私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



おはようチンパン (1961)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、帯ミニ番組史上でも突出して独特な、この番組です。




昭和28年にNHKと日本テレビが開局し、30年にTBSが開局。
この三局が関東では先陣組と言えますが、第二陣が、フジテレビとNET。
当然と言うか、昭和34年開局の第二陣組は、先陣組の後塵を拝し、
様々な面で不利な部分が有りました。
先行二局に制作力その他を追いつかせるという事が、当面の二陣組の目標でした。

例えば放送時間一つ取っても、先行局が既に朝7時や、
その直前からの放送を実現していたのに対し、
二陣組が、こうしたいわゆる早朝の時間に番組を持てたのは、
開局から二年ほどもした、昭和36年の4月の事でした。
そんな早朝に何を放送したかと言えば、
大体はニュース系統か、奥様向けの情報番組となるのですが、
フジテレビは流石に「母と子どものフジテレビ」と言っただけあって、
子どもの事も忘れておりませんでした。

それどころか、朝の開局一番目の番組に、子供が喜ぶ動物ものを持ってきました。
伊達に「おはようチンパン」という題名はついておらず、
この番組は、フジテレビ朝一番の番組だったのです。
時間は6時50分。時は昭和36年4月1日。
この日よりフジテレビの早朝放送が始まり、その先鋒としてこの番組が始まったのでした。
そして、なんと毎日、連日、土曜は勿論、日曜まで放送していたのでした。
およそ報道系以外の番組で、正真正銘の毎日、週7日放送を数年続けた番組など、
そうは多くないのではと思います。

内容は、チンパンジー4匹が、人間に扮したミニコントを行うというもの。
パパ・ママと男の子女の子の四人家族という設定で、パパが熊倉一雄だったようです。
ミニコントを行うというか、チンパンジーが勝手にやっている動作に、
人間がこれまた勝手に様々な言葉を被せていただけでしょう。
この手のものは外国作品が多いですが、これ、日本制作のようですね。
多摩動物公園で人気の4匹を使っていたようです。
ただスタジオセットに衣装を着させられて居並ぶ4匹を映して、
勝手な台本通りの台詞を流していただけとは思うんですけどね。
じゃないと、とても毎日は出来ないと思います。

でも、やっぱり少しは芝居がかった事をさせていたようなんですよね。
その多摩動物公園にいたチンパンジーがどういう存在だったか判らないのですが、
昨今で言う猿軍団なみの芸をさせてたんでしょうか。
でも、毎日毎日じゃとても覚えさせ切れない気がするし、
いずれにしても、関係者はかなり大変な番組だったと思うのですが。
それなのに、夫婦喧嘩やヘソクリの話では子供向きではないとか叩かれたり(笑)。
昭和38年6月いっぱいで終了と、丸々二年以上も続けて、
毎朝欠かさず放送されていた、或る種のフジの看板番組だったにも関わらず、
まず振り返られる事が少ないのは、ミニ番組の悲しい宿命でもあるんでしょう。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
物の本によると
 7時55分から再放送もあったようで。当日のものだったのかしら?
 猿系の動物は人間の祖先と言うだけあって親しみやすく、どこか自分自身の姿を見ているような気がします。
 まぁそんなことを考えて見ている人は少ないのでしょうけど。(^_^;)
 昭和43年には「おはようモンキーくん」という10分番組もありましたが、この番組のリメイク物でしょうか?(?_?)
 チンパンジーではないけど、幼少期に読んでいた小学館の本に「ぴっきいちゃん」という猿のキャラクターが出てくる漫画があったのを思い出しました。
 ちなみに物の本~「タイムテーブルから見たフジテレビ50年史」
 「放送学研究~テレビ番組の変遷」この2冊から引用しました。
 フジテレビの本、1万円しました。高過ぎる・・・。(-_-メ)
 
2014/03/14(金) 22:08:16 | URL | 北国の人
本当だ。
たった1時間後に再放送するって…(苦笑)。
しかし、これも一本くらい残ってないかな。

モンキーくん、よく気がつきましたね。
おそらく続編っぽい感じだったのではと思いますが、
昭和43年4月1日から、ピンポンパンのすぐ後の時間で始まってます。
でも覚えてないなあ。
2014/03/16(日) 09:22:15 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ