私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



熱い秋 (1980)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、八千草薫が金ドラに再び降臨した、この番組です。


金曜夜十時からの枠を「金曜ドラマ」と称し、ドラマ枠としたのが昭和47年4月。
第一作『家族日誌』からずっと、いわゆる玄人ウケするドラマ作りはされていたようです。
ただ、一般的に注目を浴びた最初は、八千草薫が汚れ役をやると大々的に扱われた、
『岸辺のアルバム』あたりではなかったかと思います。
八千草の大胆演技を期待した、下衆な男連中がチャンネルを合わせたに違いありません。
そんな下衆な視点は、見事に裏切られて、スカされるのですが(笑)。
それでも「チクショー」とならなかったのは、ドラマがきちんと面白かったから。
いや、ワタクシの思いではなく、きっと下衆な男連中でもそうだろうという一般論で(笑)。

グンと注目度が上がった金ドラは、『岸辺』の山田太一に続き倉本聰を起用。
更にはテレビ初主演となる高倉健のドラマを実現と、正に波に乗っておりました。
しかし、この後は、ほぼ全てがたしかに良く出来ていたドラマではあったものの、
『岸辺』ほどの注目度は、なかなか難しいものが有ったでしょう。
約4年後、金ドラ中興の祖とも言える八千草薫の再登板の時がやって来ました。
『岸辺』の時は、不倫する主婦を演じるという触れ込み。
これだけでも、あの八千草がと、訴求力を持っていたのです。
ところがこの番組は、更に過激な役を八千草に宛がった。

アフリカへ海外赴任した、児玉清演じる商社マンと、その妻。妻役が八千草。
しかし彼らが日本へ帰国しようという前夜、家を暴漢に襲われてしまうのです。
気を失った児玉が目を覚ますと、妻は乱れた姿で気を失っていた。
妻は犯されてしまったのか、という疑心暗鬼を抱える事になってしまいます。
そんな揺れる心が、自分に好意を寄せる妻の妹との過ちを呼び寄せてしまう。
でも、そんなの本当は嘘。だって、妹役は竹下景子だもの。
あんな豊満な美人が好意を寄せてきたら、途中経過なんか関係無く、
男なら誰でも、隙あれば頂いちゃうでしょう。ワタクシ以外の下衆な男どもなら(笑)。

『岸辺』に続き、ここでも国広富之が八千草の息子(継子)役をやったようで、
全体的にどう見ても、『岸辺のアルバム』の二番煎じ臭が強い作品です。
おそらく数字が少し落ち着いてきたので、ここいらでもう一発、
八千草薫の大胆演技と新聞で煽って、下衆な男連中を呼び寄せようとしたんでしょう。
でも残念でした。
一度引っ掛かった罠には、ネズミですらそうそうは掛からないものです。
どうせ八千草薫が脱ぐわけないもんな、と下衆な男どもはお見通しだったと思うのですよ。
下衆な男どもというのは、脱ぐ女優リストを脳内に制作してあるものです。
ワタクシは下衆な男ではないので、あくまでも想像ですが(笑)。

あの暴漢襲撃事件は、実はやはり、現地の人間が自然な感情で行ったものではなく、
仕組まれた罠だった事が、回を追って明らかになるのですね。
誰が、どのような理由でそんな事を。
また、あの晩、妻の身に一体なにが起きたのか。てなドラマでした。
『岸辺のアルバム』の夢よもう一度、という感じなのは全体の作りがそうですが、
そもそもテーマ曲からして、またも英語詞の外人女性歌手(リンダ・ヘンリック)。
演奏はネイティブ・サンで、中期金ドラのテーマ音楽は、
外国語詞女声ボーカルポップスか、フュージョン音楽というのが多用されてますが、
ここではその両者を贅沢に合体させて使っているわけで、それだけ意気込んでいたのでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
熱い秋の最終回
 最終回どうなったのか、教えていただけませんか?
再放送で何回か見ただけなのですが、
最終回見られず結末がどうだったのか、30年近くずーーーっと気になっています。よろしくお願いします。
2014/10/11(土) 00:24:02 | URL | かざぐるま
ワタクシも見た訳では無いのでよく書けないんですよ。
根気よく検索すると、言及されている人がいらっしゃるかと思います。
2014/10/13(月) 11:50:20 | URL | ごいんきょ
ありがとうございます
そうですか・・・
いつの日かわかることを信じて、探してみます。
ありがとうございました。
2014/10/14(火) 18:09:59 | URL | かざぐるま
いやあ、お役に立てませんで。
いつかご存知の方がここに書いて下さる可能性も無い訳ではありませんので。
2014/10/15(水) 07:22:56 | URL | ごいんきょ
熱い秋の最終回
私はテレビでの最終回は見たことないんですが・・・(初回で暴漢に襲われるシーンは観ました・・・)原作が出ていて、これだと最後は夫が竹下と不倫していることに動揺した綾(八千草さんです)を息子(国広)がなだめるような感じで結ばれる、というものでした。ちょっときわどいけど綾と息子は血はつながっていないし、まぁ実は心の奥底では惹かれあっていてそれでむずばれた・・・雨降って地固まった、的に終わってました。テレビではどの程度再現されたのかぜひ再放送願いたいですね。
2015/02/11(水) 20:42:11 | URL | (ハンドル未記入)
生さぬ仲の母子が結ばれるのですか。
テレビでは当時は難しかったかも。
2015/05/06(水) 12:24:38 | URL | ごいんきょ
本で最終回を知りました
私も再放送されたのをずっと見ていましたが最終回だけ見逃してしまいました。
親切な方が本で出版されているというので本で結末を知りました。
2017/09/01(金) 18:32:07 | URL | テディ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ