私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



星の子チョビン (1974)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、石森章太郎原作アニメである、この番組です。


石森章太郎原作ものというと、東映&毎日放送(NET⇒TBS)、
またはテレビ朝日というのが主流となるわけですが、
どういう経緯かは知らねど、いきなり、TBS金曜夜7時半に、
この作品が登場してくるんですね。
少し前に、土曜日に『原始少年リュウ』というものをTBSで放送しており、
まったく繋がりが無いというわけでもないのでしょうが、唐突です。

TBS金曜夜は、21時からは堅調とも言えたのですが、
以前も書いたように20時台が弱かった。
そして19時台も、モンキーズとか帰ってきたウルトラマンとかは
それなりに頑張ったんでしょうけど、それは19時台前半。
19時台後半は本当にスカ続きで(笑)、20時台がドン底だった原因の一つに、
前時間帯であるそこがあまりにも非力だったというのも有るかもしれません。

で、前番組の『走れ!ケー100』は堅実な人気を誇ったようですが、
これも視聴率20%を超える大人気番組というわけではなく、
これまでのこの枠からしたらいい方か、くらいだったんだろうと思います。
そのためか、後番組は一年も放送したケー100制作のCALではなく、
しかも路線も、いきなりといった感じのアニメ作品となりました。
20時台同様、TBS関係者の方も、あれこれ試行錯誤していたのでしょう。

この番組は、渡辺企画という、それまでアニメでは見た事の無い会社名が、
制作として表示されていました。
天下の渡辺プロダクションの関連会社だったのですね。
どうしてナベプロがアニメに乗り出してきたのか…
その理由は皆目、見当が付きません。
アニメブーム後でしたら理由付けも出来ますが、まだそういう時勢でもなく。

ナベプロとアニメの関連性もわからないけど、ナベプロと石森章太郎の関連性も不明。
とにかく、渡辺企画が石森プロに企画の具象化を依頼した、
という事なんだろうと思います。従って、石森原作というわけではないんですね。
この頃、藤子不二雄も『ジャングル黒べえ』をよそから持ち込まれて
自分のマンガにしていたりしますが、どういう流れだったんでしょう。
いろいろ謎が多いですが、これまで深層に触れられた事は無い感じです。

とにかく結果として、渡辺プロの顔だった人気絶頂時の天地真理が、
ごく少しとは言えナレーションで参加し、箔を付けておりました。
内容は、自分のいた星をブルンガに乗っ取られた王妃とその子チョビンが、
星を脱出する際に別れ別れになってしまい、チョビンだけ地球のトンカラ森に着地。
数年前に一世を風靡した『みなしごハッチ』の影響が、
いまだ色濃く出ていた作品でした。
そう言えば、先の『原始少年リュウ』は、正にハッチ放送中の、母恋もの。
どちらもTBS側の意向による筋だったのかもしれません。

そんなチョビンをブルンガの追っ手が次々襲うのですが、
チョビンはトンカラ森の動物たちとも協力して、撃退していくのでした。
そんな筋なので、結構ハラハラさせる展開かと言えば、
絵も話の持っていき方も、いわゆるメルヘン調を意識したものとなってました。
チョビンは左腕に星のしずくという物を身に付けていて、
この力で、森で出会った地球人の女の子ルリや、その父親の博士と話しますが、
のみならず、トンカラ森の動物たちとも会話できてしまうのです。

そんなチョビンですが、宇宙人で王子とは言え、やっぱり子供。
夜空を見上げては淋しさから、母親を思い出したりします。
そんな時に彼が口にする母を呼ぶ言葉は、「ママ上」。
母上という古来の日本語を現代的にしたんでしょうけどね。
これが、新聞の投書欄で非難されていた事を覚えてます。
子供の言葉遣いを乱すというんですね。
たしかに一理あるとは思いますが、この場合は、きっと一過性で済むと思うんですよ。
いまだにお母さんの事をママ上って呼んでる人、います?(笑)
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
星の子チョビンの主題歌が
なんと懐かしい・・
ところで、チョビンの主題歌が藍美代子さん。彼女も渡辺プロ所属(当時)
3枚目のシングルがタイアップ。
売り込みたかったのかな。
ドッグフードのCM、ビタワンだったかラブリーだったか、なんか記憶にあります(記憶違いかも)。
2014/01/11(土) 08:31:45 | URL | あみーご長嶋
そうそう。
元はコロムビアの人だったらしいですが。
その頃、よーいどんという子供番組の主題歌を吹き込んでます。
なので、彼女向きに子供向け番組やってみたんでしょうか?
ちょっと破格な待遇ですね。

チョビンのCMでドッグフードやってたという事でしょうか。
2014/01/12(日) 00:14:39 | URL | ごいんきょ
天地真理さんのナレーション
「星の子チョビン」懐かしい〜〜!マリちゃんこと天地真理さんがナレーションをされていたらしいですよ。毎回タイトルクレジットに顔写真のみ登場して、優しい言葉で視聴者を本編へ導入されていたそうです。
2014/01/12(日) 11:39:44 | URL | マスダっち1971
ずいぶん懐かしがってくれているわりに、伝聞形なのはなんでなんでしょう(笑)。

なんでなんでしょう。
また村の時間の時間になってしまった(笑)。
2014/01/12(日) 17:24:38 | URL | ごいんきょ
ちょっと記憶があやふやですが
チョビンの時に
「ラブリ~」って飼い主が呼ぶと
立派な犬が駆け寄ってくるCMが
流れていたような気がします。
・・・ドッグフードはビタワン、だったかな?なにぶん40年前ですので(^^ゞ
2014/01/13(月) 11:34:36 | URL | あみーご長嶋
ビタワンのCMで覚えてるのは、「ビタ」とナレーターが言うのに続けて、
犬が吠える映像に「ワン」とアテていたものです。
日本初のドッグフードだったんですね。
おそらく、CMも日本初だった気が。
2014/01/13(月) 20:57:34 | URL | ごいんきょ
藍 美代子さん
「星の子チョビン」は当時2歳か3歳だったと思いますが…見ていましたよ。当時はお子ちゃまだったから分からなかったんですが、主題歌は藍 美代子さんが歌っていたんですね。藍 美代子さんって、「ミカンが実る頃」を歌っていた方ですよね?藍さんが「星の子チョビン」の主題歌を歌っていたのを知ったのは…20代になってからですね。
2014/01/16(木) 17:29:34 | URL | マスダっち1971
あ。そうですよね。
ハンドル換わったの忘れてました(笑)。
2014/01/17(金) 02:04:46 | URL | ごいんきょ
先ほどNHK BSプレミアムで放映の…
「発表!あなたが選ぶアニメ ベスト100」のランキングにこの作品が入ってましたね。

年代別ランキングでは27位だったかな?
映像もスチールも無かったようです。
2017/05/04(木) 00:07:46 | URL | くろねき
うーん。謎の組織票だな(苦笑)。
2017/06/06(火) 23:38:58 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ