私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



淋しいのはお前だけじゃない (1982)

淋しいのはお前だけじゃない

レコード版発売記念企画、金曜夜のTBS特集です。
今回は、昭和57年に22時台でやっていた、この番組です。


金曜日にやるドラマだから「金曜ドラマ」。
なんの外連も無い、そのままの枠名(笑)。
だったら金曜8時のドラマも9時のドラマも金ドラだろ、と思うのですが、
何故か知らねどTBSは、金曜10時のこの枠を特別扱いで、「金曜ドラマ」と呼びました。
きっと、命名した人には理由、と言うか、思い入れが有るのだと思いますがね。

金ドラは完全に大人のためのドラマ枠といって風情で、初期には非常に落ち着いた内容で、
しばらくしてから視聴率を取りに行ったのか、当時としては破格の露出や暴力描写を駆使し、
更には、清純派・八千草薫の汚れ役で話題を呼び、ワタクシもそのためにチャンネルを合わせた、
いや、言わんでいいこと言う必要無いけど(笑)、『岸辺のアルバム』のヒットで認知度を得、
バブルの入り口では、またも不倫ドラマで世間の道徳観念を低下させたり、
とにかく、子供はハナから視聴対象から除外した枠でした。

そんな毒の強い作品が少なくない金ドラの中に於いて、市川森一が放ったドラマは、
誰が見ても、誰に見せても、恥ずかしくないし、面白いし、それぞれの次元で楽しめる作品でしょう。
本作品は、その中の一つです。
主演の西田敏行は、借金取りの役。
雇い主から、男と逃げた彼の情婦への取り立てを命じられるというお話。
慰謝料その額、二千万円也。

その女は、とある温泉地の旅芸人一座におりました。
督促する西田は、女と話をしているうちに、彼女の母親がやっていた劇団の芝居を、
自分が幼少期に見ていた事を知るのでした。
恵まれぬ幼少時代を癒してくれた、女剣劇一座の思い出。
そんな恩人の娘と知り、彼は女を逃がす事にするのです。
ところが雇い主は一枚上手で、全てがバレてしまい、
なんと西田までが借金を背負わされる羽目となってしまう。
彼らはその借金返済の手段として、芝居で一山当て、オヒネリで稼ごうと発案。
集まらぬ座員をなんとかすべく、なんと、同じように借金を背負っている人間を集めるのです。

こうして、どこにも行き場が無い、借金まみれの敗残者たちが寄り集まり、
起死回生を夢見ての素人興業が始まるというお話。
下町の玉三郎として一部で話題となった梅沢富美男をテレビで初起用し、
彼は翌年、『夢芝居』が大ヒット。更に翌年には同曲で紅白まで出場と、登り詰めました。
毎回のサブタイトルには、一本刀土俵入だの、名月赤城山だの、
有名な芝居タイトルが並べられるという遊びが有り、
劇中でも、そうした芝居の一部が楽しめるという、一粒で二度美味しい作りとなっております。
こうした、新しい表現を模索したドラマが、金ドラには多かった気がします。
ドラマのTBS、その真骨頂が発揮されていた枠とも言え、
「金曜ドラマ」という非常に単純な枠名には、当初は深い思い入れが有ったのだろうと思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
名タイトル
本当に偶然に観たテレビ。西田敏行さんが借金の取立て屋で、借金しているのは、河原崎長一郎さん、万田久子さん、矢崎滋さん等の有名な俳優さん、けれど場面は少しだけ。

辿り着いた芝居小屋に居たのは、ミュージカルで活躍しているイメージのある木の実ナナさんと初めて観る俳優さん(梅沢富美男さん)。
怖ーーいボスは財津一郎さん。

このドラマ、一体どうなるのかしらと思って引き込まれたのが第1回だったと思います。
題名も素敵です。

梅沢富美男さんや本物の芝居小屋のことなど、その後ワイドショーで取り上げているのを見ました。びっくりするほど御ひねりが飛び交っていました。
2013/12/21(土) 18:12:44 | URL | モデラート
なんと言うか、クセ者っぽい出演者でしたね(笑)。
たしかにクセ者っぽい役柄なんだから、説得力は有ったのかも。

番組題、いいですよね。
と言うか、それから作っただろ感がアリアリというか(笑)。
実際にそうらしいですが。
だから、最後の部分でこの番組題がセリフとして出てくるんですけど、ワタクシは少しこじつけ感を感じますがね。
ドラマ全体としてはもちろん秀作でしょうが。

近年は、親を温泉地に連れて行くのが年初の恒例になっていて、
その折りにけっこう芝居も見るのですが、やっぱりいいですよねえ、生の舞台って。
そして皆さん、芸達者で。
テレビの前でボンクラのように芸NO人どもを眺める正月なんて、もうワタクシには考えられないです。
2013/12/23(月) 11:39:36 | URL | ごいんきょ
大人になった今、見たいです
放映当時の思い出は全くありません。ごいんきょさんの紹介コメを読んでいて凄く見たくなりました。
2014/04/09(水) 20:02:54 | URL | とらお
TBSオンデマンドで見られます。
有料ですけどね。
あとは、DVDになってますから、レンタルとか、
CSでもたまに放送するようですけど。
2014/04/10(木) 00:20:58 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ