私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



パパはニュースキャスター (1987)

パパはニュースキャスター

只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、ギョーカイドラマの先駆けともなった、この番組です。


役の幅を飛躍的に広げた田村正和を使ったコメディーの一つで、
既述の『パパは年中苦労する』の元作品のようなものでした。
脚本は、田村コメディーでお馴染みの伴一彦、プロデューサー八木康夫も同様。
その端緒だった『うちの子にかぎって…』もなかなか画期的でしたが、
この番組では主人公の設定をニュースキャスターにし、
ために舞台がテレビ界となったために、お遊びの度合いも急上昇。
この手のギョーカイドラマの元祖とも言えるでしょう。

田村演じる主人公、鏡竜太郎は、一応独身。
けれども酒を飲んでは女を口説き周り、記憶の無いまま情事に至るという最低野郎(笑)。
そんな彼に当然の報いとして(?)、或る時、娘と名乗る女の子がやってきた。
それも三人も(笑)。
立場上、そんなスキャンダルの種を隠さねばならない竜太郎と、
全員が「愛(めぐみ)」という名の三人の娘との、奇妙な生活を描いたものでした。

主人公がテレビ局に出入りしている関係上、いろいろテレビ界の描写が出てきて、
そこでゲスト出演者も山ほど登場。
なにしろ冒頭部でいきなり、主題歌を歌う本田美奈子がそのまま登場し、
番組中の歌番組の中で、この主題歌を歌うのでありました。
そんな感じで数々の芸能人のみならず、スタッフ類までもが実名で登場し、
お遊びに類する演出で、非常に楽しみの多い番組でした。
作り方としては、おれたちひょうきん族がコントとしてやっていた事を、
そんまんま本当のドラマでやってしまったという、逆転発想の番組でした。

こういう番組をフジではなく、TBSがやってしまったのが面白い所。
当時、ひょうきんスタッフとTBS一部スタッフは交流が有り、
バラエティ番組ではいろいろ垣根を越えた企画を実現させてましたが、
そうした空気からTBSにもこの手の番組作りが芽生えていったんでしょう。
出し抜かれ感じのフジは(笑)、この後、まったく悪びれずに、
パクリとまでは言えないけど、いわゆるギョーカイを舞台にしたドラマを量産。
現実混交ドラマが溢れかえるようになりました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
結構好きなドラマでした
こういう肩が凝らないコメディードラマ好きでしたねぇ。
「ドラマのTBS」のセンスの高さを窺わせたドラマでもありましたね。
2014/02/15(土) 12:52:44 | URL | TXが無いテレビなんて・・・
娘たち三人とも同じ名前で「あい、と書いてめぐみ、と読む」ので、三人の間では、「鈴木さん」「大塚さん」「西尾さん」て呼び合ってましたね。これ、三人の本名と言うか芸名?なので、手抜きか!とツッコミつつも、そこも面白かったです。

西尾さん、おととい放送された天海祐希主演の「緊急取調室」に容疑者役で出演されていました。
だいぶ前ですが、「ケイゾク」にも主演の中谷美紀さんの親友役で出演されてましたね。
忘れた頃にちょくちょく見かける役者さんです。
2014/02/15(土) 18:57:42 | URL | ろみたん
主題歌
このドラマの主題歌、本田美奈子の「Oneway Generation」が、後に、パクリ暴露本の元祖「ドロボー歌謡曲」で、プリテンダースの「Don't get me wrong」のパクリだと俎上にあげられてました。

当時はプリテンダースの曲は知りませんでしたが、だいぶ後に、あるCMで、この曲が使われたとき、これが「Don't get me wrong」だとわかりました(CMには、曲名も歌手名もクレジットはありませんでした)。

この曲は、デビュー以来続いたエロ路線から離れて、この頃から出はじめた、背中後押し系モータウンのはしりで、メッセージ性はあるけど、押しつけがましさや説教くささがない、いい曲でした。

当時の本田美奈子(後に本田美奈子.と改名)は、そのエロ路線とツッパリ的な言動で、女性からは総スカンでした。

今の倖田來未が、エロかわいいとかエロカッコいいとか、女性から大いに受け入れられているのとは大ちがいですね。

他にも、不思議ちゃん的な発言はしょこたん(中川祥子)に、アーティスト指向の曲づくりは、あゆ(浜崎あゆみ)など、本田美奈子のキャラクターは、けっこう今の歌手に受け継がれています。
2014/02/16(日) 05:40:53 | URL | 10000k
ご病気で亡くなられて早10年になるんですよね…

このドラマに出ていた浅野温子は次の年に浅野ゆう子とWアサノで売り出して「抱きしめたい」で知名度を飛躍的に上げました!そのプロローグのような出演と言えるかもしれないですね~(笑)

2014/02/16(日) 21:45:44 | URL | がむしゃら
ちなみに
亡くなられたのは本田美奈子さんです。

それにしても惜しい方を無くしたものですね…
2014/02/16(日) 21:50:30 | URL | がむしゃら
● TXさん
んー、でも、TBSの中でも新人類というか、
かつての「ドラマのTBS」とは別種族だなあという印象です。
ま、上手く新陳代謝できたって事なんでしょうか。


● ろみたんさん
子役さんは役に入り込みやすいようにか、本名に因んだ役名が多そうです。
売れっ子はそんな事してられないでしょうが。
ほー。今でもご活躍なんですね。
小さい頃から知っていると、ちょっと不思議な感じもしますよね。
坂上忍さんなんか、あんなになっちゃって(苦笑)。


● 10000kさん
聞いてみましたが、リズムパターンだけのような。
でもあの歌、最初に聞いた時から、聞いた事あるような歌だなあとは思いましたが。
本田美奈子さんは、顔もカワイイ感じでしたからね、格好良いと言うより。
そういう人は、女性から反感買い易いんでしょうね。
裕木奈江さんとかいましたが(笑)。
日本のアイドルとしては久々に歌が上手かったので、
ああいう売り出し方は惜しい感じでした。
が、ああでなければ売れなかったであろうというのが、日本の淋しい所です。


● がむしゃらさん
うーん。十年も経ちますかあ。
なんだか本当に、月日が経つのが早過ぎる(苦笑)。
2014/02/17(月) 01:09:42 | URL | ごいんきょ
このドラマって確か62年の1月クールのドラマでしたよね。

浅野温子はちょうど同じ頃に日本テレビ系の「あぶない刑事」も(あれもほぼ主役と同等の扱いで)出てましたから・・・・寝る時間あったんでしょうかね、彼女(笑)

パパはニュースキャスターがはやったのも一因なんでしょうが、この頃はフジ・テレビ朝日なんかもこぞって”業界ドラマ”なんていうものをやってましたよね。「アナウンサーぷっつん物語」とか。
ただ、こういうのやり出してからタレントとその裏方の”越えてはならないボーダー線”がどんどん曖昧になってきてしまったという感じもしなくはないんですよね。

とんねるずが石田さんの真似をやり出したり、伊藤輝夫という演出家としては狂気の才があった人物がタレント・テリー伊藤として出てきて頓珍漢なコメントをあっちこっちでばら撒き始めたり。
”目新しさ”という点では文句なしのセンスを感じますけど、その後のテレビの”メリハリの喪失”を招く一因を作った功罪相半ばするドラマなんじゃないかな・・・というのが自分の意見だったりします、このドラマに関しては。

2014/02/17(月) 02:37:38 | URL | (ハンドル未記入)
そうですね。昭和62年1月からです。
あの頃からですか、浅野温子さんもいよいよ上昇気流に乗った感じになったのは。
そしてW浅野時代へと繋がる訳ですが。

フジテレビにしてみたら、やられたって感じだったと思いますよ。
こういうの、本来ならフジがやり始めるべきものでしたもの。

これはこれで面白い試みだったと思うんですよね。
ただ、いつもそうなんですけど、
柳の下で何匹ドジョウを追っかけてるんだってのは有りますよね(笑)。
2014/02/23(日) 12:59:47 | URL | ごいんきょ
お笑いの世界でも…
1987年~88年にかけて、ドリフやビッグ3などの次の世代にあたるとんねるずが「みなさんのおかげです」で大きく力をつけて来ましたよね!彼らの笑いは、すでに欽ちゃんやひょうきん族で花開いた素人いじりや楽屋ネタを更にパワーアップさせた笑いの取り方で、たちまちバラエティー界を席巻してしまいました!当時12~13歳と極めて多感な年頃だった自分は当然の如く感化されまくりましたね。。今から見れば彼らの笑いは色々と弊害的な部分も多いですが、バブル景気に相応しいパワーに満ち溢れていた事は間違い無いと思います。

良くも悪くも87年~90年のバブル期のドラマやお笑いは怖いもの知らずのイケイケムードでした!
2014/02/23(日) 23:48:33 | URL | がむしゃら
とんねるずに関しては、野坂昭如さんが懸念を表明し、一時両者が険悪な感じとなりましたが。
今、野坂さんの懸念がよく判るようになってます。
野坂さんが言っていたのは、ああしたものが蔓延してしまう事への警告だった訳で、
とんねるず一組だったらそういうのもアリとは思っていたのでしょうが、
下へ流れるのを簡単に認めると、必ず易きに流れていくんだという事を、野坂さんは見抜いていたのでしょう。
開拓者それだけで済めば多様性で良いわけですが、
悪貨、良貨を駆逐するという事が有るので、
決して安易に悪貨を認めてはいけないのだという事ですね。
鬩ぎ合いが必要なのです。
あの頃、それが無さ過ぎた。確かに。
フジの標榜した路線があまりにも蔓延してしまい、
一般人までお笑いへの理解が深まり過ぎてしまったのですね。
お笑いなんて、良識人から馬鹿にされているくらいで辻褄が合っていたのです。
2014/03/02(日) 04:15:23 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ