私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



大阪野郎 (1960)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、主題歌がヒットした初期のテレビ番組である、この番組です。




現在の靖國神社崇敬奉賛会会長は誰でしょう。
答えは、林寛子。
え? あの元アイドルの?と思ったあなた。近いけど違う(笑)。
芸名、扇千景。元宝塚である彼女ですから、元アイドルと言えなくもないけれど。
後に女優としてテレビで活躍。更には司会者でも顔を売り、
その名の高さを利用して政治家へ転身。
そこら辺から、現在の地位も有るのですね。
もう国家神道なんて概念としても、国民感情としても微塵も存在していないのに、
反日の人間や反日国から政治利用されている場所なので、大変だろうと思いますねえ。

彼女が何故、宝塚を辞めたかと言えば、結婚のため。
夫君は成駒屋、時の中村扇雀。今は坂田藤十郎らしいですが、
やはり扇雀の名がどうしても染み付いてしまっております。
この両者、齢八十を超えて共に健在。
歌舞伎役者と宝塚女優という、正反対とも思える結び付きは、
金婚式をも越え、エメラルド婚式をも更に越えるというものであります。
そんな二人は、結婚してまだ数年の頃、テレビドラマでもよく共演しておりました。
そんな一つが、今回の大阪野郎であります。

その名の通り舞台は大阪、それも、釜ヶ崎。
いまATOK使って驚きましたが、釜ヶ崎が変換できませんね。
なんだか、差別語と同列の扱いなんでしょうか(苦笑)。
普通に流行歌の曲名にも使われてるんですけどねえ。
ちなみに、第二部の舞台はアパッチ部落。
当時はまだ、日本全体が裕福でもなかったので、
こうした場所もドラマなんかで普通に使われてたんですね。

扇雀は大店のぼんぼんという役で、結婚の夢敗れた妹が、
知人に騙されて売春婦となっているという噂を聞き、釜ヶ崎を尋ねるという話。
おそらく今のテレビでは放映不可能でしょう(笑)。
でも決して悲惨な話ではなく、そこで暮らす人々の逞しさを描き、
扇雀も彼らの力強さに負けない活力ある男を演じていたようで、
そうした漲るものが訴求力を持ったのか、なんと、
当時としたら深夜とも言える夜十時半からという時間にも関わらず、
かなりの人気番組となり、当初13回予定が一年も放送されました。

それに伴い、フランク永井が歌う主題歌も大ヒット。
題名はそのまま『大阪野郎』というこの歌は、
番組のオープニングとエンディングで使われ、
この当時の盤でありながら今も入手が容易なほど売れまくりました。
これは最初から音盤化されていたわけではなくて、
開始3ヶ月を過ぎてから売り出されております。
当時のテレビ主題歌は、こんな感じが多かったようですね。

放映前や放映開始直後に出るのはむしろ稀で、
放映終了後に出すという形は、結構あったようです。
おそらく、まだテレビの力も未知数だったので、反響を見極めてからだったのでしょう。
この番組も当初は1クール・3ヶ月予定でしたから、終了後に出すつもりだったのかも。
主題歌発売に伴い、当のフランク永井が、8月2日にゲスト出演しました。
おそらく主題歌の好評に礼を言い、発売を告知したのだと思います。
おそらく生ドラマだったのでしょうから、その時も生で歌ったんでしょうね。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ