私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ↑

少年忍者 風のフジ丸 (1964)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、数少ない昭和30年代のテレビまんがから、この番組です。




極々初期のテレビ漫画は、鉄腕アトムが大当たりした事も有って、
例によって柳の下でドジョウの奪い合いとなり、
出る漫画出る漫画、SF調かロボット活躍譚。
ワタクシがテレビを見始めた頃には、既にオバQも有りましたし、
そういう系統の、人間味が強いモノを好んで見ておりました。
オバQが人間味の強いというのも変ですが(笑)。

ま。アトムのようなロボット物よりは、SF調でも人間味が強ければ好んで見ていて、
宇宙エースとか、特にレインボー戦隊ロビン、宇宙少年ソランなんかは、好きなものでした。
スーパージェッター、(カラー版ではない)サイボーグ009も非常に好きだったけど、
こうして見ると、子供で細かい設定なんかまったく意識してなかったにも関わらず、
ロボットのような完全な作り物が主役の物でないものを、
微妙に嗅ぎ分けていて、我ながら興味深いです。
どこかに血の通いのようなものが感じられないと、感情移入できなかった感じですね。

そんなワタクシですので、初期のテレビ漫画を振り返ると必ず出てくる、
アトムだ鉄人だエイトマンだなんてーものより遥かに、
狼少年ケンとかハッスルパンチとか海賊王子とかハリスの旋風とかおそ松くんとか、
この風のフジ丸の方が、何倍も何倍も思い入れが深いのであります。
おお。なんと幼少よりの捻くれ度(笑)。
世間様と完全には波長の合わない、半音階ずれた人間性は、
この頃から芽を出していたのだなと。
栴檀は双葉より芳し。ちょっと言葉が違うか(笑)。

時は戦国、嵐の時代。フジ丸は、幼い頃に鷲に攫われた農民の子で、
風魔忍者に育てられ、まだ少年ながら非常に秀でた忍術を駆使する主人公。
得意な忍術は、彼の周りで木の葉がグルグル回り、
それで目を眩ませていつの間にかその場を去る、木の葉隠れの術。
それから、お馴染みの分け身の術とかですかね。
上杉家から盗まれたアラビア人形を、武田方から取り返すのが風魔の役目。
これを手にした物は天下を取ると言われた、その人形の秘密は、
秘密兵器の製法を記した書が隠されていたのだと思います。
それを知ったフジ丸は、人々に害を及ぼす物として、風魔一族をも裏切ってしまう。

かくして、風魔総帥・風魔十法斎とは宿敵の関係となるのでした。
風魔から離れた孤高の忍者・フジ丸は、風魔の他にも、
伊賀、那智、甲賀等々、様々な敵から次々と襲われるという、
息をもつかせぬ展開となり、いかにも白土三平原作という所でした。
それでも、後のカムイ外伝やサスケのような深刻さを全く感じなかったのは、
やはり絵柄の違いが最も大きいのでしょうね。
また、ミドリ、美香といった女の子や、動物達の描写など、
いかにも「TVまんが」という登場人物が周りにいて、
敵を次々切り裂いている白土漫画でありながら(笑)、
かなりその手の色の薄まった、子供向け作品として成功していたと思います。

技術的な解説として、ハーモニー方式が実験されたとか、
様々な資料や公式サイトなどで書かれているものの、
肝心のハーモニー方式の解説が併記されていない。
だったら書かない方がいいかもねってくらい、誰にも判らない言葉でしょうに(苦笑)。
これは、絵に鋭さを出すために、要所要所に黒い線を補足する技法のようです。
特に白黒映像の場合に、効果が大きかったのでしょう。
そして、エンディング曲に続けて、♪ ダッダッダッダッ ダダ~~
と「たたかう少年忍者」イントロ部のブリッジが流れると、
ミニ・コーナー「忍術千一夜」の始まり。

これは本間千代子が、戸隠流忍術三十四代目・初見良昭に、
様々な忍術を解説してもらうというもの。
と言っても、内容はやはり子供騙しのものが多かった感じで(笑)、
卵の殻を利用した目潰しとか伝授して、お母さんからお目玉の投書が来たりしました(笑)。
もっともこのコーナー、ずっと有った訳ではなくて、
昭和39年12月6日の放送で、お役御免となっております。
約半年ばかりしか存在しなかったコーナーだったのですね。
そして、たしか再放送でもこの部分はカットされてしまい、
テレビ探偵団が始まったばかりの頃に採り上げた時は、
久々の映像に涙チョチョ切れた人も多かったのではないでしょうか。
♪ 藤沢~藤沢~ 藤沢薬品~ のオープニング最後も、再放送では勿論カットでした(笑)。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
「忍術千一夜」
本放送当時、私は赤ん坊だったので、再放送しか観ていないはずですが「忍術千一夜」のコーナーの存在は確かに記憶しています。
壁に様々な手裏剣が飾られていたような憶えが?
ある時期からカットされるようになったのでしょうか。
モノクロ作品なので、それほど長い期間再放送は続かなかったと思うのですが・・・
2014/03/05(水) 23:11:35 | URL | esme
一社提供の影響
NET(現・テレビ朝日)の番組なのにフジ丸とはこれいかに?と思わせるタイトルですね。事実、白土三平原作のコミックは「忍者旋風」というタイトルだったそうです。
それがアニメ化に当たってこのタイトルになったのは、スポンサーが藤沢薬品(現・アステラス製薬、第一三共ヘルスケア)だったという事情があるのです。
2014/03/06(木) 01:05:34 | URL | うみがめ
朝飯のおかず
 昭和50年頃まで、ときどき、白黒のアトムと風のフジ丸は平日の朝ごはんの時間帯に再放送をやっていた気がします。
 朗々と歌い上げる主題歌が大好きでしたが、肝腎の(?)藤沢薬品の部分は全然覚えていないし歌とつながりません。ちゃんと脳内CMカットして聴いていたようです。鉄人28号その他の主題歌、頭の中でCMは全部カットされてます。
2014/03/06(木) 03:43:31 | URL | あぶもんもん
「風の石丸」
そう・・・原作は(途中まで)「忍者旋風」だったのですが、タイトル自体は同じ白土作品「風の石丸」からきているのでした。
2014/03/06(木) 21:52:52 | URL | esme
● esmeさん
少なくとも70年代に入ってからの再放送ではそんな感じでした。
最初の頃の再放送では、忍術千一夜は有ったのかもしれないですね。


● うみがめさん
テレビ朝日になってからも、フジ三太郎やってましたしね(笑)。


● あぶさん
さすがに50年はないでしょうが(苦笑)。
45、6年頃までだと思うんですよね。
再放送では藤沢薬品~はカットされてたので、べつに脳内カットではないですよ(笑)。
鉄人も同様で、再放送ではカットされてました。
2014/03/07(金) 07:13:08 | URL | ごいんきょ
昭和50年、京都で
 昭和50年に修学旅行で行った京都の旅館で、朝、見たんです。同じ部屋の男子どもみんな、懐かしく見たのを覚えてます。ということは確かにやはり、その頃毎日見てたわけではないですね。
2014/03/09(日) 02:22:34 | URL | あぶもんもん
例の、KBS京都かな。
羨ましい再放送をいっぱいやってた局です。
2014/03/16(日) 08:05:22 | URL | ごいんきょ
本間千代子さん好きでした
鹿内孝さんのオープニング、よかったですね。この頃、大物歌手がアニメ主題歌を歌うっていうの、けっこうありましたね。
終わりの忍術解説、まじめに見てました。当時、幼い割にませていたんでしょうか、本間千代子さんが大好きで、守谷ヒロシ(敢えて敬称略)と結婚された時は、複雑な気持ちになりました。
2014/06/20(金) 00:41:58 | URL | みのモンタナ
そうそう。「鹿内さんの」主題歌は最高でした。
後にコロムビアで出たカバー盤の主題歌には、面喰らった人も多いようですが。
本間千代子さん、人気あったんですね。
2014/06/20(金) 22:21:18 | URL | ごいんきょ
主題歌
 コロムビアで出た、というのはテレビまんがの OP・ED 主題歌を集めた CD のことですか?
 私はコロムビア版で記憶が上書きされていたようで、ようつべで OP を見たら「あれ?」と違和感がありました。昔もクラシック系の歌手が熱唱するようにグワワワーッと歌い上げていたとばかり思っていたんですが、意外とサラリとした歌い方だったんですね。
 今ようつべで最終回(?)が見られます。字幕つきですが。一本は Carlos Mariano (ブラジルの方でしょうか)という人が上げてくださっていて、他に「遊星仮面」「サイボーグ 009 」「レインボー戦隊ロビン」などが一本分見られます。数分だけのビデオもたくさんあって、「怪獣王子」なども。数分のビデオは吹き替えらしいですが。
 昔テレビで見ていた頃のストーリーは覚えていませんでしたが、最終回を見たらたしかに「忍者旋風」だったんですね。絵はだいぶ変えてありますが。
2014/09/17(水) 01:11:52 | URL | あぶもんもん
LPレコードが初出だと思います。
最終回は見つかりませんでした。
早く東映チャンネルあたりでやってくれないかな。
2014/09/17(水) 20:34:39 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。