私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



西部のパラディン (1960)

該当番組画像募集HAVE GUN - WILL TRAVEL


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、日本で放送されたごく初期の西部劇である、この番組です。

元々は、NHKで放送されたのが最初でした。
NHKも往時は、テレビ全体の中に占める割合が非常に大きかったからか、
民放でもなかなか無い少年ドラマシリーズのような枠も作っていたり、
外国ドラマも、先鋭的なものを民放より先んじて採り上げたりが有りました。
サンダーバードもタイムトンネルも、プリズナーNo.6すらも(笑)、
あのおカタいNHKが先鞭を付けて日本に持ってきたんですから。
そして西部劇も、民放に負けじとテレビ黎明期から輸入したのです。

ところがこれ、時期が悪かった。
アメリカで「テレビは一望の荒野」と表現したミノー発言が暴力番組規制を生み、
その飛び火が日本にまで及んだ時期だったのです。
特に官僚体質のNHKはこの手の批判には過敏で、
なんと時代劇からも剣戟シーンが削られたあげくに人気失墜し、
この作品も、1クール=3ヶ月で早々の打ち切りを余儀なくされました。

そして翌年、民放の雄・TBSが引き継ぐような形で、金曜日に放送するのです。
NHKは字幕で放送していたようですが、TBSでは大木民夫が吹き替えました。
NHK当時は『西部のパラディン』、TBSでは『西部の男パラディン』。
ちょっとしか違いませんが、より「パラディン」が人間だとわかりやすいですか。
この「パラディン」という言葉は、高貴な人間に宛がわれるもののようで、
主人公はその通り名の通り、また村の時間の時間みたくなりましたが(笑)、
ビシッと気障な格好で決めていた伊達男でした。

普段はホテル住まいで、いざ事が起きると全身黒づくめに構え、
中で銃を収めるホルスターに設えられたチェスの駒・ナイトの紋章、
馬の印だけが白く目立つという出で立ち。
オープニングブリッジは、この白い紋章のアップで始まってました。
パラディンは交渉相手の所に、名刺状のカードを残していく。
そこには「HAVE GUN WILL TRAVELL」と書かれております。
「拳銃無双」くらいの意味でしょうから、言ってみれば警告なんでしょうけど。

無事に解決して本編が終わる頃、ジョニー・ウエスタンの歌う主題歌が
爽やかに流れてくるエンディングでした。
この主題歌、原題は THE BALLADE OF PARDIN ですが、
既にNHK放送の時点で日本でも発売されていたようですし、
しかも、当時としてはかなりのヒット曲だったのではないかと思います。
今でも、この頃のレコードとしては比較的に入手が容易なんですよね。
たしかに聞き易く、いい歌でした。
伊藤素道とリリオリズムエアーズが歌う、まったく別のパラディンの歌も有り、
ワタクシが YouTube にアゲておりますが、こちらの正体が不明です。
本放送で一時的に使われた事が有るんでしょうか?
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ