私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



百万円Xクイズ (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、TBSクイズ番組の始祖のような、この番組です。


この時代のバラエティ番組に関しては、映像が残っていない物に関しては、
ほぼ絶望的とも言えるほどの情報荒野となっております。
なにしろテレビが卑下されていた黎明期。
それでも創作意欲に燃える者が割拠していたドラマは、まだ良かった。
それは、今にも通じる構図だと思いますがね。
ところがバラエティ番組に情熱を燃やす者は少ないし、
ドラマと違って意欲を形にするのが非常に難しいし、
ましてクイズ・ゲーム系の番組となると、使命感を持つ制作者なんてきっといなかったはず。

だからこの当時でも、ドラマとか、或いはバラエティだとしても、
作り込んでいる番組の制作者は、語り残していたりもするのです。
けれども、クイズ番組やゲーム番組が語られる機会は、非常に少ない。
おそらく作っていた方も、それほどの思い入れも無かったはず。当時は特に。
ただでさえ映像を残そうとしない当時、こんな番種を残そうとするはずがありません。
ジェスチャーだの私の秘密だの、テレビ史に残るような長寿番組が、
ようやくその末期頃にNHKに数本残されていたのがせいぜいで、そのNHKだって、
シャープさんフラットさんだの私だけが知っているだの危険信号だのは残っていない様子。
とにかくこの時代のこの種の番組を調べる事は、冬山の樹海で一輪の野花を捜すに等しいのです。

けれども、数は非常に少ないのですが、往時の事を細かめに残そうと試みる人もおりまして、
そうした記述を見つけられると、格段に理解が容易となるのでありました。
あとは、これまた数少ない当時の同時代資料を虱潰しに調べる他は有りません。
但し、如何に当時の当の関係者であっても、記憶で語られているものに関しましては、
もし同時代資料が存在するのであれば、そちらの記述を意識しながら解析する必要が有ります。
当人はいくら鮮明な記憶のつもりでも、人間の記憶には、必ず錯誤・錯綜が生じる余地が存在します。

さて、いつものように前置きが長くなりましたが(笑)、
TBS初期のクイズ番組の中でけっこう重要な位置を占めているこの番組も、
例によって資料が皆無に近く、情報荒野を彷徨わねばなりません。
ただ救いは、当時の制作者で、語り残してくれている人物がおりました。
今野 勉。
彼や、実相寺昭雄ら昭和34年TBS入社同期の6人は、アシスタント・ディレクター当時から先鋭的に、
かつ能動的に積極的にテレビ表現の可能性を追求しておりました。
dA(ダー)という同人誌を興し、そこでは伝説的活躍の先輩連をも俎上に載せ、
その指向性は業界でも注目を浴びます。

彼らの足跡をこうやって書いていくと数冊の本になってしまうので(笑)、
取り敢えず今野に話を戻して一気に端折りますと、彼は『七人の刑事』演出で名を馳せます。
革新的表現を模索する「今野の七刑」は、当時の、反体制活動盛んな若者から支持を受けました。
後に、これもすぐ後に記述予定の、金曜20時枠で復活した七刑でも、
既にTBSを離れていた身でありながら、往年の実績から、再登板を請われたものでした。
そんな今野が、テレビの青春時代を振り返った大著が有ります。
その中で、当時の番組に関する記述としては比較的詳しく、回顧談が綴られております。
内容の詳細さから考えて、信憑性はかなり高いでしょう。

それによれば、ディレクターは岩崎嘉一。そしてAD今野の、二人だけで始めたようです。
今ではとても考えられないでしょうが(笑)、黎明期ですから。
放送は、昭和34年10月11日に、日曜20時からの30分番組として始まりました。
司会は草下英明。
彼は、戦後東京で初のプラネタリウムとなる、東急の五島プラネタリウムで、
初代解説員をしており、著書も有ったり、天文が専門です。
しかし、そこでの語り口が人材難の初期テレビに注目され、抜擢されました。
本人はできれば兼業でやりたかったようですが、周りとの軋轢が有って、
10月末で退職せざるを得なくなったようですね。
http://homepage3.nifty.com/8855miwa/goto/gotonikki.html

内容は、十問正解者に賞金百万円を進呈するというもの。
今でも百万円と言えば結構な大金ですが、昭和34年の事とて、
おそらく今の感覚で一千万円以上の響きが有った事でしょう。
肝心のクイズは、科学・歴史・地理・文学・映画・芸能・スポーツ・音楽・美術・時事、
これら十の分野から回答者が得意のものを選び、数週がかりで十問正解に挑戦するのです。
さて、番組開始から二ヶ月も経った頃、彼らは焦り出しました。
『百万円』と題名に大きくぶって集客しているのに、
一向に十問正解者が現れず、話題を振りまく事ができなかったからです。

最も簡単な解決策は、ヤラセです。
ところがこの頃、丁度アメリカで高額クイズのヤラセが社会問題となっており、
非常に大きく騒がれ、政治まで巻き込む大事になっておりました。
日本でもその話は採り上げられており、まさかそんな時勢でミエミエのヤラセは不可能。
制作の二人は考え抜いた末、出場者を育てる事にしたというのですね(笑)。
そして或る男性回答者が目を付けられ、彼は「歴史」を選びました。
制作側の彼らは、予め回答者にアンケートを実施し、得意分野を聞き出しており、
この男性は西洋史を得意としていたようです。

そこで出題側は、最初の問題は日本史から出題。
正解が重なるごとに設問の難度も当然上げていかねばなりませんが、
そこで得意分野の問題を用意しておけば、正解率が高くなる事が期待できるわけです。
どんな問題だったか、具体例がTBS広報に残っているらしく、以下の例が記されています。
これは地理の問題例ですが、プロ野球選手名と同じ駅名2つ、何線を使えば行けるか、
余程の鉄ヲタでなければ目も眩みそうになる設問で、
岩本から大沢へ乗り換え無し(上越線)、長嶋から橋本へ王子乗換(関西本線&和歌山線)、
こんな問題を15例出されて、うち13例回答すれば、1問突破という具合だったらしいです。
こんなの、出るわけ無いだろう、百万円(笑)。
しかし当時の百万円の価値を考えれば、このぐらいは仕方ないんでしょう。
そして、一段階一段階がこれだけ入り組んだ設問だったためでしょうが、
なんと、逐一正解を発表してはいなかったようで(笑)、
視聴者が新聞に苦情を寄せたりしてます、当時。そりゃ、正解わからないままじゃね(笑)。

けれども世の中は広く、前記の歴史選択者は、このような設問を9問突破。
いよいよ最終十問目というところで、制作側は最後の最後に彼の得意分野である
西洋史から出題し、見事に彼は期待に応え、初の百万円獲得となったのでした。
額も額ですし、こうした事は新聞でも報じられ、広告効果も有ったと思います。
これだけの難問が並んでいたクイズであっても、『ぴよぴよ大学』の稿でも述べたような、
クイズ番組批判がこの番組にも襲い掛かりました。
曰く、「クイズは大衆を白痴化させる」。
本当の教養が身につかないというのですね。たしかに、一理は有ります。
でも、今の芸NO人垂れ流し電波箱を見たら、そういう人たちは口から泡吹いちゃうだろうなあ(笑)。

ましてこの番組は、超高額賞金という事で、射幸心を煽るという、後々までお定まりの批判も。
雑学が多いというのも一つの技術で、人より抜きん出た技術で金を稼ぐのは、
射幸心とはまた違うんじゃないかと、これは思いますけどね。
ただ、この頃の百万円は、たしかに高額だったかも。
但し、この演出方法については、非難されない方法の中で、上手くやったと思います。
アメリカで八百長問題が大騒動となっていたのも、彼らには幸いしたでしょう。
今野自身も書いていますが、黎明期のテレビ制作の現場はとにかく忙しく、
倫理意識というものが芽生える土壌ではなかったのです。
だから、ともすると、アメリカのような安易な八百長、
すなわち、何もかもが予め仕組まれている完全なるヤラセ、
そちらに振れていた危険性も高かった事を、今野も認めています。

岩崎嘉一という男は、熱血漢だったと今野は書いております。
12月にサンダースホームを採り上げた際には、スポンサーを口説いて寄付させたと。
そのスポンサーとは、東洋紡・日本エクスラン。日本初のアクリル繊維メーカーです。
番組名は、この「エクスラン」に由来しており、それは後番組にも受け継がれます。
35年5月6日、放送枠が金曜20時に移動。
更に一年後の5月5日、同じ金曜の19時に移動して、すぐ6月30日に終了となりました。
岩崎嘉一はその後、辞表を懐に企画を談判。
渥美清を主演とした『泣いてたまるか』が、彼の熱意で実現しました。
番組題は、彼の口癖であったと言います。
それからすぐ、彼が生涯の伴侶に選んだのが、かの橋田壽賀子でありました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
百万円Xクイズもそうですが、確かにテレビ黎明期の番組でもっと語られて、また後々まで伝えられるべき番組というのはたくさんあるんですよね。想像している以上に。
特に個人的にそういう番組の筆頭で思い浮かぶのは他局ですけど、フジの「タワーバラエティ」でしょうかね。
開始が1961年1月。多分この時期で平日5日連続、同一時間帯で東京タワーからバラエティの生放送をやるという概念自体が相当画期的だったはずなのに、その功績がほとんど触れられず。ある意味、後の”帯バラエティ"”帯ワイドショー”の嚆矢といっても差し支えない番組なはずなんですけどね・・・(ま、もっともこれから派生した「素人民謡名人戦」はある程度メジャーですけど)。

第一、今も続いてる「ミュージックフェア」なんかにしても、最初期の越路吹雪の司会時代に関してはほとんど触れられることがないぐらいですしね。なぜ、司会とは無縁な、というよりもテレビにあんまり好んで出るほうじゃなかった越路が初代の司会者に起用され、それをなぜ彼女が承諾したのかというのは意外と興味深いテーマだったりもしますしね。そもそも、そこにあの番組が生まれ、今も存在している”根本的価値”が潜んでいるのではないか?という気さえしますし。

そういう部分を”水物”だからと記憶させる作業を怠った時点で、テレビがいかに”先人を大事にしない冷酷な存在”なのかというのが分かろうというものだと思います。
2014/01/20(月) 06:25:30 | URL | Ryu
タワーバラエティもねえ、以前にリクは受けてるんですが、資料が少なすぎで(苦笑)。
と言うか、皆無ですな(笑)。
ミュージックフェアもそうですが、フジは歴史を蔑ろにしすぎなんですよね。
社史は無いし(笑)、十年史稿も、内容はスカスカですし。
歴史を蔑ろにして何が保守かと思いますが、考えてみれば
左翼に乗っ取られたんでしたっけ?(笑)

テレビというのは、垂れ流しが本質なんですよ。
過去も未来も無いんです。
考えないんです。
考えないなら考えなくていいから、
せめて、考えてる人間の足を引っ張やめて欲しいですね。
自分達が捨てた歴史にまで図々しく著作権を主張しなさんな、恥知らずが。

YouTubeで、どれだけの貴重資料が消されたか。
誰かお金の有る人、フェアユースを争点に戦争してくれませんかね、テレビ連中と。
誰か十億も下さるなら、ワタクシがやりますが(笑)。
2014/01/22(水) 01:48:52 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ