私的 昭和テレビ大全集
Google
Web全体から検索 当ブログ内 検索
総計
昨日  本日

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



ホイホイミュージックスクール (1962)

該当番組画像募集


只今、個人誌『昭和テレビ大全集レコード版ライト 巻之弐』発売を記念し、
昭和三十年代の番組を特集しております。
その誌面で扱った番組に限らず、今ではあまり振り返られなくなってしまった、
テレビ黄金時代の幕開けを飾る、輝ける昭和30年代を、広く振り返ろうと思います。

この時代の番組実見談を語れる人は、ネット上では非常なる少数派です。
それがため、本当にテレビが熱気を持っていた時代の番組、
出演者に関する記述・記憶が、現今の劣化番組の情報再生産も有り、
どんどん掻き消されていってしまっております。
ぜひ奮って、皆さんのご記憶をお聞かせ下さい。
皆さんが楽しんだご記憶を、歴史の片隅に、ぜひ積み重ねて戴きたいと思います。

コメント欄も含め、全ての文責は当ブログ設置者が請け負っております。
どうか深く考えず、お気楽に書いてみて下さい。
記憶違い、不確かな話、今では表現規制されるような話、
昭和のテレビに関する話であれば、ここは、ほぼなんでも受け付けております。
往時を知る方の、一人でも多くのコメントでのご参加をお待ちしております。
今回は、タレントスカウト番組の初期有名番組である、この番組です。




タララララララララララ(ドラムロール)
ナナ「味の素とかけてなんと解く?」
鈴木「催眠術と解く」
ナナ「その心は?」
鈴木「かければかけるほど、ウマくなる。ホイ」
二人「ホイホイ」

(ファンファーレ)

ナナ「提供は」
鈴木「味の素株式会社です」

♪ アッアッアッアッ リズムにあけて
  アッアッアッアッ リズムにくれる
  リズムが命のお嬢さん
  次から次と生まれるリズム
  どれにも乗ります合わせます
  アッアッアッアッ味の素
  アッアッアッアッ振り掛ける
  アッアッアッアッ
  振れば振るほどお料理の 味が冴えます味の素


企画・渡辺晋。
渡辺プロ総帥にして、1960年代の芸能界を恣にした男。
彼が企画者と銘されているだけに、ほとんど渡辺プロスカウト番組の様相でしたが、
取り敢えず、日本テレビ史に名を残すスカウト番組であります。
後に『スター誕生!』で戦争状態にまでなる日本テレビと渡辺プロも、
まだこの頃は、少なくとも表面上は蜜月に近いものが有りました。
もっとも、反ナベプロの急先鋒である井原高忠は避けていたようですが、
この番組は白井荘也の演出でした。

司会は、鈴木やすしと木の実ナナ。
やすしがCMカーを運転し、ナナが味の素の調理瓶を持ちながら、
この番組のオープニング曲である「味の素リズムソング」を歌い、
踊るというのが番組の始まり。
味の素は1960年代、提供番組の中でお椀のマークの歌など、
とにかく味の素味の素と連呼しまくり、新たな調味料である自社製品を、
遍く日本中に浸透させたのであります。
今や、醤油や味噌と同じくらいの知名度が有るのではないでしょうか。

OPが終わるとお料理ゲストが登場し、味の素を使ったその日の料理を予告。
そして、番組が進む間に調理を進め、最後にみんなで召し上がってサヨウナラ、
というのが基本の番組進行でありました。
以前も書きましたが、我が家ではお新香に醤油の他、必ず味の素をかけていて、
ワタクシは子供ながらに非常に奇異に感じていたのですが、
このブログでのコメントでそれが我が家だけでは無いと知り、
きっと、何かの番組でそういう示唆が有ったのだろうと思い至りました。
もしかすると、この番組だったのではないでしょうか。
この当時、赤箱というのがウリでした。味の素赤箱。250g280円也。

スクールというだけあって学校という設定で、
廊下や教室のセットで進行してました。
そして、今週の試験官と称して、ゲストの紹介。ゲストは二人ぐらいでしょうか。
更に「意地悪おじさん」と言われた、萩原哲晶が最後にデンと紹介されました。
初期の伴奏は、桜井輝夫とドリフターズ。
これは、後の固定人員ではいかりや長介と加藤茶だけがいた、初期ドリフでした。
そしてドリフの簡単なコントの後、入学試験と称した挑戦者の歌。
これは三人くらいが挑戦していたようですね。

そして、視聴者に三人の中から誰が良かったかを投票を呼びかける。
この番組は、視聴者からの投票によって勝ち残り者を決めていたのです(という建前)。
葉書を送ってくれた視聴者には抽選で、味の素詰め合わせと、
その日の出演者全員のサイン色紙が貰えたのでした。
後半は、やすしとナナの簡単なコントで場繋ぎしながらの、ゲストの歌。
そして最後の最後に、冒頭で紹介された料理ゲストが予告した料理を出して、
歌のゲストたちが頬張りながら終了。
予告VTRが流れた後、当時はお定まりの提供読み。
「この番組は、味の素株式会社がお送り致しました。
 味の素ホイホイミュージックスクール、また来週をお楽しみに」
と局アナの読み上げが有って、本当に番組が終わっていたのでした。

この番組出身者として有名なのは、三田明、布施明の明コンビ。
女性では東山明美。なんだろう。みんな「明」が付きますね。偶然でしょうか。
光速エスパーの歌を歌った望月浩もそのようですね。
あと、じゅんとネネも実はこの番組出身です。
昭和39年に合格していたものの、当時は個人個人で、
昭和43年になってからの組合せデビューという事で、あまり語られないようです。
と言うか、スクールメイツだったと言いますし、仕込みだったんでしょうね、多分。
いつの間にか活動再開していて、現役バリバリなのには驚きました。
関連記事


◆◆ 関連記事 ◆◆

Loading...

[猫カフェ]futaha



この記事を読んでくださった方へ

この記事を読んだよ~という方、できれば下のコメント欄からコメント下さい。
ご自身の想い出、この記事への感想、情報、なんでも結構です。
記事や最終コメントの日付は関係ありません。
あなたのコメントがこの記事に再びの息吹を下さるのです。
トラックバック受付アドレスは、コメント欄の下にあります。
コメント
この記事へ寄せられたコメント
ホイホイだなんて…
確か今から20数年前でしたか、地方新聞向けに通信社が配信していた「チャンネル裏通り」というコラムがありました。
放送作家の伊藤裕弘氏が手掛けていたのですが、その中でこの番組についても言及していました。彼曰く、「当初このタイトルには『ホイホイとはなんだ、品のない』という苦情が相次いだ。しかし私は、これほど番組の本質を突いたタイトルは他にない、と絶対の自信を持っていた」
今なら何と言うこともないタイトルですが、当時は物議を醸していたのですね。
2014/03/29(土) 18:41:02 | URL | うみがめ
絶対に自信を持つほど本質を突いていたという根拠がわからないです(笑)。
それだけ軽いノリだったという事かな。
当時としてはそうだったのでしょうか。
まあスーダラ節大ヒットの影響とは思います。

すぐ後に書いた『歌のタイトルマッチ』で触れたように、
望月浩は、そちらでも勝ち抜いていた訳です。
要するに、特にこの番組は、ナベプロ仕込み番組の色が非常に強い番組だったと思ってます。
2014/03/30(日) 07:05:30 | URL | ごいんきょ
↑
コメントを投稿する
HP
アドレス:
コメント:
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック
↑
レンタルCGI
管理者用
ブログパーツ