私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



金曜劇場 (1961)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、ドラマのTBSの礎を築いたドラマ枠の一つである、この番組です。


♪ パーパの電車は近鉄で 毎朝お出かけ元気よく

「金曜劇場」と言っても幾つか有りますが、
TBS金曜夜の特集をしている現在、『近鉄金曜劇場』に他なりません。
この楠トシエが歌う近鉄特急の歌が最初に流れていたといいますが、
我が家は恐らくこの枠を見ていなかったのでしょう。
ワタクシの記憶には一片も有りません。
その名の通り、近畿日本鉄道、近鉄提供のドラマ枠でした。
関東で宣伝してもそれほど意味無さそうな近鉄が、
どうしてこのネット番組を提供したのかは、大いなる謎です。

この枠は、先にご紹介したサンヨーテレビ劇場の終了により、
TBSから単発ドラマ枠が減った事を補うため作られた枠でしょうか。
開始当時は、各局ともこうした単発枠が複数存在し、
そうした枠からは年に数作、芸術祭参加の大型ドラマを、
局の威信を賭けて出品するというのが習わしだったのです。
なにしろこの頃は、テレビドラマは軽んじられてましたからね。
権威に縋ってでも、地位を向上させたいというのは有ったでしょう。

やはり特に力を入れていた局が、日本のテレビの根幹といわんばかりの
自負に充ち満ちた日本放送協会と、「ドラマのTBS」と標榜したTBS。
TBSは若手の中からも有望そうな者を特に抜擢し、
芸術祭参加作を任せるという事もやっておりました。
この金曜劇場のプロデューサーは石川甫。
この「ドラマのTBS」の礎を作った男は、
本枠の放送中に映画会社の五社協定が崩れてきた事態にあたっても、
他番組がスター主義に傾きつつあるのを尻目に、
映画スターなんか要らないと敢然と拒絶、それまでの姿勢を崩しませんでした。

そして、彼が任せた大山勝美による『正塚の婆さん』が、芸術祭奨励賞を受賞。
時間拡大したこの枠で放送されました。
この作品も幸いにして保存されており、今でもCSで時々放送されます。
大山勝美は、石原慎太郎原作枠の『慎太郎ミステリー』の斬新な演出で名を馳せ、
特に同業者には頗る高く評価されていた人材です。
この作品に限らず、この枠からは毎年多くの芸術祭参加作品が制作されました。
そこには、局の意向も有ったでしょうし、スポンサーの意向も有ったでしょう。
当時の企業は、企業全体の威信を高めるような広告効果を期待しており、
具体的な視聴率どうこうより名を優先させていた場合も多々有ったのです。

しかし、昭和も40年代に入ってくると高度成長も弥増し、
人も企業も、目先の事物に振り回されるように、徐々になっていきます。
そうして、意欲作や意欲的な若手を作るという使命も持っていた、
こうした単発ドラマ枠は減少の一途を辿り、
この近鉄金曜劇場も、その役割を終えていくのでした。
「喜劇、悲劇、実験作など、許されるものはなんでもやる」と
石川甫が語っていたこの枠の終焉は、テレビが大衆に蹂躙される時代の訪れでもありました。
サンヨーテレビ劇場、この近鉄金曜劇場と、初期TBSのドラマ制作能力の高さを誇示した
これらドラマ枠は、どちらも金曜日の番組。
後に『金曜ドラマ』というあまりに単純な呼称のドラマ枠が出来たのは、TBSにとって
金曜日のドラマは特別なものなのだという思いが込められていたのでしょうか。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
新幹線と近鉄特急で大和路・伊勢志摩へ
実は近鉄は、首都圏でもこのようなキャッチコピーで観光PRを展開しているのです。近鉄提供番組としては他に、MBSの「真珠の小箱」がありますが、こちらも関東では一貫してスポンサードネットでした。
で、この金曜劇場枠ですが、企画を持ち込んだのは実は当時TBSとネットを組んでいたABCでした。同局にとって近鉄は、設立当時からの大株主だったこともあって結びつきが強かったのです。現に、かつての近鉄バファローズが絡むプロ野球の試合はテレビ・ラジオともABCがよく中継していたのです。
一方、ライバルMBSはむしろ阪急や南海が大株主だったのですが、ラジオの「パールクイズ」のスポンサーについたことから「真珠」のスポンサーにもついたというご縁ができたとのことです。
現在の近鉄は、ABCからは資本を撤収する一方で、MBSの大株主の一つとなっているのですが、その辺の話はTXさんのほうが詳しいかな?
2014/02/18(火) 18:06:24 | URL | うみがめ
まあねえ。こじつければ旅行宣伝できるでしょうが、
特に当時としては、広告効果はあまり期待できなかったと思うんですよね、関東では。
関西では東急とか京急、西武とかの提供番組を放送してたんだろうか。

近鉄が提供ですし、関西主導ではあったんですよね。
ただ、受け持ちは持ち回りで、TBSもそれなりに深く関わった番組でした。
だから、なんでもっと全国的な企業が提供に?とも思うのですが、
こんな芸術性の高めの番組を受け持とうという良い意味で酔狂な企業も、限られてたんでしょう。
球団を手放す際の経緯など見ても、どうも良い意味でのお遊びというか、
余裕を持っていた時代の名残が垣間見られた感じでした。
2014/02/23(日) 20:18:05 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ