私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プライムタイム (1987)

プライムタイム

只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回はまた帯番組から、ニュースステーションにTBSが対抗していた、この番組です。


ドラマのTBSドラマのTBSと書いてきましたが、
報道のTBSという通り名も有るんですよね。
ニュースコープなどで名を挙げたわけですが、
そうした報道側の誇り高さが、時折、暴走しているんですね、この局は。
まずは昭和59年、そのニュースコープの枠を拡大して、
19時20分までとしてしまったんですね。
これにより数多くの番組が影響を受け、せっかく固定ファンが多かった番組まで、
視聴習慣を替えられてしまい、失速していったように思います。

ブラザー・ファミリーアワーとヤンマーファミリーアワーが曜日移動となり、
どちらも魅力を失っていきました。
例えば、『ザ・チャンス』と『ぴったしカンカン』の二階建てだから
火曜7時台はTBSで固定だという家も多かったと思うんですよ。
それを、他の弱い曜日に持って行けばそちらが強くなるだろうなんて、
ちょっと考えが甘すぎたんですよね。
大昔に、『おトラさん』『チロリン村とくるみの木』『事件記者』など、
幾つも枠どころか局を超えて継続された番組が有りましたが、
どれも皮算用は皮算用で終わったように思います。

そして、行った先の枠は不人気のままで、逆に出て行った後の枠を、
他局に攫われてしまうという結果だって、当然予測できるんですよね。
ま、そうした冒険というのは上手く行くと計画者の名声が飛躍的に高まりますし、
結果だけを見てああだこうだ言っても、あまり詮無い事なのですが。
ただ、ニュース枠を18時台からはみ出させて番組表を見苦しくした事と、
次の番組の開始時間をわかりづらくしてしまった事は、
結果とは無関係に、やはりおかしな決断だったとワタクシは思いますね。

そんな疑問符の決断が、続け様に昭和62年に再び行われます。
ま、この時は前回ほど突飛では無く、夜十時台に帯でニュース枠を作っただけですが。
全曜日のその枠の既成番組を全て取っ払わなくてはならず、
たしかに物凄い難作業ではあったと思いますが、
テレビ朝日はその大英断をしてニュースステーションを軌道に乗せたのですからね。
ただ、二匹目のドジョウ狙いだったというのが、しかも、
本家の真裏にぶつけたというのが、無謀と言うより、無礼ですよね。
それ以前のテレビは、そこまで先達者を愚弄する編成などしてなかったと思うのですが。

この頃TBSは少しおかしいというか、土曜日だって、
テレ朝が『土曜ワイド劇場』で、日本初の二時間級長時間単発ドラマ枠を成功させると、
事も有ろうにその真裏で、『ザ・サスペンス』という物真似枠を作ったり。
幸か不幸かと言うか、でなければこの世は闇というか、
どちらも本家が勝ち残って、後々までも続いていき、真似側はすぐ消えましたが。
てなわけで、この番組も、この後にキャスターを替えて衣替えした番組も、
きっかり一年ずつで消えた徒花となりました。
しかし、その影響は通り一遍では無く、『金曜ドラマ』など、
やはり名物番組や人気番組が終了、枠移動の憂れき目に遭い、
このニュース枠撤退後も失った視聴者はなかなか戻らなかったのでした。

この番組のキャスターは、NHKからそれこそ鳴り物入りで移籍して、
朝の『モーニングeye』を大成功させていた森本毅郎。
女好きしそうな風貌と柔らかな語り口は、本当に主婦を惹き付けたのです。
でまあ、その森本なら、TBSに砂掛けた久米宏に一矢報いてくれるだろうと、
そんな甘い計算が有ったんじゃないですかね。
で、「私はこれで番組を辞めました」ではないですが、
不倫騒動が有って番組降板なんて騒ぎも有りましたっけ。
あれは『モーニングeye』の方だったかな。どちらにしてもこの頃と思いますが。
今のTBSラジオ『スタンバイ』を聞いていると、
そちらが天職じゃないの?と思います。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
噂話程度のお話ですが・・・
元々「ニュースステーション」は、久米宏の古巣であるTBSに企画が持ち込まれた番組であったと聞いたことがあります。
曖昧な記憶なのですが、木曜日は直前の21時台に「ザ・ベストテン」という生放送番組もあったので黒柳徹子もキャスターに据えて放送するというアイデアもあったみたいですよ。

でも、TBSではこの話が流れてテレ朝に企画が持ち込まれ実現。当初は苦戦したものの大成功します。

TBSは相当悔しがったんじゃないでしょうか。
それとTBS局内で発言力の強い報道局の威信を賭けて「プライムタイム」が始まった・・・と考えると、この無茶な企画が通ったのも納得は行きます。

TBSには「鳴り物入りで大々的に始めた番組は失敗する」というジンクスがあり、この番組の失敗以降も「ムーブ」や「総力報道!THE NEWS」で致命的な大失敗をして没落し続けているんですよね。
逆に、今年の3月で終わる「はなまるマーケット」のようにとりあえずのつなぎ番組で始めた番組のほうが長寿化したりしています。
肩の力を入れすぎるとダメな社風のようです。
2014/02/20(木) 09:12:40 | URL | 補足
実は「プライムタイム」のほうでも押す声があったんですよ、黒柳さん。
その黒柳さんですが、「プライムタイム」では企画立ち上げのときはメインキャスターの最有力候補に挙がってたらしいです。

ただ、彼女はやはり久米さんの裏に行くのが嫌ったのか、はたまた「ベストテン」に対する愛情が棄て切れなかったのか、この話を拒否したため、次の候補として既にテレビ朝日で一定のTV司会者としての経験を持っていた筑紫哲也に声がかかります。
彼は黒柳さんとは違ってこの話に前向きだったそうですが、当時所属していた朝日新聞と系列のテレ朝が猛抗議したためにこの話も白紙に(尚、筑紫さんは1987年夏頃に特派員としてニューヨークに突然飛ばされています。多分懲罰人事の意味合いが強いと思います・・・)。で、結局”フリーにはフリーで”ということで森本さんを置いた、って感じみたいですね。

ちなみに、この一連の経緯で筑紫さんとTBSの報道部や編成との関係が深まった事が後の「NEWS23」創設へと繋がったようです。番組としては大失敗でしたが、「NEWS23」という良くも悪くも「Nステ」と並ぶテレビニュース史の大きな流れを作った番組の”きっかけ”を生んだと言う意味でも、この番組がテレビ史に残した功績はあったんじゃないかな・・・という気がしますね。
 
2014/02/22(土) 03:16:34 | URL | (ハンドル未記入)
記憶違いかもしれません・・・
>黒柳さんですが、「プライムタイム」では企画立ち上げのときはメインキャスターの最有力候補に挙がってた
あ、その話と記憶が混同していたのかもしれません・・・
本当に又聞きレベルの話なので確信が持てなかったのですよ
混乱させてしまって申し訳ないです
2014/02/23(日) 13:40:22 | URL | 補足
ワタクシが見聞した話で、これもウロお覚えなんですが(笑)、
それで言えば、筑紫さんの話は知っておりますね。
黒柳さんに関しては、あまり聞いた記憶が有りません。
ただ、ベストテンは久米さんと一緒に辞めたがっていたようには覚えてます。

うろ覚えでも、話の切っ掛けになったりしますからね。
臆せずいろいろ書いてみて下さい。
違っていたって、ここでは誰も責めませんよ。
なにしろ制作者が最もいいかげん魔なのですから(笑)。
2014/02/23(日) 20:40:31 | URL | ごいんきょ
つい先日、久米さんご本人がTVで仰っているのを見ましたが、ザ・ベストテンの司会を継続している最中にニュースステーションの司会が決まっていたそうです。絶対に口外できない話で、久米さんは相当に苦しんだようでした。
2014/02/25(火) 12:53:53 | URL | ろみたん
という事のようですね。
ですが、黙っていられた方にすれば、
裏切られたとの思いは強かったのかもしれません。
2014/03/02(日) 05:27:17 | URL | ごいんきょ
かつてTBSは「アニメ王国」「ドラマ王国」と呼ばれ、一週間にドラマを放送しない日はないと言われるくらいでした。それが1984年の秋から「ニュースコープ」が7時台にまで延長して、アニメが次々と撤退しました。(プロ野球中継がある日は短縮)
1987年の秋に、金曜ドラマが終了し、(実は水曜9時にスポンサーごと移動しただけ)ドラマ冬の時代と言われたくらいでした。しかも金曜ドラマは殆どが大人向けのドラマでした。2年後に復活した時は、若者向けが多くなりました。
2017/07/08(土) 23:27:09 | URL | るるるの娘
そういや昔は
アニメ特撮枠としての武田ブラザー丸美屋その他火曜7時のサスケとかの森永提供とかの一社提供枠があったものの今は影も形もない
今はドラマだと逃げ恥とかのヒットはあったとしてもアニメとなると特にcbcでは辛うじてという現状かな
何せ7時台どころか夕方もなく深夜枠も1作しかオンエアされず毎日制作の進撃の巨人とかもなぜかテレ愛でやっているからである
ちなみにその代わりに通販番組が多い






2017/07/09(日) 23:45:56 | URL | 熱血王 ガッツィンガー
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ