私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



幸福ゆき (1975)

該当番組画像募集

幸福駅ブームというのが有りましたね。
ワタクシの記憶では、昭和49、50年あたりだったかと思います。
その少し前から新日本紀行などで注目され始めていたようですけど、
ワタクシあたりまで喧噪が届いたのがその時分という事になりますか。
なにしろ、「幸福」という名の駅が存在していたという意外性ね。
そこの入場券が売れたんですよね、それこそ飛ぶように。

広尾線が存在していた頃は、日本が幸福だった時代。
と言うより、幸福を追い求めていた時代と言った方がいいのかな。
だから、遮二無二できただけ、幸せだった時期ではあるでしょう。
バブルに突入すると、経済的幸福感は臨界点を超えてしまい、
そこからは幸福を追い求める気持ちすら懐疑的になってしまい、
いまだに彷徨っているように、ワタクシには感じます。

そのうち、同じ北海道・広尾線にある愛国駅との抱き合わせで、
愛国から幸福ゆきの切符が売られるようになりました。
雑誌の通販広告で、切符をアクリルにくるんで、
オマケに物によっては4つ葉のクローバーまで付けて、
キーホルダーに細工したりして売り出してたんですよ。
このブームも、けっこう続いていたように思います。

この番組は、そんな時勢をそのまま拝借という感じの企画ですね。
30分ドラマの女王といった風情だった坂口良子を主演に持ってきてますが、
彼女は北海道出身という事で、本当にピタリの人選でした。
また、前番組がやはり坂口主演の『家なき子』で、
続けて薄幸の美少女ものとなるわけです。
主演デビューの『アイちゃんが行く!』といい、そんな役柄が多かった。
愛らしい下がり気味の目が、泣き顔に合ったんでしょう。

この番組は、往年の外国ドラマ『逃亡者』の家族版という感じで、
殺人犯の濡れ衣を着せられた父が、真犯人を求めて逃亡し、
母は亡くなって、姉妹二人で逞しく健気に生きていく物語。
坂口の妹として、まだ小学校低学年だったかな、女の子が出ていて、
その子を庇いながら、励ましながら、でも自分もまだまだ大人ではないので、
時々耐えられないような事も有ったり、という感じでした。

たしか、東京の叔父さんだかの家に引き取られるものの、
宛がわれた部屋は、工場の二階みたいな、とんでもない場所だった気が。
でまあ、殺人犯の娘という誤解が広まり、冷たい視線を受けながら、
少しずつ理解者が増えていくという、いつもながらの坂口良子パターン。
本当に愛くるしい顔立ちだったから、けっこう固定化されてましたね。
池中玄太で、大人の女優として盤石になった感が有りました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
アイドルでしたね
私なんぞが最初のコメントを書いていいのか悩みましたが…
私にとって坂口良子と言えば、
この作品や『アイちゃんが行く!』、『サインはV!』あたりのアイドル時代です。
ホントに可愛くて、憧れてました。
女優としての評価を確定したのは池中玄太あたりなのは周知の通りですが、
上記の作品がその世代を過ごした人間にしか語り継がれないのは
少々寂しいものもあります。
キャンディーズのスーちゃんといい、
いくらなんでも、本当に早過ぎました…
悲しいです。
2013/04/06(土) 21:06:57 | URL | にゃも
いや、ここの形式としましては、ワタクシが常にスレの1なのですが。
うーん、言われてみれば、ワタクシなんぞが1で書いていていいのだろうか。
悩むべきなのだろうか(笑)。

そうですね。アイドル女優というか。
岡崎友紀さん、紀比呂子さん、吉沢京子さん、そして坂口良子さんが、
ワタクシの唱える昭和40年代アイドル女優四天王です。

いや、四天女王?
語呂が悪いな(苦笑)。
2013/04/13(土) 07:19:50 | URL | ごいんきょ
初恋の人
こんにちは。
私は、「幸福ゆき」の前番組、「家なき子」を観ていました。
当時の私は小1位でしたので、ストーリー云々はうろ覚えです。

しかし、良子お姉さんがめちゃくちゃ可愛かったのと、ジーンズ姿がイカシテいた印象が強~く脳裏に焼き付いています。
こんなに綺麗なお姉さんが、本当のお姉さんだったらな・・・と。

間違いなく、私の”初恋の人”ですね。
娘さんをTVで拝見する度、若かりし頃の坂口良子さんを思い出します。

因みに、二番目に好きになった人は しばたはつみ さんです。
みんな若くして逝ってしまうんですよね・・・。悲しいナ。
2013/06/14(金) 03:46:35 | URL | とらふぐプーすけ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ