私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



当方資料の引き受け手を募集致します (個人不可)

改めまして、おめでたい方は明けましておめでとうございます。
昨年の11月には、本ブログも無事に十周年を迎える事が出来ました。
サイトを開き、そこそこ記事を入れておいても、
まったく評価されず異端のままそっと閉じていく。
そんな徒花をネットにもうどれだけ作ってきたか知れないワタクシですが(笑)、
ここは珍しく、そんな徒花を十年も長らえさせております。

今はどうあれ、若い頃は本当にテレビ視聴に入れ込んでおりましたからね。
それでも、年々歳々腐敗度が弥増すテレビ、特に中の連中を見るにつけ、
意欲もどんどん減退しますし、往時は「テレビの味方」を標榜していた
ワタクシが、今では「テレビは悪魔の箱」と悟っているのですから、
なにをかいわんや、獅子てんや瀬戸わんや。


ま。正月早々マイナスオーラ振りまいていても仕方無いんで(笑)、
とにかくまあ、そんな本分だったテレビ故に続けられたわけですけど、
なんとか十年で千番組は達成したいというのが、昨年の秘かな目標でした。
本当はその前年中にもっと頑張ってないといけなかったんですけどね。
明日にしよう、明日でいいやを繰り返していたら、
もう明日の売り切れがそこまで来てしまってました(苦笑)。
追い詰められないと腰を上げない性向はどうしようもないんですねえ。
でも、自分でも不可能と思っていた進行度で記事を埋められたのは奇跡でした。

昨年は、ようやく懸案だった個人誌を、ライト版と2つ出しました。
ぜんぜん売れませんが(笑)、不況の出版界にささやかながらお金を流し、
アベノミクスに微力ながら貢献できて非常に嬉しいです。無理矢理に。
どうせワタクシが金持ってたってロクな事には使わないしね。
でも、ライト版の方は、働けている限りは大した金額と感じないくらいでできるので、
全然めげずに今年も出す予定です。
人間、どうせいつかは死ぬのだし、育てられたテレビに殺されれば上等よ。

♪ ブログを始めて十年余 今じゃ危ないネトキョクウ
  栄養失調で毛も抜けて 集めた音盤5万枚

サバ言ってますけどね。
んでも、五万はなくとも五千は行ったのではなかろうか。
全てがテレビ関連の音盤ですからね。
これだけ集めて、まだまだ全然、ほんのとば口に立ったって感じですから。
本当、予想をはるかに超えるとんでもない世界でありました。
折角これだけ集めると、やはり保存を考えます。恒久的なね。
特に最近、血圧の上昇が著しく(苦笑)、いつ逝ってもおかしくないなあ
ってな感じの体になってきてまいりましたし。

こんなんが新年の投稿なんだぜ、ここ(笑)。
そんなこんなで、ワタクシが所持するテレビ資料の
一切合切を引き受けてくれる所を募集いたします。
今すぐあげるわけじゃないですよ(笑)。
あとどれだけ、何日、何年、何十年後かはわかりませんが、
ワタクシの死後に引き取って頂ける所、という話です。
資格は、きちんとした保存が可能と判断される団体、施設、公共機関等々。
個人は不可です。
条件は、ワタクシからの譲渡という事は知らさない事だけ。恥ですからね(苦笑)。
従いまして、金銭的には無償で結構です。
引き受け時の実費(送料等)は持って下さい。

ワタクシの保有している資料も、個人としてはなかなか一線を越えてますよ。
レコード数千枚、一般書籍千冊程度?、非売書籍百冊余、放送台本数百冊。
稀少な社史・年鑑、テレビ史に残る番組台本・音盤がゴロゴロございます。
いわゆるグッズ類はあまり無く、ほとんどが資料的な物と言えましょう。
お金さえ有ればね、個人で細々と資料館でも運営したいところですが、
それもままなりませんし、せめてきちんとした引き受け手が見つかるといいなと思います。
一応、期限無制限で募集しておりますが、どうも引き受け手も無いかなと判断したら、
勝手に自分で引き受け手を探してしまう事も有り得ます。
まあ、そうそういないでしょうけどね、こんな物の引き受け手(笑)。
でも、興味お有りの団体さんがございましたら、メール下さいませ。何年でも待ってます。
sammadaisensei@yahoo.co.jp
関連記事
コメント
この記事へ寄せられたコメント
新参者からごいんきょ様へ
拝啓 ごいんきょ様との出会いを感謝いたします。確かにこの「データの管理と引継ぎ継承」については自分も心底悩んでおります。実は自分の周囲を見回しますと「ビデオ本数数千本」なんて一杯おられたのが驚きで、正直な話信用されるか否か「10万本集めた」なんて凄い奴も数人います。極普通の人ですよ。これは「録画しているテープスピードがノーマルかエコノミーか」の相違で、VHSならエコノミーで3/1となります。それより保管が大変の様子で「場所の確保とローテーションとメンテ、エアコンや除湿機はほぼ回りっぱなし」と言う状況はなかなか大変だと。ましてやデジタル化となると一生どころか二生も3生もかかりそうで。おそらくこの地球の総人口よりビデオテープの数が多いと思われます。思い切ってごいんきょ様も「私設保存館」等を作りNPO化されたら如何でしょうか。おそらく権利者等から相当に煙たがられる事は確かで、自分も以前から権利者から「そういう事はしないで欲しい」と何度も何度も釘を刺されました。こいつらは一体何を恐れているのか?多分違法ソフトとして外部に流出する事を恐れるのでしょうが、そんな事は何を心配しようと「絶対に外部に出さない奴は絶対に出さない」し「出す奴は何を言っても出す」でしょう。現実ようつべやニコニコは何なのですか?これからの時代は「ソフトを握っている者が勝ちで世界を制する」のです。ハードなんてぇ今新品でも明日はガラクタです。自分等正直こういう命がけのホビーをやっている事は、世間もちろん家族すらも知らない。外部流出や機密保持にはこうするより他には無かったからです。しかし明日はわが身の健康状態、こういう事を考え始めると益々痩せてしまい精魂尽き果ててしまいます。ごいんきょ様の素晴らしい資料館の設立、心よりご期待いたします。幸運を。
2017/03/15(水) 15:56:16 | URL | よしたかくん
先日、音盤蒐集の大御所と知り合った際に、ぜひ引き取り手を探して欲しいとお願いしたんですが。
その方は奥さんに、「価値ある物だよ」くらいにしか言ってないというので、
いやいや、それじゃ散逸しかねないし、勿体ないですと。
なにしろ、テレビ関連の音盤としては間違い無く日本で五本の指に入る人ですから。

6月に書籍が発売される予定とかで、ワタクシと違って人脈も有る方なので、
もしそういう引き取り手が見つかったら、ワタクシの分も全て寄贈しますと伝えましたがね。
まあ体の良い人任せと言えばそうなのですが(苦笑)。

ワタクシも、もう15年位してまだ動けたら、地元を中心に色々と探す予定ではいますが、
それ以前に申し出て下さる所が有れば、そちらに。
音盤は先の方には負けますが、蔵書資料や台本なども結構な量が有ります。
本当はリストを提出できれば良いんですが、なかなか時間が(苦笑)。
2017/03/22(水) 06:33:05 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ