私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



口笛探偵長 (1959)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、当時やたらと見かけた探偵が主人公の一つ、この番組です。




これ、当時流行のと言って良いと思いますが、
探偵もの、それも、少年探偵ものの範疇なんですよね。
でありながら、今日、まず語られる事は無い。
ネット上は言うに及ばず、宇宙船のような所謂ヲタク御用達の本でも(笑)、
おそらくまともに扱われた事は無いと思うのです。
その理由は、見ていた人が非常に少なかったんでしょうね。

なにしろ放送時間が、日曜昼12時15分から45分ですもの。
度々書くように、当時、日本の日曜の朝は遅いわけです。
ましてラジオもまだまだ強く、テレビを午前中からつける家は少ない。
更にその上、裏番組には『びっくり捕物帳』が有るとあっては、
まだ子供のチャンネル権が非常に少なかった当時、
見ていた人が少ないのは理の当然だと思うのです。

内容としては、早田博士やその子イサムくんが、様々な悪人に襲われてしまう。
しかし、危機一髪というところで、どこからともなく聞こえてくる口笛。
おお。あの、まるで飛行機乗りのような姿のあの人は(笑)、口笛探偵長ではないか。
というような話だったのではないかと思うのですがね。
少年探偵の名がイサムくんとなってますが、これ、例によって、
公募して採用された少年の、実の名前がそのまま流用されております。
ドラマデータベースに書いてあるから書いちゃいますが、
その名は今井一。一は、イサムと読むのです。

敵はいろいろ替わって、数回で一つの話が終わっていたようですが、
最初の敵は、キング・サタン。
このキング・サタンの声をプロレスラーのユセフ・トルコがやったというのも、
当時、少しだけ話題になっております。
そのキング・サタンが、和歌山の秘密会議に出席した早田博士を襲う、
というのが当初の展開でした。
イサムくんら少年少女が襲われるとやって来る、口笛探偵長の正体は…
言わずもがなのお父さん、早田博士だったのでしょうがね。

この『口笛探偵長』、当初は昭和34年の、5月25日から始まる予定でした。
大家・双葉十三郎の原作というこの番組、しかも夜の放送予定となっていたのです。
しかし、件のイサム少年が決定したのは、放送まで一ヶ月を切ろうかという頃。
しかも今井一くん、劇団にも所属していない、まったくズブの素人だったようで、
本当に25日から放送する気、有ったんでしょうか?
で、結局は7月5日の、先に言った時間からの放送となったのです。
おそらく、公募した子供達の訓練に時間を要したのだと思いますね。
それでも一ヶ月くらいしか間が無いわけですが。
提供は、前田製菓。まだ『てなもんや三度笠』が始まる数年前の話でした。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
2004年に、日テレ40周年記念で、『宇宙船』で僅かですが、取り上げられたようです。スチール写真も何枚か載っていたみたいですよ。
しかし、こうして自分が生まれる前の、貴重な幻の番組にスポットを当ててくれるこのサイトは本当に貴重です。

2014/03/03(月) 23:55:06 | URL | カースケ
失礼!40周年ではなく、50周年でした!
2014/03/03(月) 23:58:33 | URL | カースケ
宇宙船なら、多少は扱ってるでしょうけど、
日テレが扱ったというのは大いなる驚愕です。
どんな扱いだったんでしょうかね。
2014/03/05(水) 19:36:54 | URL | ごいんきょ
「矢車剣之助」の主題歌を 目当てに
購入した「懐かしいテレビ・ラジオの歌 ベスト」(キング・レコード)
に上高田少年合唱団の歌う「口笛探偵
長」も 入っておりました。
いい曲なんですよ。作詞・作曲が
あの三木鶏郎先生です。

「口笛探偵長」は昭和34年ですか、
私は四歳 覚えている番組も多いのですが まったく記憶に無いものも多い
ですね。この番組も 覚えていません。同時期の「七色仮面」は
はっきり 覚えているのですけどね。
2015/07/03(金) 23:06:11 | URL | しんいちろう
テレビ主題歌レコードを数多く出していたキングならではの音盤ですね。
冒頭の口笛が、見ていた人には懐かしいのかな。
まるでディズニーの歌ですが(笑)。
2015/07/19(日) 14:37:50 | URL | ごいんきょ
口笛探偵長
気になっている番組なんですが

思い出せない タイトルだけ

覚えてる ようです
2016/08/04(木) 15:01:25 | URL | マリオの父
題名に雰囲気ありますよね。
口笛も印象的だったのではないかと思いますが。
2016/08/09(火) 23:36:06 | URL | ごいんきょ
口笛探偵長
口笛探偵長に出演していた「村田はるみ」さんが姉と同級生で、何故か私も一緒にその方の家に遊びに行って、その時にこの番組の写真や台本を見せてくれた記憶があります。
2016/08/16(火) 18:25:23 | URL | ジェローム
うわー。
その貴重な資料をぜひネットに供して戴きたいな。
「探偵団」で話を聞きに伺いたいし(笑)。
ご健在なんでしょうかねえ。
2016/08/19(金) 05:16:05 | URL | ごいんきょ
口笛探偵長
 よく覚えていますよ。
 冬は飛行士のような恰好をしていましたが、夏場は白いハンチング帽とサングラスでオープンカーに乗っていましたね。2話目はドラゴン・マスクとかいいましたね。
 プロレスラーの遠藤幸吉が同じくプロレスラーの大山という役で出ていましたね。薬で人間を凶暴なゴリラに変えてしまういうようなストーリーでした。遠藤さんはゴリラには変えられませんでしたが、鎖で縛られていたのを覚えています。
2017/02/07(火) 02:30:40 | URL | astroboy
おぉ~。これは非常に詳しいご記憶で貴重です。
遠藤さんも出てたんですか。
日本プロレスが子供への人気対策を真剣に考えていたんでしょうね、当時。
2017/02/09(木) 23:25:38 | URL | ごいんきょ
村田はるみさんのこと
家にテレビがついたのは、皇太子ご成婚の前日。その年に口笛探偵長が始まったので時々見てました。村田はるみさんは妹の同級生でしたのでよく知ってます。近所に住んでいた日テレのディレクターから出演の声掛けがあったと聞いています。のちに「ミス成城大学の村田さんです」と紹介されてある番組に出ているのを偶然見ましたね。
2017/10/29(日) 00:23:06 | URL | テレビっ子
おや。という事は、ジェロームさんとわりとご近所だったようですね(笑)。
ミス成城大学になったとは、小さい頃から綺麗な子だったから声を掛けられたんでしょうね。
2017/10/29(日) 17:01:33 | URL | ごいんきょ
口笛より知られていない名探偵?
口笛探偵長…、リアルタイムで見ていました。安っぽい作りが、また変に心に響くという、なかなか楽しく見ていた覚えがあります。
口笛探偵長を見ていた人が少なかったというご指摘ですが、私の周りには結構おりました。今もって「口笛探偵長」と言うと、何故か最後には人気のない倉庫とか、人気のない西洋館に口笛吹いて現れる…と答える輩がいます。どちらにしても人気のない場所にしか現れないという記憶があります。
で、この口笛探偵長ならすぐに答えが返ってくるのに、同じような設定なのに、そんなのあったっけ?…といわれるのが「名探偵X(エックス)」。主演は沼田曜一という新東宝で主に悪役などで活躍していた方でした。悪役が合う顔ですから、これはもう正義の味方というよりはどう見ても悪漢(笑)。どうも渋い名探偵を狙ったらしいのだけど…やっぱりミスキャストとしか言いようがない。なんでXかと言うと、いつもブレザーを着ていて、その胸ポケット全体ぐらいの大きさでXのイニシャルがしているのが由来らしい。対する悪は、怪盗ブラック。まぁ、ここまでは普通の探偵ものなのですが、ストーリーが毎回スゴイ!! 一例をあげると…この怪盗ブラックはとっても博識(?)で、有名な博士を自分の意のままにしようとして洗脳をするのだが…、この方法が素晴らしい!!まず洗脳しようとする相手の頭をメスで切り開き、脳を取り出す。そして洗面台で取り出した脳を水道の蛇口から流れ出る水道水でジャブジャブと洗う! すると、今までの記憶がすべて洗い流され、自分の意識というものがなくなり、命令されるがままの人間に生まれ変わる。でも、記憶は流されても知識は残っている!! 断っておきますが、これはギャグでもなけれはコメディーでもなく、探偵ものなのです。こんなシュールな探偵もの、あとにも先にも見たことがありません。こんな素晴らしい作品について、誰にとも語り合えません。どこかに名探偵Xについて語りあえる方はいないでしょうか?
口笛探偵長とは違う内容で申し訳ありません。
2017/11/09(木) 15:58:53 | URL | 0011ソロ
沼田曜一
知るかぎりで、映画では少なくとも二度、「次郎物語」(昭和30年)、「黄色いからす」(昭和32年)で事もあろうに(笑)小学校の先生を演っています。テレビでは記憶にありません。まあ、あの悪の権化の神田隆が戦災孤児収容施設の園長やPTA会長になっているくらいですから、それだけ役者というのは量り知れないものですな。
2017/11/09(木) 19:57:08 | URL | 権兵衛
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ