私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



悪魔のようなあいつ (1975)

悪魔のようなあいつ

只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、金曜十時からの『金曜ドラマ』初期の注目作である、この番組です。

何故かはよく知りませんが、最近また、三億円事件を扱った作品が多いようです。
ワタクシが読んでいるヤングマガジンにも、けっこう前からその手の漫画が有ります。
しかし、最も盛り上がったのはやはり、時効を前にした昭和50年頃だったでしょう。
この時は、さすがに様々な記事、漫画、テレビで扱われました。
テレビの中でもことドラマとなると、筆頭はこの番組となりましょう。

TBSの名物プロデューサー・久世光彦(くぜ・てるひこ)は、
当時のTBSが覇道を行く、ホームドラマの旗手の一人。
水曜劇場で『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』等々を次々ヒットさせ、
木曜の石井ふく子と共に、ホームドラマ路線の屋台骨を支えた一人でした。
その数字あまりに強大な故に、当時関西でのTBS系列だった朝日放送にも、
ホームドラマ路線の圧力が、中央たるTBSから有ったというのですね。

しかし、関西人はただでさえ中央・東京嫌い。
中でも山内久司という男は筋金入りで、既成のホームドラマをむしろぶち壊そうとします。
まずはホームドラマの皮を被った『お荷物小荷物』で様子を伺い、
続けて堕悪時代劇・必殺シリーズを産み落とすのでした。
でまあ、これはあくまでもワタクシの憶測なのですが、
久世光彦は石井ふく子と違い男でもありますし、この山内の動きに、
きっと思うところが有ったのではないかと思います。

俺だって堕悪ヒーローを描けるんだ! ぜえろく者に見下されてたまっか。
これ、あくまでもワタクシの妄想に過ぎないので(苦笑)。
良い刺激を受けた、と考えた方が、きっと万事うまく収まりますよね(笑)。
そうそう。良い刺激を受けてでしょうけど、
それまでのホームドラマ路線からはほど遠い作品に手を染めるのです。
時あたかも三億円事件時効前夜。
世間の注目度も高いこの話題に絡めた犯罪ドラマを作れば、
それなりに注目もされるだろうと、きっと判断したのでしょう。

広告代理店・宣弘社の出身で、仕掛人としての能力も知られた阿久悠と共に、
漫画化からドラマ化という流れの、メディア混合展開。
主役には、阿久悠垂涎の沢田研二を射落とし、
メディア混合は、作詞家・阿久悠の本陣である音楽にも及びました。
沢田研二の持ち歌の中で、間違い無く五本の指に入る代表曲、
『時の過ぎゆくままに』を、このドラマ中で再三再四、
それこそ耳にタコが出来るまでも使い倒し、実質主題歌として用いました。

そして、三億円事件の犯人である沢田は、人を傷つける事に躊躇い無い、
正に悪魔のようなあいつ。
女をたぶらかし、男にたぶらかされそうになり(笑)、
サントラLPには「モーホーのテーマ」なんてのまでが用意されている世界(笑)。
当時の沢田研二の魅力を余す所無く引き出そうとしたら、ああなるのでしょう。
とにかく、妖しい魅力が炸裂した映像とはなっております。
女たらしのようにお見受けした久世ですが、案外、両刀だったのかもしれませんね。
少なくとも潜在的には。 意識してたのかな(笑)。

ただ惜しむらくは、沢田の魅力は主題歌も含めて弾けていたかもしれませんが、
内容としては、色々と苦しい部分も感じられ、視聴率も伸びませんでした。
結果、おそらく打ち切りという感じで、時効前にドラマ終了となってしまいました。
しかし、歌手としての最盛期に入っていた沢田自身の力により、
歌の方はまったく影響無く大ヒット。どころか、代表曲となりました。
と言って、あの歌がこの番組の主題歌だったと記憶している人は少ないでしょうし。
タイアップなんて歯牙にも掛けていなかった頃の、これも一つの形でした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
カラオケでは、もうつらいか
荒木一郎と藤竜也、いいねーこの時代。左とん平がいれば、「時間ですよ」になりますが。時の過ぎゆくままには、私の思い出の一曲です。この番組はリアルタイムでは、見ませんでしたね。
2014/01/31(金) 19:37:19 | URL | いくちゃん
やはり久世人脈と言いますかね、被っている配役有りますよね。
2014/02/01(土) 07:03:56 | URL | ごいんきょ
モーホ―のテーマって(大爆笑)
確かに劇中で藤竜也さんの沢田研二さんへの絡み方はソッチ系と思ってましたがモーホ―の…。誰か動画サイトにアップしてくれねーかな。
モーホ―のテーマ。(再度大爆笑)
2014/02/03(月) 20:01:17 | URL | とらお
そうそう。藤さんがね。
やはり男っぽい人って、ああいう役が似合うんだ(笑)。
2014/02/05(水) 04:32:02 | URL | ごいんきょ
藤竜也さん
当時はサングラス、髭、ポマードで固めたリーゼント、ノーネクタイのスーツで決めてました。マンガの男組にも主人公に武術指南するキャラが藤さんそっくりでした。上半身裸で拳のやりとりをしたりして。藤さんて、当時2丁目系の人にも人気があったんではないでしょうか?
2014/02/05(水) 07:34:00 | URL | とらお
でも、この番組、なんか変な人間ばかりでした。
刑事の若山富三郎が、テンガロンハットかぶってたりね。
2014/02/08(土) 00:13:07 | URL | ごいんきょ
アイドル大好きだったので、見ておりました。(笑)毎週EDで「三億円事件時効まであと※※日」とテロップが出て、現実の事件時効を盛り上げてましたね。

中学のときですが、音楽の授業の副読本に「みんなの歌」というのがありまして、何故か時の過ぎゆくままに、載っていました。
2014/02/14(金) 07:42:02 | URL | ろみたん
そうなんですよね。あと~日って出るんですが、
あれって宇宙戦艦ヤマトからイタダいたのかな、やっぱり。

音楽の教科書に、時々なんで?っての載せますね。
幼少時から道徳心を麻痺させたい連中が教育界に紛れてるとしか思えないです。
どう考えても子供が歌う歌じゃ無いわけですが。
2014/02/15(土) 07:50:38 | URL | ごいんきょ
ジュリーの人気でもカバーできず
ものすごく期待して見たんですけど、おもしろくなかったですね。ジュリーの主演でも、厳しかったですね。
これが9時からで、そのあと10時から「貫太郎一家」だったですよね。「貫太郎一家」の中で、樹木希林さんが「ジュリー」って必ずやってましたが、「悪魔の・・」をみたあとだと、より効果的だったように思います。
「悪魔の」は「寺貫」の露払いといってとこでしょうか。
あのころのジュリー人気は異常でしたよね。でも、あたし的には、ソロのジュリーより、やっぱりタイガースのジュリーなんですよね。
2014/07/03(木) 19:23:34 | URL | みのモンタナ
久世さんの意地も有ったんだろうと想像してますが、
やはり持ち味とは違っていたと思いますね。

寺内貫太郎は水曜劇場です。
2014/07/03(木) 23:55:51 | URL | ごいんきょ
久世最高
沢田研二の艶っぽさ、虚無感、めちゃくちゃやっても何故か無邪気さもストイックさも感じさせ、惹かれました。
2014/10/29(水) 12:29:13 | URL | 僅僅
まあ、あの頃の沢田さんの格好良さはなかなか太刀打ちできる人間がいませんね。
キザにやって嫌味でないという。
と言って笑いもやらないわけでもないけど、必ず崩さない線は残しているという見せ方ね。
2014/11/03(月) 12:07:11 | URL | ごいんきょ
沢田研二は撮影で前を隠していました。
2015/06/11(木) 23:03:55 | URL | 川崎シテイボーイ
前貼りをしてたという事ですかね。
それはそうでしょうね(笑)。
2015/06/12(金) 00:30:16 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ