
さすがにテレビ番組なので、一般的な物言いに終始されてはいました。
対談形式で語るものが主だったですかね。
ワタクシはむしろラジオ版の方をよく耳にしていて、
そちらは、ベートーベンの田園がオープニングで使われ、
「心に愛がなければ どんなに美しい言葉も相手の胸に響かない。聖パウロの言葉より。
 カトリック教会がお届けする、心のともしび」という女性アナの声で始まっていたと思います。

カトリックと言えば、先の大震災の際、ローマ教皇も関心を示して下さり、
一般人の疑問に答えを下さるというので、注視しておりました。
その疑問というのは、「なんでこんな悲しいことにならないといけないのですか」で、
教皇のお答えは、「私も同じように『なぜ』と自問しています」でした。
ですがまあ、これは一般人向けの当たり障りの無いお答えで、
本来は、「異教徒の人々だからです。神を信じないからです」
と考えていそうな。カトリック信徒でないのでわかりませんが。

ワタクシも先の震災の時も勿論、個人的な事だって、よくそんな事は考えます。
結局、神仏がいるかいないかは人間如きにはわからないけれども、
何を信じるにせよ、或いは信じないにせよ、こうこうしてくれるから信じます、
こうこうしてくれないから信じません、という姿勢では、正しくないのかなと。
だから一見すると良い人、正直な人が不幸な目に遭ったり、
悪辣な人、不正直な人が世俗的な成功を収めたりもしてはいるけれども、
それでも何かを信じる気持ちを失わないところに、本当の価値が有るんだろうなと。
完全自由思想人のワタクシは、そんなように考えました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
暗いと不平を言うよりも
 「心のともしび」といえば私もこの決め台詞(?)と
♪ピッピッピー ピピピピピ ピッピッピー(なんかこんな感じだった)
というテーマ曲が思い浮かんでしまいます。(^_^;)
 ただハヤット神父の肉声は記憶にございません。
 この番組はたしか「心のともしび運動本部」という団体が関わっていたのではないでしょうか。
 番組の最後にお便りのあて先として 「京都市中京区河原町三条 心のともしび運動本部」って出ていたような。ラジオだったかな?
 ラジオでは「太陽のほほえみ」という河内桃子さんが出演されていた姉妹番組もありました。
 どうでもいいことですが、電気をつけるときに今でもこのフレーズが頭をよぎってしまうのは私だけ?
 
 

2013/01/08(火) 21:06:27 | URL | 北国の人
太陽のほほえみは知らないですねえ。
あれ。前にも電気つける時にその言葉が浮かぶって人、いましたよね。
2013/01/10(木) 06:16:18 | URL | ごいんきょ
村松英子さん
ラジオで、「村松英子のあなたとともに」っていうのもありましたね。
2013/01/10(木) 15:16:16 | URL | オリビア
ごいんきょの見解はさすがに深読みし過ぎでしょう(笑)
第一
、この番組はカトリック系ですけど、アメリカ自身は生粋のプロテスタント国ですし(又、アメリカ独立の背後にイギリス王室が宗主のイングランド国教会(こちらも一応はプロテスタントですが)と、イングランド国教会の改革を訴えたピューリタン(
カルヴァン系プロテスタント)との宗派対立があった事は割合皆に知られている話ですし。
寧ろラジオ版開始当初の事実上のキー局だった文化放送の当初の設立趣旨が聖パウロ修道会(カトリック系)に依る宗教放送局だった(ちなみに聖パウロ修道会は今現在でも文化放送の筆頭株主)事からも分かるように、有り体に言えばカトリックの世界布教の一環と
観るのが正しい認識かと。
まぁカトリックにしても、日本だとフランシスコ・ザビエルに端を発する悪く言えば文化侵略活動を行ってきた団体とも言えようかとは思いますけどね。
2013/01/17(木) 09:57:11 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
日テレは確かに
今から32年前の今頃の時期に先代のローマ法王のための番組を流していたとの映像がユーチューブに今のところある

しかもゴールデンに
2013/01/17(木) 23:19:11 | URL | 熱血王 ガッツぃんがー
● オリビアさん
あなたとともにも、よく名前は挙がるんで浮けど、聞いた事は無いんですよねえ。


● TXさん
まあ、常識的に判断すればそのように取られる事は百も承知なのですが。
例えば皇室をアメリカが影から操作していると書いても、何も証拠は無い以上、
妄想話でしかないわけです。

プロテスタントとカトリック、でも結局キリスト教ですよね。
だからワタクシは敢えて、「宗主国様の崇め奉る神様を崇拝するよう」と書いたのです。
多神教の日本に、西洋の神を植え付けるという意味は有ったんじゃないかなと思ってるんですよ。
そもそもバチカンって、そういう役割も担っていると思ってますし。
一神教というのは、昨今TPPでも話題になる言葉ですが、ラチェットなんですよね。

ただまあ、それがバチカン主導かアメリカの誰かの主導か、
それとも日本側の西洋寄りの誰かかというのは、
ワタクシにも判別はまったく不可能ですけどね。
いずれにしても、日テレがやったのは偶然だとは思っていません。
これがきちんとしたカトリック提供番組だったなら、少し納得しますけどね。
もっともその場合、どんな宗教でも、例えばアレフでも、
金さえ出せば番組枠を提供するという話なんでしょうか。

ま、皇室周りの事も含めて、ワタクシがもう少し重い立場なら書かない事で、
妄想話として読んで戴ければと思います。
それから誤解が有るといけないのですが、ワタクシは信仰心は尊重しております。
2013/01/17(木) 23:35:27 | URL | ごいんきょ
● ガッツさん
お。お久しぶりですなあ(笑)。
やっぱりアメリカ寄りの局だからってのは有るんじゃないかな。
これが、ソ連から金貰ってると笹川御大が叩いていた(笑)テレビ朝日でやったなら、
ああ、単なる提供番組なんだなと思いますが(笑)。
2013/01/17(木) 23:44:52 | URL | ごいんきょ
♪ピッピッピー(笑)
 どーもお久しぶりです。しばらくブログは放置していますが、元気に生きておりますヨ。本年もよろしくお願いいたします。

 北国の人さんのおっしゃる「♪ピッピッピー ピピピピ ピッピッピー」わかりますとも! これの曲名が知りたいと熱望している一人です。ピッコロ、フルート、ピチカートのストリングス、ミュートされたトランペットやトロンボーン、ホルンなどのバロック調の曲ですネ。

 私が記憶している放送時間は、土曜日の7時台でした。例によって「ザ・テレビ欄」でも引っ張ってきて調べればいいのですが、記憶だけで書いてます。寒い冬にはクリープたっぷりのインスタントコーヒーを飲みながらチラ見していた記憶があります。
 オープニングは白黒の宇宙のアニメ(アニメというか、土星やほうき星が動くだけのものですが)でした。なぜ白黒だったのかな? 我が家はけっこう早い時期にカラーテレビになったので、受像機の問題ではありませんヨ、念のため。
 冒頭のアナウンスも女性の声でした。昭和47~8年頃のことです。
2013/01/28(月) 01:35:27 | URL | 自由人大佐
けしからんなあ。自分のブログを放置するなんて。
どの口が言うかという話ですが(苦笑)。

でも、ウチのような毒を和らげてくれる存在が、ネット上には絶対に必要ですからね(笑)。
復活を待っている人は本当に多いと思います。

YouTubeに何故かあがってるんですよねえ、白黒時代のオープニング。
あれってバロック調なんだ。

放送時間は、多少の変更は有るでしょうね。
カラー時代のオープニングも誰かにあげて欲しいですね(笑)。
2013/01/31(木) 02:25:15 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ