私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



3年B組金八先生 (1979)

3年B組金八先生

昭和47年、金曜夜十時に「金曜ドラマ」という枠を作ったTBSでしたが、
八千草薫が汚れ役を演じて話題となった『岸辺のアルバム』で盛り上がり、
夜9時台は既に少し前から「赤い」シリーズが最高潮の盛り上がりを見せており、
夜8時台にも放送していたドラマも、なんとか勢い付けたいと思っていたと思うのです。
しかし、裏番組は刑事ドラマの金字塔『太陽にほえろ!』。
更には、異種格闘技路線で弾みを付けていた『ワールドプロレスリング』。
これら強敵を前に、出すドラマ出すドラマ、どれも玉砕。

木曜20時を我が物顔で振る舞っていたテレパックのホームドラマが駄目。
倍賞千恵子が駄目。
さらばと御大・渥美清を引っ張ってきても駄目。
ありがとうの水前寺も駄目。
郷ひろみ・西城秀樹・桜田淳子を寄せ集めた物量作戦も駄目。
ジュリ~の悠木千帆も駄目。
浅田美代子も駄目。
田宮二郎の白シリーズも駄目。
いよいよ決定版と局が放ったTBSの至宝、『七人の刑事』復活も駄目。

おそらく、もうやけくそに近かったと思うのですね(笑)。
権威・七刑でも充分に満足できる数字が取れない以上、
まったく新しいものに賭けるしかないという思いが出てきたんじゃないでしょうか。
TBSプロデューサーの柳井満は、なんと、テレビの実績がほぼ皆無と言える武田鉄矢を、
いきなり主演に抜擢するという怪挙を成し遂げるのです(笑)。
たしかに『幸福の黄色いハンカチ』で一部に評価されていたとは言え、
当時としては考えられない英断だったと思うんですよね。
他ならぬワタクシも、当初は、かなり疑問符を持ってその報せを読みました。

ところが、いざその演技を見ると、既成の俳優からは出て来ない熱がムンムン。
これは武田鉄矢が俳優として優れていたという事も有るのかもしれませんが、
あの役柄が彼にとても合っていたという事も有るんだろうと思います。
とにかく武田鉄矢という男は運が良い。
そしてその幸運は、彼の人となり、生き様が呼び寄せているのでしょう。
もっとも、そうした人間に生まれてくるという幸運、
これだけは人知には如何ともし難く、天運に恵まれた才と言えましょう。
西田敏行なども同じようものを感じます。

様々な名言や名場面を生み、学園ドラマの新機軸となったこの番組ですが、
実はワタクシは、あまり好きではありませんでした。
第1シリーズでは中学生が子供を産む事を採り上げ、
第2シリーズでは警察が学園で生徒を連行するという、
ワタクシにはちょっと、正視に耐えない題材を扱っておりましたのでね。
ワタクシはやっぱり、絵空事の日テレ青春ものを楽しみたい。
現実では嫌な事の方が多いのでね、創作物くらい、気楽に楽しみたいのですよ。
ワタクシ個人の感想はどうあれ、この番組はおよそ日本で唯一とも言える、
国民的学園ドラマとまでなりました。

また、主題歌『贈る言葉』のヒットも忘れ難いですね。
初めて聞いた時から好きだったので、かなーり経ってからランキングを上がってきた時に、
友人に、「贈る言葉、やっと上がってきたなあ」と話したものです。
ワタクシと違いドラマも楽しんでいたその男も、「本当、やっとだよ。
僕、初めて聞いた時からいい歌だと思ってた」と語っていたものでした。
やはり最初は、視聴率が低かったために主題歌も注目されなかったんですね。
しかし回を重ねるごとに視聴率は伸びてゆき、最終回ではついに、
宿敵『太陽にほえろ!』を眼下に降したと言います。
もっとも、この主題歌についてもワタクシは、
学園ドラマの主題歌にしちゃ詞がチグハグだなと違和感を持ってましたけど。
ま、「贈る言葉」という言葉自体が勝ち要素でしたけどね。
村の時間の時間みたいになってしまいましたが(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
長らく「プロレスの時間」だった金曜8時
金曜8時と言えば昭和30年代より日テレプロレス中継(並びに昭和30年代末まで隔週で放送された「ディズニーランド」)の独壇場で、当時県内民放1局体制でTBSが断然優勢だった地方局でもこぞって日テレの方をネットという事情もあって、他局は打つ手無しと言わんばかりの編成となっていた様ですな。

東京12がエロドラマを装って実は正統派青春ホームドラマ路線の「おさな妻」という言わば「変化球に見せ掛けた直球勝負」が功を奏し、「ハレンチ学園」に次ぐ大ヒット!(従来の東京12番組比)」(ちなみに実際の視聴率は2ケタ前後だった様ですが)となった辺りから、他局も打倒日テレに本腰を入れる事となる(地方が県2局体制となった事情もより大きいでしょうけど)訳ですが、日本プロレス分裂(そもそもの発端となった猪木担ぎ出しにNETが深く関わっているとも)の余波でプロレス中継が日テレからNETに移動した格好となったのと、穴が開いた日テレでレギュラー出演を渋る石原裕次郎を担ぎ出し「太陽にほえろ!」で視聴率低下を最小限に食い止めて以降、従来の日テレ一強から、NET・日テレ二強
で安定し、他局、特にTBSにとっては地団駄を踏む状態だったでしょうな。

以降の事はごいんきょさんにお任せしますけど、「太陽にほえろ!」に、関根恵子がレギュラー起用されたり、「金八先生」での妊娠と、どことなく金8枠で最初に成功を収めたドラマ「おさな妻」を意識したかのように思えるのは……、多分、私だけでしょうな(笑)。
2013/12/30(月) 11:39:15 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
トシちゃんの学ラン
マッチが一回だけ長ランを着る話がありましたが、トシちゃんは毎回中ランでした。腕まくりすると玉虫パープルの裏地が見えて。凄くリアリティがありました。現役の中高生、変形学ラン着てないですね。腰パンは見ますが。
2013/12/30(月) 12:02:58 | URL | とらお
● TXさん
そう。金曜8時はプロレスという時代が、局を跨いで長く続いていたんですね。
おさな妻も金8でしたか。
富島健夫さんの小説にも結構お世話になったなあ(笑)。

そうですね。TXさんだけでしょうけど(笑)、なんか辻褄あってますよね(笑)。


● とらおさん
あれねー。今や爆笑ネタの(笑)。
変形学生服も色々ありましたがねー。
今やどいつもこいつもシャバ僧ばかりですか(笑)。
2013/12/30(月) 23:54:59 | URL | ごいんきょ
金八先生の第1シリーズ
金八先生の第1シリーズが放送開始した1979年当時は、私は…小2で8歳でしたね。第1シリーズって、三原じゅん子さん、杉田かおるさん、鶴見辰吾さん、たのきんのお三方、小林聡美さんらが生徒役で出演されていましたね。その中で…阿部トシエという生徒が3Bでいまして、阿部トシエ役をされていた「つちやかおり」さん(布川かおりさん。フッくんの奥さん)は、私の姉と中3の時にクラスが一緒だったそうなんですよ。
2014/01/04(土) 10:52:39 | URL | マスダっち1971
最終回で
明けましておめでとうございます。
さて、最終回、卒業式を終えて
教室でみんなでゲームをするシーンがありました。出演者が素で楽しんでましたがあれは何ていうゲームだったんでしょうか?当時はスタ誕とかでもフルーツバスケットとかみんなでやるゲームがありました。
♪アントニオ猪木もソバヤ、ソバーヤとか歌っていてたような?
2014/01/04(土) 11:54:17 | URL | とらお
● マスダっち1971さん
1971年生まれですとそうなりますかね(笑)。
ほぉ~。知り合いが出てましたか。
それじゃあ、さぞかしテレビを見るのもリキ入ったでしょう。


● とらおさん
明けましておめでとうございます。
ゲームやってましたか。
みんなで歌って泣くシーンは知ってますが。

猪木?
猪木は真裏ですから、出るはず無いですよね?
2014/01/05(日) 23:30:15 | URL | ごいんきょ
説明が下手でした
ゲーム中の歌詞でアントニオ猪木~と歌ってました。猪木は当時10チャンですよね(笑)
2014/01/06(月) 21:07:22 | URL | とらお
ああ、そうなんですか。
裏番組の話を出すなんて、既に余裕ですね(笑)。
2014/01/08(水) 01:10:05 | URL | ごいんきょ
昭和39年生まれ
ということで、実はボクも中3でした。
当時、「ああ自分も学園ドラマの生徒と同じ年齢になったんだなー」と妙に客観的に思ったことを思い出します。
放映時から結構話題になっていたと思いますが、テレビが居間に一台の時代、テーマのはずかしさと自分自身が多少の反抗期だったため、あまり見てませんでした。
しかし、第2シリーズは好きで、高校でよく真似して遊んでました。それから20年あまり、会社の後輩に「加藤♂」と「松浦♂」が揃うというチャンスが・・・「かとう〜! まつうら〜!」と叫んだ後、抱きしめるネタ(ビンタはなし)をかましましたが、彼らは若すぎました。

どうでもいい話ばかりですみません。
1.2どちらか忘れたけど、最終回に上条恒彦が歌った「出発(たびだち)の歌」がよかったですね。
2014/01/08(水) 11:47:34 | URL | naokiman
いいなあ(笑)。
こんな先輩いたら職場も楽しそうだ(笑)。

そうそう。
なんか、見るのが恥ずかしい感じというか、とにかくワタクシには穢れた題材のように感じられました。
でも、TXさん分析ではないですが(笑)、中学生が妊娠という話題を知って、
どんな映像が出てくるのかとチャンネルを合わせた人も多いんでしょうね(笑)。
間違い無くそういう狙いは有っただろうし。
2014/01/09(木) 00:20:36 | URL | ごいんきょ
卒業ソングじゃない
当時中三だった私は当然のように初回からみてたわけですが。

イナカものの私は、(東京の中学生はやっぱあか抜けてる~)と思いつつ、
ほとんど私立高校第一志望の彼らのことをかなり不思議に思ってました。
というのも、このへんじゃ私立は完全にすべり止めで、一番近い私立の受験のために中学校からバスが出たんですよね。ほぼ遠足(笑)

あとで、東京の人はよほど貧乏じゃない限り私立に行くらしいとわかって納得。

「贈る言葉」は卒業ソングじゃなくて恋愛(失恋)ソングのつもりで聴いておりました。歌詞を読んでも先生が生徒に向かって贈る詩とは思えないのですが、すっかり定番になってしまいましたね。確かに、自分たちが卒業の頃、じゃんじゃんかかってましたからやっぱり曲を聴くと卒業をイメージします。

2014/06/27(金) 23:01:01 | URL | くりお
あー。その辺は事情が違うんでしょうね。
東京で言えば、私立校というのはお金が有る子は中学から狙うものです。
親は幼稚園や小学校から狙ってるんでしょうけど、本人としてね。
市立に入れば大学や高校までの道はほぼ確定しますからね。
成績によって旧帝大でもなんでも狙えば良いわけですから。
いや、普通の頭と普通の経済状態の子は、ほとんど公立高校へ行くと思います。
市立に行くのは頭が両極端の子ですね、大体。
それか経済状態が良い家で、親がエスカレーターを志望している場合。

贈る言葉は生徒への歌には感じられないですね。
「求めないで優しさなんか」なんて、先生が生徒に言う言葉か?って感じでした。
曲が良いのでついつい聞いてしまうんですけどね。
2014/07/03(木) 07:02:23 | URL | ごいんきょ
シリーズいろいろ
こんにちは。ようていまる です。

ウチには、間もなく中学を卒業する長男がおります。

つい先日、その長男と一緒に第2シリーズ『卒業式前の暴力』を観たのですが、その間ずっと(普段肌身離さず握りしめている)スマホをそっと傍らに置いて、最後までじっと画面に見入っていたのが印象的でした(笑)。

きっと、制作者の語りかける普遍的なテーマを何か感じ取ったのでしょう。

視聴後の感想はたった一言
「スッキリした」
だけでしたが(^_^;)。

ちなみに私の中学時代は『新八先生』『金八第2シリーズ』『仙八先生』『貫八先生』でした。

『新八先生』には、撮影当初(小学校卒業後の春休みまで)のみ参加した生徒役の女の子が居て、私立中学に進学したため、そこで降板したそうです(当時、本人から聞きました)。彼女はその後、バブル期の女子大生ブーム頃に芸能界復帰していました。

また『貫八先生』で中心生徒役の一人だった辻野くん?は、後日『約束の海』という映画に主演しましたが、公開直前だか直後だかに、映画のモデルであった戸○ヨットスクールの不祥事があり、作品自体が事実上ほぼお蔵入り状態になったようで、彼はスターになり損ねてしまいました。ちょっと気の毒でしたね(ノ_・、)。

あと、『桜中学大音楽会(?うろ覚えでスミマセンm(_ _)m)』と題して、シリーズ終了後に歌手デビューした子供たちが体育館のステージで歌い、各々の先生を囲んで和む、というスペシャル番組を観た時には笑えました(((*≧艸≦)ププッ。


それでは、長文失礼致しました。

青函連絡船 羊蹄丸




2016/03/09(水) 15:25:30 | URL | ようていまる
鉄矢さんの演技は、今の子供たちにも響くという事ですね。

出演子役にお知り合いがいたという事ですか。
それも複数。

桜中学台音楽祭なんて当時は知りませんでしたが、
いま考えたら凄い番組でしたよね。
もうシリーズも最末期で、視聴率は低くなっていたから、見た人は少ないんだろうな。
2016/03/13(日) 00:40:19 | URL | ごいんきょ
卒業式前の暴力
part2で有名なこのエピソード。私の通っていた中学もそれなりに荒れておりまして、ドラマ放映半年後の昭和56年の秋に警察が介入するような事件が発生。首謀者約10名が警官と格闘の末、逮捕されました。ドラマでは護送車で警察署へ連れていかれましたが、私の学校からは腰縄、手錠で数珠つなぎにされて市中引き回し状態で約1.5km離れた所轄署へ行列行進。今なら人権団体やモンスターペアレント、マスコミが黙ってないでしょうね。動画がアップされたりして。のどか(笑)な時代でした。
2016/03/16(水) 19:57:16 | URL | とらお
あの頃はモンペなんて湧いてませんからねえ。
子供が学校で迷惑かけたら、恥じ入る親ばかりだったかと思います。
2016/03/26(土) 05:49:45 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ