私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



パパだまってて (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、TBS金曜21時をコメディ枠に切り替えた、この番組です。


♪ パッパ そんな目で見ない~で

絶頂期の中尾ミエが歌っていた主題歌。
これまた、例によってと言いますか音盤化されておらず、
あやうく歴史の闇に消えてしまうところでありました。
あきぼうさんという救いの神がいらしてくれたおかげで、
今日の我々もそれを、目にはできませんが、かろうじて耳にはできます。
http://www.aquibow.com/1960tv/1960tv-j.html

アメリカドラマのパパママもの、ホームドラマがバカスカ輸入され、
どれも上々の人気を誇った事から、日本人も自ら同様のものを作り始めました。
少し前に日本テレビで始まった、既述の『ママちょっときて』あたりが和製元祖でしょうが、
こちらはパパものというのが目新しかった。
間、三年かかりました。
何故かと言うに、その頃はまだ、日本の父親はイジりづらかったというのは有るでしょう。
旧軍人がほとんどでしょうし、ゲラゲラニヤニヤするような、
少なくともそのように弄られる事を喜ぶような人は、ほとんどいませんでしたからね。

でまあ、昭和37年になってようやくそれが出てきたわけですが、
これを尾上松緑が演じたという事は、更に当時の人間を仰天させました。
歌舞伎役者がTVドラマをやるのは、既に珍しくなくなっておりましたが、
松緑は、NHK大河ドラマ第一作の『花の生涯』では井伊直弼を演じたり、
特に砕けた演技というものをやっていたわけではありませんでしたから。
それがこの番組では、題名から窺い知れるように、あまり威厳の無い父親役。
特に次女の中尾ミエからは、やり込められていたかと思われます。

彼が演じる野島大介は、航空会社の重役。
これは、松緑自身が飛行機好きで、そういう役にしてくれと望んだらしいです。
ドラマの中で、新型国産旅客機として話題の YS-11 を映した事も有りました。
妻・千代は木暮実千代。長女・あかねは寺島清恵。長男・進一は八木俊郎。
そして次女・とも子役が中尾ミエで、三女・ゆかは大関慶子でした。
但し、長女は当初より、父の会社で勤める高木と付き合っており、
半年ほどしてから嫁いでいきました。

そこで賑やかしを増やすべく、次女にボーイフレンドが三人登場します。
その顔触れ、いま考えると凄い。うち二人は石坂浩二と田村正和が演じていたのです。
石坂浩二は、当時慶応二年生。
当人は脚本家になりたかったようで、既にラジオ関東で数本書いていたようですが、
その他大勢をやっていた『黒蜥蜴』を見に来ていた石井ふく子の目に止まり、
テレビ出演の方へと舵を切る事になるのです。

また、この頃のホームドラマでは必ずいた、お手伝いさんの邦枝マリ役として、
アイリーン・フェーゲンが出ておりました。
彼女は初期テレビで、貴重な外人役が出来るハーフでした。
桜井センリにジャズ指南を受けた事も有るようです。
これら出演者によって人気は上々だったようで、丸々一年以上続きました。
これまた、例によって映像が残っていないために全く振り返られず、
今や見ていた人すら忘れていそうですけどね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
パパだまてって見てました
小学校6年生の時に見てました
クラスの女の子に
おおぜきけいこ、好きなんだー
と冷やかされたこと思い出します
映像見られないのは残念です!
2015/07/20(月) 16:57:57 | URL | くに
ようやく実見していた人が来てくれましたか。
大関さん、三女役ですね。
2015/07/26(日) 08:19:18 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ