私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



玉ねぎむいたら… (1981)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、桜田淳子がコメディーを演じた、この番組です。


8時だョ!全員集合という番組は、勿論、ドリフターズのコントを楽しむ番組でした。
しかし、ゲスト出演者の中で特に芸達者な人間は、
通り一遍のドリフとの絡みの中でも少しずつ異才を発揮し始め、
ついには後半コントに於いて、加藤茶や志村けんらと、差しのコントを任される者もおりました。
研ナオコは別格として、小柳ルミ子、由紀さおりなどというナベプロ勢が秀でておりましたが、
アイドル全盛時の超一線級アイドルの中で、頭抜けたコント演技を披露する存在がおりました。

志村けんと新婚夫婦を演じ、張り切って家事をするものの、いつも何かがおかしい妻役。
志村がたしなめると照明が消え、暗く落ち込んで「私って…駄目な女ね…」と嘆く。
志村が「いいよいいよ」ととりなすと、パァッと明るくなって音楽も替わり、
明るい輝きに満ちた表情になって立ち直る。
この、落ち込みと立ち直りの切り替え演技が秀逸で、
流石は三人娘の中で最も演技志向の強い淳子と思わせました。

こうして、コメディー演技が皆から認知されていた桜田淳子を、
本格的なコメディードラマの主役にするというのは、冒険だったと思います。
当時、桜田淳子はもうベストテン番組には登場しなくなってはおりましたが、
中島みゆき作曲の『化粧』という佳曲を発売中の本格歌手。
ただでさえ、歌手がドラマで主演するという事は冒険だった時代です。
しかし、レコードの売れ行きも落ち込んでいたという事での現状打破だったでしょうし、
百恵がシリアスドラマで大ヒットを出したという精神的圧力も有ったかもしれません。

お相手役は、コメディードラマでは日本随一とも言える実績を持つ、石立鉄男。
脚本は、これまたその石立を用いたドラマの中心であり続けた松木ひろし。
申し分なしの組合せで、かつて山口百恵が一世を風靡していた金曜21時に乗り込みました。
彼女は石立鉄男が演じる漫画家のお手伝いさん役。
松木お得意の、御転婆お手伝いさんコメディーでありました。
かつての川口晶が空手なら、こちらは剣道二段という設定。
やはり淳子が担当した主題歌音盤では、剣道着姿の淳子が映っております。

けれども、何度も言いますが、日本人は楽しみ下手。
昨今はどうか知りませんが、特に当時は、コメディーというものに対する偏見が根強く、
どれだけ優れた演技をしていようが、どれだけ面白く描かれていようが、
まともに評価する人物も媒体も皆無でした。
今でもそんなには変わっていないとは思いますが。
ルーシーシリーズのルシル・ボールがエミー賞の常連だったりするアメリカとは雲泥の差。
第一、いまだにエミー賞に匹敵するものがテレビ界に無い。垂れ流し野郎共ですからね。

そんな中で、桜田淳子のこの冒険も、結局は不発に終わってしまいました。
石立鉄男も、正直、盛りは過ぎておりましたしね。
淳子の妹役として、松田聖子が出ていたのも象徴的でした。
サンミュージックの新旧アイドル共演でしたが、
この番組の不発を最後に、ハッキリと松田聖子時代へと、事務所も舵を切るのです。
桜田淳子というタレントは、正しく生まれながらにしてのアイドル。
類い希なる外見を含む素質を持っていた存在だと思いますが、
残念ながら日本の芸NO界では、彼女のような「タレント」を活かしきる力量が無かったのです。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
久しぶりです!
私の場合、桜田淳子と言えば、志村との絡みの他にニューヨーク恋物語やフジの火曜ワイスペ枠でのグルメ特集(所ジョージがトカゲやらを食わされる奴)での出演が印象的です!

そして例の団体にハマり……
2014/02/08(土) 21:55:29 | URL | がむしゃら
ニューヨーク恋物語と言うと、もう淳子さんの最末期ですね。

淳子さんは、純粋であろうとあり過ぎたんですよ。
もっと人間は適当でいいのに。
2014/02/09(日) 05:23:17 | URL | ごいんきょ
面白かったし、放送時間も悪くなかったと思うけど
毎週面白く観ていましたし、放送時間も世のガキんちょ共の寝床時間が遅くなって来たご時世に合っていた(ある意味(さらにガキんちょ共の寝床時間が遅くなった)現在の午後10時の金曜ドラマの源流とも言えるかも)とも思いますけど、今一つの結果に終わりましたねぇ。

只、毎週面白く観ていた筈なのに、今振り返ると淳子ファンだった私(とは言え、かなり興味は薄れていましたけど)にもどうも印象が薄い(森昌子の「想い出づくり。」ですら、ある程度記憶にあるのに)というのが、昌子さん、百恵さんと比較しての淳子さんの弱さだったのかなぁと。
只、そんなお茶漬けサラサラと言った感じの押し付けがましさのない(と言っても存在感はしっかり残す)彼女の個性が好みでしたし、主役でも脇役でも「必要十分」に役目をこなす彼女が芸能界で一番長生きしそうだなぁと思っていたんですけどねぇ・・・・、淳子さん自身の選択ですから、その選択については私がどうこう言うことでは無いです。
但し現在淳子さんが属している団体そのものについての問題点については(キッパリ指摘も糾弾もしていますけどね。



あの団体については高額の茶壺を売り付けたりするとされる件よりも(そんなの宗教団体のみならず政治結社でも幾らでも存在している様な(笑))、幾つかの勝共団体を組織したり、その一方で北朝鮮との関係が取りざたされたりと戦後日本の自由と言論と民主主義を脅かす活動まで行っている(彼らが何処まで自覚しているのか分かりませんけど)とされる点が何よりも許せない点ですな。
これ以上述べるとこのサイトの趣旨から大きく逸脱しそうなので、上の一文に留めますけど。
2014/02/11(火) 09:00:59 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
ま、統一教会については、ワタクシも正直、如何なものかとは思ってますけどね。
と言うかワタクシは、人類は全ての宗教からそろそろ卒業しても良いんじゃないかと思ってますけど。
勿論、マルクスという教祖からも(笑)。
宗教は平気で人間を踏みにじりますからね。
そこが大嫌いです。
全ての宗教が人類の自由の敵です。ワタクシの考えではね。

でも、淳子さんがたまたまアレに引っ掛かったのは残念としても、
やっぱり、良くも悪くも彼女の純粋性が出てしまったと思うんですよ。
この場合は、あまり良い点は無いのかな(笑)。
2014/02/12(水) 07:07:59 | URL | ごいんきょ
何を信じていようとそれ自体を問う積もりはありませんけど
私個人の考えとしては、宗教や思想の類いは言わば哲学の一形態や変形に過ぎず、生きる為の参考程度の指針として活用する分には有用性も認めるにせよ、一つの宗教や思想のみに帰依‎するのは非常に危険であるとの考えですけど、人間は弱い面もありますし、一つの宗教や思想に身を委ねている人について、どうこう言う積もりは無いですね・・・・、そういう生き方をするのも個人の自由ですから。
只、自分の考えを押し付けたり、他人の考えを全否定したり、まして諍いまでおこしたりと他人の思想・心情の自由を侵害する権利なんてのは無い訳で、そういう点で何かと疑問を抱いてしまう宗教の一つが、彼女が属している団体という事です。

異なる考えを軽んじ尊重しない個人や団体・組織が自由・民主主義の最大の敵だと私は考えていますんで。
2014/02/14(金) 21:38:09 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
宗教、特に一神教の恐ろしい点は、それが「絶対的な正義」である事なんです。
神が絶対者ではないという一神教は、おそらく存在しないし、存在意義が無くなりますしね。
少なくとも全ての一神教が、そういう意味で人間の自由の敵なんですよね、TXさんの論から言っても。
自由自由言っていたら、誰も信心しませんよ。
だから布教段階では、どれだけの個人を圧殺してきているか。
しかも宗教側からすれば、それが正義なのですから。
2014/02/15(土) 08:37:27 | URL | ごいんきょ
「私ってダメな女ね。」のコント、大好きでした。立ち直る時の感じがホントに「ぱァ〜」って感じで、それが良かったなぁ。
おおかたの皆さんが、淳子さんは純粋すぎてああなってしまったと言うような事を仰っていますが、それを裏付けるような発言をアイドル全盛期の西城秀樹さんがしていたのを思い出しました。曰く、「彼女は冗談が通じないタイプ」だと。とても真面目な人だという話の流れから、そんな言い方をしていました。
2014/02/16(日) 00:07:38 | URL | ろみたん
ま、受け取り方は人それぞれでしょうし、秀樹さんが何をもってそう言っているのかも、我々には窺い知れませんが。
ワタクシは、3時のあなただったか、3時にあいましょうだたかで、
空港だったかな、インタビューを受けていて、
「『恋多き女』にはなりたくない」とか、キッパリと言っていたのを覚えていて、
その印象が強いんですね。
2014/02/17(月) 01:21:56 | URL | ごいんきょ
ご無沙汰申し上げております。久しぶりにお邪魔したら、知ってる番組の記事が倍増していてうれしくなりました。

当時あまり受けていなかったとは初めて知りましたが、なかなか面白い作品だったと思います。石ノ森章太郎先生のちょっとエロい劇中マンガ(笑)も、♪玉ねぎむいてるだけなの〜 の主題歌も好きでした。
2014/11/08(土) 00:28:48 | URL | nardo
そんな人々を、誰も知らないような番組の記事を見て、
こんな番組までやっている!と喜ぶような社会不適合者に育て上げる事がワタクシの夢です(笑)。

そう言えば、玉ねぎむくって、ちょっとエロイですよね(笑)。
2014/11/09(日) 10:01:39 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ