私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月曜ロードショー (1969)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版』&『ライト版』発売を記念し、
TBS金曜夜の番組、及び、子供向バラエティ・教育番組を織り交ぜて特集しております。
今回は、なのに何故この番組なの?という疑問もものかは、この番組です。


昭和40年代前半、テレビでの映画放送と言えば、なんと言ってもNETでした。
淀川長治の解説で名を売った『日曜洋画劇場』と、
それと対を成す形で並立していた『土曜映画劇場』。
この二本の週末番組で、他局の追随を許さなかったのであります。
他にも、『火曜映画劇場』というのもやっており、
週に三本もゴールデン帯に映画番組を持っていたのです。
これも、今では考えられないでしょう。

一方、出遅れ気味の他局の中で、TBSがまず、土曜映画劇場に被せるような形で、
昭和41年に『土曜ロードショー』放送開始。
後の『土曜ワイド劇場』に『ザ・サスペンス』を持ってきたような展開ですが、
この時は露骨に真裏ではなく、やや遠慮気味に、時間帯を少し遅らせて始めました。
但し、後発ですから内容には勿論、差別化を図っている部分も有って、
最大の売りは、カラー作品を放送するという事でした。
当時、まだカラー受像器は本格普及前で、テレビ番組にも白黒放送が多数。
従って、映画も特にカラーでなくとも大丈夫だったわけですが、
後発という事で、敢えて差別化したのでしょう。

当時まだテレビ未出演とされた三船敏郎や中村(萬屋)錦之助の作品も放送というのも、
その頃としてはそれなりの売り文句となっておりました。
但し、映画ファンからすると悪い面も有って、ワイドスクリーンで作られた画面の、
左右を些か切り落とした、テレビ用画面として放送という形にしました。
これは、当時の受像器が今よりかなり小さめの画面であった事を考えれば、
仕方の無い事ではあったのかもしれません。
ただ、それまでは画面を切るにしても関係者の手でやったりしていたものを、
局側が一方的に切りまくっているとして、映画関係者から激しい抗議を受けました。

内容としては、そのように邦画が中心というか、ほとんど邦画だったようです。
第一回は、森繁の喜劇・『駅前旅館』。
10月22日には、東宝の代表的怪獣映画の一つ、『空の大怪獣ラドン』放送。
これ、当初はナイターの雨傘番組として用意していたものだったのですが、
テレビ欄に一応その名が書かれてはいても、ナイターが中止にならないと放送されない。
そんなわけで、待ちきれない子供達からの要望が殺到し、
ナイター期間が終わったという事で、急遽の放送となったものでした。

昭和44年には、曜日を移動して『金曜ロードショー』となります。
なので、今回この番組を扱っても今の特集から外れていないわけです(笑)。
その時の提供は東洋レーヨン、三洋電機、本田技研、月桂冠、山発産業、他でした。
その際の第一回には、アラン・ドロンの『太陽がいっぱい』を放送し、
時間帯も堂々19時半からの2時間で放送するようになるとあって、
『土曜ロードショー』開始時とは比較にならない派手な宣伝を行いました。
それからしばらくは、洋画主体の放送となっていたようです。
ただ、この頃まだ声優の選任という考え方は無かった様で、
「タイムマシン」「鳥」にそれぞれ出演しているロッド・テイラーの声が、
作品毎に違う声優が担当していたというので、視聴者から抗議が有りました。
既にNETでは日曜洋画劇場で確立していた声優スター体制も、
TBSはまだまだ対応が遅れていたのでした。

更に秋の10月6日より、月曜に枠移動しての『月曜ロードショー』となり、
ここでようやく枠が固定され、以後、二十年弱ものあいだ続く事になりました。
この時の第一弾は、あのヒッチコックの『引き裂かれたカーテン』。
それで充分に集客力はあると思うのに、ご丁寧に括弧付きで、
(ミサイル・スパイ作戦)との副題ともなんとも付かぬ付記まで。
そう。この当時、『スパイ大作戦』が大いに注目を集めていたのです。
と言うより、正に真裏の、月曜21時から放送していたんですね。
なんと言う露骨な便乗商法(苦笑)。しかも、真裏に持ってくる外聞の無さ。
でもまあ枠固定に繋がっているのだから、あながち効果ゼロだったわけでもないのか(笑)。

昭和45年4月より、荻昌弘が解説者として登場。
荻は、同じTBSの『映画の窓』という番組に於いて、
日本の映画解説者として初めて番組を持った存在と言われ、
日本テレビのワイドニュースを担当したり、
TBSラジオのこども電話相談室の回答者などもやっておりました。
淀川長治や水野晴郎、小森和子らと比べると非常に淡泊な語りで、
あまり印象に残るような話し方ではありませんでしたが、
それだけ、映画本編の邪魔にならない語りを、特に気をつけていたのでしょう。
なるべく興味を持って貰うようにという集客的な姿勢と言うより、
いかに映画を引き立たせるかという、本編本位の姿勢だった気がします。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
金曜ロードショー?
TBSにも金曜ロードショーがあったとは初耳ですが、だとしたら、金曜の看板番組のザ・ガードマンや夫婦善哉はどうなったんだろうとおもったら、それらの番組は、金曜ロードショーの後にやっていたんですね。

でも、映画のあとでザ・ガードマンなんて見たら、あまりにも濃すぎて、もう「ごちそうさま」です。

荻昌弘さんは、水野さんや淀川さんのような名フレーズを持たず、解説者としての印象は地味ですが、ただ坦々と話すところに、ある種の安心感がありました。

荻昌弘さんは、’70年代から’80年代前半にかけて、毎年4月21日に、全民放で同時刻に放送していた(かつての「ゆく年くる年」と同じ方式)、「放送広告の日特別番組」の司会をされていて、むしろ、月曜ロードショー並みに、その番組の印象が強いです。

同時刻に、いくつものチャンネルで同じ映像が流れていて、それが面白くて、いつもチャンネルをガチャガチャ回してました。
2014/03/09(日) 01:50:43 | URL | 10000k
私もTBSはずっと月曜ロードショーだとばかり思ってました。長野のTBS系は33年前に日テレとテレ朝の並列局が開局してからネットを開始しました。その前はテレ朝の時代劇(鬼平)や刑事ドラマ(天知茂さんの非情のライセンス)などを何日か遅れで放送してました。
日テレの映画は水曜から金曜に、フジは金曜から土曜で現在は映画だけでなくドラマ、バラエティーなどジャンルにこだわらない枠になってます。
唯一変わらないのが「日曜洋画劇場」のテレ朝ですが、ここ数年この枠もドラマ、バラエティーを放送する機会が増えて来ました。その昔日曜洋画劇場のエンディングのピアノの曲に日曜の終わりを痛切に感じた身にとっては、ドラマの放送は五十歩百歩許すとしても、バラエティーの放送はなぁんか違うような気がします。
2014/03/09(日) 16:45:33 | URL | ナベチン
● 10000kさん
ザ・ガードマンは、21時半からの放送だったのですよ。
そして夫婦善哉が22時半から30分。
どちらも我が家の定番番組でした。
映画の方はあまり見てなかったので、御馳走様ではなかったし(笑)、
もっと前、白黒時代から見てましたのでね。
放送広告の日、荻さんでしたっけか。
言われればそんな気もしますが、例によって強くは残ってないなあ。
今は全局一斉の番組が無くなってしまいましたね。


● ナベチンさん
日曜洋画劇場、まだここでは扱ってないんですね、なんと。
間違い無く十年以内にはやりますのでお待ち下さい(笑)。
2014/03/16(日) 08:31:24 | URL | ごいんきょ
荻昌弘さん
別の番組でしたが若かりし頃のタモリさん等と野菜について語りあっていたのを思い出しました。嫌みのない食通といった感じをうけました。
やはりTBSの番組でした。子供心に当時のTBSはどの番組を見てもワンランク上の感じがしました。今、多少なりとも名残があるのがサンデーモーニング位でしょうか?「喝!」のコーナーはさておいて。
2014/03/16(日) 09:35:26 | URL | とらお
荻さんは食通という存在を、かなり毛嫌いしておりましたね(笑)。
野菜についてがどういう話かは知りませんが、どこそこのの何は品質が違うとか、そういう話ではなかっただろうと思います。

時のTBSは、全体に大人向けの空気でしたからね。
今はテレビは全般的に、そして漫画なども、
どこもが下に合わせてしまっているので、幼稚化が行き渡ってしまいました。
2014/03/17(月) 00:33:19 | URL | ごいんきょ
こんなやり取りでした
荻さん「昔(戦前)の野菜の味は云々…」タモリ「食い物の無い時代の人間の味覚なんて信用できない」荻さん「(諭すように優しく)子供の頃に本当に美味しいものを食べていた味覚は一生モノ…。」のようなやり取りだったと思います。山本益弘さんのようなしたり顔のコメントではなく滲み出るような納得できるお話でした。これだけDQNが蔓延っている世の中だから敢えてハイクラス、知的な放送って無理ですかね。昭和の頃は「向上心」が世の中に満ち溢れていたように思うのですが、今は恥も外聞もない「開き直った人」を良く見るようになってしまいました。最近、リアルタイムはNHK、Eテレ、BSの各チャンネルを見ています。
2014/03/17(月) 20:29:44 | URL | とらお
タモリさんも若かったからか、ろくでもない返ししてますね(笑)。
今なら荻さんの言葉の正しさはよく解っていると思いますが。
2014/03/17(月) 23:14:40 | URL | ごいんきょ
広告の日
上記番組締めのコメントで荻さんが視聴者に向けて「今の時代家庭でもビデオを使って映画でもドラマでも録画ができるようになりました。しかし皆さん是非コマーシャルを消さないでいただきたいんですね。これから何年何10年と経った時にあーあんな商品あったんだとかあんなタレントいたんだとかそれだけでも楽しいと思うんです。まさにコマーシャルは時代を映す鏡なんですね。」などと語られていました。今まさにそれを実感しております。
2014/08/20(水) 17:54:50 | URL | hey
ははあ。なかなか、当時としては流石の慧眼と申しましょうか。
放送広告の日も、最初の頃は民放全局でお祝いしていたのですがねえ。
2014/08/21(木) 23:49:33 | URL | ごいんきょ
泣いた荻昌弘
3月の東京大空襲の企画で「ガラスのうさぎ」が放送され映画が終わって出てきたとき彼は号泣していました。また夏の終戦記念の企画で水野晴郎が「火垂の墓」で号泣していたのが印象深く感じました。(私もこの2作を見て泣きました。)
2017/03/10(金) 21:06:54 | URL | クッキーモンスター
あの解説って、映画を見た後にやってるんですかねえ。
どの番組でもってわけではないでしょうが。
2017/03/12(日) 18:13:26 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ