私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



地方記者 (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、テレビ黎明期に量産された記者ものドラマの一つである、この番組です。




♪ 人の心は悲しいけれど それに負けてはいられないのさ
  生きている 生きているんだ人間が
  泣いて笑って我慢して
  からのグラスを前にして 涙こらえる事もある

既述のTBS『特ダネをにがすな』、そしてNHKの事件記者と、
記者ものドラマがテレビ黎明期には持て囃されました。
この路線では後塵を拝する事になった日本テレビは、
先行二作とは明確に違った観点を打ち出します。
それは、中央の華やかな新聞記者を描写するのではなく、
地方記者のなんでもない地味な活動を描こうというもの。
しかし、こうした視点のものは捉えられた人の心から離れないようで、
わずか1クールの作品だったにも関わらず、結構な思い入れで語っている方々がいます。

主人公の大谷千吉を、小山田宗徳が好演。
のみならず彼は、冒頭の主題歌「涙こらえて」も自ら吹き込みました。
勿論、役者一本だった彼は、歌はズブの素人。映画では珍しくない事でしたが、
何枚もレコードを出していた、元が映画俳優の鶴田浩二とかを除けば、
テレビで主演俳優が歌うという先駆けだったかと思います。
簡単な単語ばかりで、簡潔に情感を表した詞は、流石の谷川俊太郎。
作曲の津田昭というのは、なんと、この番組のプロデューサーなのでありました。
初期の日本テレビには、音楽に精通した制作者がゴロゴロいたのであります。

大新聞社に入社した千吉は、しかし、信州の地方支局に回されてしまう。
中央のような派手で目立つニュースは少ないが、地味なものに目を向け、
派手さは無くとも人々の心に訴える記事を書く中、
彼が記者として成長していく姿を描く、というものだったかと思います。
支局長が安倍徹で、新人記者の千吉をガミガミ怒鳴り散らす役。
いわゆる憎まれ役で、主人公のファンから色々言われていたのか、
すっかり意気消沈しており、印象を替えるために、
他のドラマでは善人役を選んだりしたようです。

このドラマは勿論、基本は白黒放送だったのですが、
日本テレビは非常に早い時期からカラー番組に最も積極的に取り組んでおり、
この番組も、一部はカラー放映されました。
昭和37年3月1日放送分では、千吉が尾道の足入れ婚を取材。
足入れ婚なんて言葉が、昭和30年代の一部地方ではまだ生きておりました。
非常にわかりやすく言い換えると、結婚のクーリングオフ制度みたいなものですか?
と言いますか、今でも、言葉自体は無くとも、
本当に形式的なものとして残っていたりするのです。
ワタクシの同僚に元馬喰の倅がおりまして… 馬喰って言葉もなあ(笑)…
彼が、親同士の決めた女性と結婚する時に、形式的な足入れ婚をしておりました。
本人は、まったくわからず親の言うままにしていたでしょうがね。

で、その際に千吉は、村八分に関してスクープするわけです。
馬喰だの足入れ婚だの村八分だの、明治ブログかって感じだなあ、今回(笑)。
でも、昭和30年代の田舎では充分に有る事でしたし、
今でも言葉が聞かれないだけで、不可視となって存在しているわけですね。
勿論、都会でも。
人の心に迫ったこのドラマの存在感は高かったようですが、
人気番組として注目され、主題歌もヒットと言われる中、
4月28日放送分を最後に、開始まだ1クールにて休止となってしまいます。

日本テレビ木曜20時放送で、時期は4月。鋭い方なら理由がお判りでしょう。
野球放送の季節になってしまったのですね。
日本テレビでは、読売ジャイアンツの試合放送が最優先事項。
実際、特に往時は、視聴率も簡単に弾き出していた訳です。
こうした事情で、しばらく日本テレビでは本格ドラマが育ちませんでした。
と言うか、育てようという意識も芽生えてなかったと思います。
テレビ側は制作の努力をせずとも、簡単に数字を弾けたのですから。
しかし、この番組が注目された番組だった事は、すぐに映画化された事でも判ります。
映画版では舞台が福島になり、フランキー堺が主演しました。

そして野球が一段落ついた秋には、続地方記者が装いも新たに開始。
主役が小山田宗徳、オヤジさんこと上司の支局長が安部徹なのは同じですが、
主人公の名前は瀬川次郎、舞台も浜松となり、時間も45分に拡張されました。
放送時間も土曜22時45分とかなり遅くなったため、
こちらをご覧だった方は非常に少ないと思われます。
提供も、前枠は日産劇場だったのがエーザイに替わりました。
この続編では、セスナやヘリコプター、果ては海上保安庁の巡視艇まで繰り出し、
小山田は白バイに自ら跨がったり、なかなか動的な絵も見せていたようです。
これは、前述の津田昭が、地味なドラマよりドンパチが目を惹くと悟った故のようです。
それ故、前作とは趣きそのものが、大きく変わっていたのではないでしょうか。
また、放送中に日本の巌窟王として大きな話題となった、
吉田石松氏を念頭に描いた一篇も、加藤嘉を吉田氏役に起用して放送されました。

なぜ、「続」と銘打っているのにも関わらず、前作からの続きではないのか。
その答えは、前作の終わり方にあるでしょう。
「台風記者」と題された前作の最終回は、4月という放送時期からは?の題材。
今ならまず有り得ないでしょうが、往時は本当に鷹揚でした。
また、前年の室戸台風の傷も生々しい時期に番組が始まったというのも有るでしょう。
その最終回では、小山田演じる記者の恋人・佐々木洋子(水木麗子)が、
身障者施設へ救助に向かい、自らも濁流に呑まれてしまうという、
恐ろしく悲劇的な結末だったのです。
正に、「涙こらえて」の世界観で締めていたとは言え、
そのままの世界で新たにアハハオホホでは始めづらいというのが有ったのでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
地方記者見ていた 小山田宗則がハンサムで美声なのに長靴はいて取材してた 夏川かほるさんが拘置所で自殺する場面よく覚えてます
2014/04/30(水) 00:39:55 | URL | (ハンドル未記入)
長靴ですか。湿地帯でも歩いてたんでしょうかね。
夏川かほるさんが拘置所で自殺というのは、どういう話だったんでしょう。
それにしても、わりと暗い話が多かった感じですね、初期のは。
2014/05/07(水) 01:27:33 | URL | ごいんきょ
地方記者
この歌、今も歌えます。
安倍徹が、ヤクザが支局に来て脅したときに、青竜刀の中を潜ってきたんだ、みたいなことを言って、追い払う場面とか、書かれていますように、恋人を亡くしてのラスト。よろよろと支局にもどって、机に座って、がくんと頭を垂れる場面など、よく覚えています。
 なぜか小山田さんの名前を思い出せなくて、いろいろググっていて、ようやく辿り着きました。
うれしかったです。
 これから久しぶりにあの主題歌を歌いたいと思います^^
2014/07/17(木) 21:18:01 | URL | かたつむり
恋人を亡くしたのは、正編の最終回ですね。
見た人の記憶に残るドラマだったようですね。
それほど回数も多くない、この当時のドラマとしては、
語れる人が多いと思います。
2014/07/26(土) 07:20:11 | URL | ごいんきょ
続地方記者の主題歌
山向うの空の下、風は北風冷たいな
人の情けが胸をやく、皆おいらのふる里さ
2017/03/02(木) 22:50:49 | URL | (ハンドル未記入)
続の方はあまり語っている人がいないんですよね。
路線変更して、人気が落ちたのかな。
内容を覚えている人はいませんかね。
2017/03/05(日) 22:32:15 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ