私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



若い季節 (1961)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
さて第一回の今回は、それに相応しく、時代を象徴していたかのような、この番組です。


♪ ワーオ ワーオ お腹の底からワーオ

テレビが覇権を握った当初の、昭和30年代の良い空気感が持ち味のホーム・コメディー。
この番組の最盛期を見られた人は、黄金の三十年代を知悉する人と言えましょう。
舞台は、銀座の化粧品会社。
それって資生堂じゃないの? って、感じですが(笑)、
皆様のNHKが、こんな露骨に民間企業を連想させるドラマをやっていた時代が。

では筋は?
と言うと、これ、ほとんど有って無いようなものだったのではと思うんですよ(笑)。
なにしろ毎回の出演者が五十人前後。
それも、何れ劣らぬ当代の人気者がズラリと揃っているのですから、
一人が一分も台詞を言えば、もうそれだけで50分消耗してしまうという(苦笑)。
大河ドラマが産声を上げる前、この番組がまず、人海戦術を叩かれました。

ただ、制作側が言うには、いわゆる札束番組ではなかったと言うんですね。
衣装などは持ち込みの場合も多く、後半はロケも有ったものの、
全盛期はほとんど決められたセットの中。
そして、おそらくNHKで顔を売りたいプロダクション側も、
出演料などはNHK料金で納得していたでしょう。
テレビで顔を売るという事が、非常に大きな利得を生む時代に突入していました。

第一回の主な出演者は、水谷良重、峰京子、黒柳徹子、横山道代、
石浜朗、ジェリー藤尾、岡田眞澄、三木のり平、有島一郎、
渥美清、坂本九、ハナ肇、沢村貞子、松村達雄、淡路恵子…
こんな顔触れのコメディー路線、もう実現は難しいかも。
だが、これで驚いてはいけない。
この後も参加者は続々と増え続け、植木等らクレージーキャッツの面々、
古今亭志ん朝、小沢昭一、森光子、中尾ミエ、園まり、伊東ゆかり、
ダニー飯田とパラダイスキング、伴淳三郎、スリー・ファンキーズ、
藤田まこと、藤村有弘、西郷輝彦   等々…等々…

この面々で筋作れって言う方が無理な話で(笑)、
実際、ただタレントを集めているだけの番組という批判は、
かなり初期の頃から結構あったようです。
それも、当時は非常におカタイ路線のNHKがですから、
より風当たりは強いものが有りました。
それを撥ね除けたのは、平均40%とも言われた、視聴率。
多くの視聴者は、この、テレビが凱歌を上げているかの如きお祭り番組を、
ただ楽しんで見ていたのでしょう。

しかし、当時はまだ、生でこれをやっていたようで、
と言うか、これだけの面々を集めてしまっては、
VTRで撮り直して煮詰めていくなんて手法がそうそう取れるわけも有りませんし、
だから生で強行していたというのも有るのでしょうが、
それがために、タレントが失敗する事も度々。
そうしたものもそのまま見せてしまう、後のひょうきん族ノリに近いものも
有ったかとは思うのですが、時代と、局とを考えれば、それにも限度が。

増えていく出演者、経験の少ない若手の中で、台詞忘れなどが起こり、
しかも、それへの対応に狼狽するスタッフの姿まで映るに及び、
この番組の命運は断たれる事となるのであります。
放送期間4年弱、スタッフ側は三年を終えた時点で潮時と感じていたようですが、
時代を瑞々しく切り取った旬の番組だからこそ、
いかに人気がそれなりに有ろうとも、その寿命は長々とは持ちませんでした。
しかし、これだけ渡辺プロの面々が出演していて、
主題歌をずっと歌っていたので、てっきりザ・ピーナッツも出演していたと思いましたが、
彼女らは出演していなかったみたいですね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
色々な意味で生だったようですね。
観たことがあります。でも、連続して観ていたのではなく(苦笑)、筋が大したことがなかったのは、確かでしたね。

淡路さんの追悼の徹子の部屋かな?
そこで、当時、クレージも他の営業があり、出演できない人がたくさんいて、それを当日になって、出演者がカバーしなければならず、大変だったということをお話になっていました。
2014/03/03(月) 08:45:53 | URL | たか
賑やかでした
「知ってる歌手が全員出てる!」と子供心に思いました(笑)。

プランタン化粧品のオフィスに沢山の人が出入りしているという感じでした。
若い坂本九さんがみんなに「キュージ」「キュージ」と呼ばれていたので、役の名前がキュージさんかと思ったら給仕さんだったのですね。
皆にお茶を配ったり雑用を頼まれたりしていました。
学生服を着ていたような気がするのですが・・。

オフィスの片隅で、横山道代さんがプランタン化粧品のCMの練習をしていて、化粧品を手に持ち宣伝文句を言った後に「そしてお値段は・・」と言って値段が分からず商品の後ろを見たりして値段を探していると、ジェリー藤尾さんが「値段を忘れるようではCMにならないよ」とからかっていました。
ジェリー藤尾さんは男前の役でしたね。

ライバル会社のスパイをスパイする場面で、サングラスをかけた三木のり平さんが他の3人にもサングラスを渡し、「4人でかけてもサングラス」と言ったら、周りの人がプッと吹いていました。アドリブでいろいろなことを言って、周りの人が思わず笑い出す場面がよくありました。(この話は他の記事のコメントでも書いたと思います。すみません。)

女社長の淡路恵子さんがカッコよかったです。
親がこの人はビンボーダナオさんと結婚したと言ったので、貧乏な人と結婚したのだなと思っていました。
ビンボー・ダナオさんも社長夫婦として最後の方に出演されたと思います。

最終回だったか、何かの記念日だったか、出演者全員が縦2列になって勢揃いしていたことがありました。その時は多分何もセットがなく、広々したスタジオだったような気がします。
2014/03/03(月) 17:49:46 | URL | モデラート
WEBネームが切れていました。
久しぶりに書き込んだため、名前が途中で切れていましたので、また書き込みます。

アドリブが多かったような気がしますが、どこまでがアドリブだったのか?
2014/03/03(月) 23:13:55 | URL | たかちゃん
周年企画で観ました
私が生まれる前の番組ゆえ、勿論本放送を観たことなどありませんが、テレビ放送X周年企画の中でよく取り上げられていて、それで観た記憶があります。
25周年の時は、NHKホールに当時の出演者が集まっての同窓会のノリでしたし、30周年の時は製作現場に密着した映像が紹介されていました。その際、農村部に住む人から「この番組に出てくる会社員達は、勤務時間中というのに遊んでばかりいる」との苦情が届いたことがあったと紹介され、時代を感じずにはいられませんでした。
2014/03/04(火) 22:57:14 | URL | うみがめ
● たかちゃんさん
筋が無いので、「顔見世番組」と呼ばれてました。
売れっ子ばかりなので、レギュラーが全員揃うという事は例外的だったんですね。
失敗を、上手くアドリブで誤魔化したりもしてたんでしょうね。


● モデラートさん
キュージ役の九さん(笑)、そう言えば、上は学生服でしたかね。
下はまた違うズボンだったような。下まで学生服だと、学生と区別つかないですからね。
昭和30年代の会社では、そういうボーヤがいたのではないかと思います。

忘れる場面は、本当に忘れてしまう事も多かったこの番組で、
いかにもそれが台本通りのように見せるためだったのではと思いますね。
そうかと思わせて、本当に忘れたんだったりして(笑)。

もっとも、本当に大事な台詞を忘れた時には、影から小声で教えていたんですよね。
でも、それもみんなお茶の間に流れる
という、もうこの頃にはあまり見なくなっていた光景が、
一応は生ドラマの形態だっただけに、起きてしまっていたのでした。

「4人でかけてもサングラス」、これで笑ってくれる時代だったら、
ワタクシが天下取れたかもしれないなあ(笑)。
ビンボー・ダナオさんね。正体不明というか、名前からコメディアンと思ってました(苦笑)。

レギュラー全員の顔見世は、二回だけ実現しているようですね。
一度目はVTRを利用してのものだったので、モデラートさんご記憶のは、
実質的に唯一という全員出演の回だったのでしょう。
最終回ではないと思いますが、資料がいきなり見当たらなくなってしまいました(苦笑)。


● うみがめさん
映像は残っていないのですが、写真で見たという事でしょうか。
再現した事が有ったのかな。ああ、密着映像ですか。
映画にもなってますが、あれはまた雰囲気がかなり違うでしょうね。
テレビと現実の区別が付かない人、昔は多かったです(笑)。
2014/03/05(水) 19:32:22 | URL | ごいんきょ
徹子さんの記憶で蘇る
ご存知とは思いますが,先日の『とっとテレビ』第2回で,『若い季節』の制作現場が蘇りました。
ほとんど徹子さんの記憶をもとに再現したものと思います。
すべて生でやっていた初期のもので,終始現場がドタバタで進行,セリフ忘れやスタッフが映ってしまうことなど茶飯事だったことがうかがえます。
私が見ていたのは,たぶん最初期ではなく,おそらくビデオ化された後か(実際スタジオがビデオ撮りとなったかどうかは不明),あるいは生であっても皆段取りがよくなった時代ですので,ドタバタ感はありませんでした。
カメラなどの機材は放送博物館から引っ張り出したような本物,あるいはそれを模した劇用のようでした。さすがです。
今までてっきりザ・ピーナッツが出ていたと思っていましたが,
レギュラーの女性歌手グループはスリーバブルスの3人組と,中尾ミエ・伊東ゆかり・園まりの3人組だったようです。
2016/05/29(日) 10:40:38 | URL | 元朗
『若い季節』は、本当に勢いだけのドラマだったかと思うんですよね。
内容的には、当時はけっこう叩かれています。
あれだけ忙しいクレージーだの渡辺プロの面々ですからね。
ピーナッツは、主題歌のみだったんでしょうかね。
2016/06/03(金) 23:25:59 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ